運び屋

みんなの感想/評価
「運び屋」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    150
  • 普通
    7
  • 残念
    0
総ツイート数
8,128
ポジティブ指数94
公開日
2019/3/8
原題
THE MULE
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
116分
解説/あらすじ
アール・ストーンは金もなく、孤独な90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…。
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • LionNEXT
    『運び屋』 ▼7/6/19鑑賞 【2本立て上映(話題の新作2本立てウィーク)、日本語字幕】
    いいね

    良い
  • mJ5mJp
    『運び屋』実話をもとに映像化された作品。どんなに大金を手にしても時間だけは手に入らなかった。期待通りに面白くて貴重な時間を良いものにできた。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『運び屋』90歳の役者が90歳の人間を演じるだけで感慨深い。〝戦争〟といえばベトナムでもイラクでもないのだ!役者自身の栄枯盛衰、アメリカという国の変容など見る人には様々な感受があろう。最後まで娘との約束も果たせなかった、彼の人生。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『運び屋』 人は90歳になった時、何を思うのか。 その時、最も大切なことは何か。師匠から弟子への遺言が心に沁みる作品 http://eiga-suki.blog.jp/archives/themule.html
    いいね

    良い
  • Rstyq
    『運び屋』楽しくて情緒的で最後まで引き込まれて観た。カントリー調な雰囲気もすごく良かったし、家族の描写も非常に繊細に描かれてた。家族って難しいって思ってたから、なんだか心の荷が軽くなった気分だった。素晴らしい映画。
    いいね

    良い
  • ororo_muramasa
    『運び屋』観た。 題材のわりにクリントイーストウッド作品らしい家族や周りの人々とのヒューマンドラマが中心。 時代の移り変わりを感じる作品。
    いいね

    良い
  • shamalmaru
    『運び屋』行動が読めない90歳の爺さんの運び屋。巨額な金の卵を運んでいるのに、それを感じさせないマイペースな行動が愛らさすら感じさせるのはイーストウッドならでは。時間と家族、大事なものはその二つだ。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『運び屋』@ 塚口サンサン劇場観!日本のサラリーマンの老後を彷彿させる頑固(?)好々爺の現職を退いた時の家族間の描写と年寄りの冷や水展開に「こらこらっw」感に苛苦笑…イーストウッドも脂が抜けて枯れ背中が丸まりながらも存在感健在に嬉しくもなる。贖罪を経て男は夫、お爺ちゃんと成る。
    いいね

    良い
  • hanasaramaro
    『運び屋』時間をおいての再鑑賞。肝の据わった爺ちゃん、イーストウッドが憎めずそれでいて大胆。これが実話というのも凄い。花を愛し、人を愛し、本音はとてもやさしい人なんだろうな。ユリの商売が上手くいってさえいれば・・・。
    いいね

    良い
  • movielong
    『運び屋』◎◎◎◎◎☆
    いいね

    良い
  • SHOTIKUBUY
    観た映画メモ 3月④『運び屋』88歳のイーストウッドが90歳の役を演じているだけでもう泣けてくる。あの枯れた感じがなんとも言えない。内容的には監督・出演をした前作の『グラン・トリノ』同様“老後のダーティハリー”感が漂う。
    いいね

    良い
  • miyabi0705
    『運び屋』イーストウッド健在。正直シワシワの顔がアップになるのは如何なものかと思っていたら、年齢を重ねたからこそ表現できる境地があるんだと実感。無骨な元軍人で家族を省みなくて、その後悔を素直に出せなくて…そんな彼のラストにしみじみ。
    いいね

    良い
  • koyama_cs
    『運び屋』よい!
    いいね

    良い
  • WildChalice
    『運び屋』とても人間的な主人公のジジイの造形が見事で重たくなったり清涼剤にもなったりとにかく魅力的。サスペンスよりも人間ドラマのきらいが強くしかもロードムービーでもあって、重いけど存外楽しく観られる映画だった。後悔や懺悔になろうと出来る内にせにゃならんのですね…。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『運び屋』 イーストウッドの芝居が笠智衆のような枯淡の味わい。とはいえ美女を侍らし、やることはしっかりやるあたりは流石。運び屋という反社会的存在を愛すべき男に描くとみせて、アールのラストの行動でキッチリ冷水を浴びせるのも見事。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】運び屋みてた。◎。秀作。内容や状況はシリアスなのだが、結局は聖人ではないが憎めない主人公のペースなんだなと思ったり。行程の映像が画一化しないようにしているところや、結局は家族の話に帰着しているところはうまいと思った。
    いいね

    良い
  • yudutarou
    『運び屋』こんな作品を演出かつ主演出来る老人なんてイーストウッド以外に無いだろうというだけでも歴史的作品な気もしたが、その上で軽やかで楽しくて良かった。積み重ねてきた功績の重さを徹底してまとわないのも意図的か天然かわからんけど凄いよ
    いいね

    良い
  • MioCastello
    『運び屋』レイトショーでゆったり鑑賞したかったのに近くからイビキが聞こえてきてガッカリ。まあ寝落ちする人が居るのも無理はないかなと感想も流される。これぞシアター一期一会。 #utamaru
    いいね

    普通
  • remineko
    『運び屋』もっとハラハラドキドキのストーリーかと思ったけど、最初から最後まで「タタ」のペースで話が進む。ヤクの売人までもタタのペースに巻き込まれて行く家も店も買えたけど、最後にタタが言った「時間だけは買えない」が心に残った。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『運び屋』家庭を顧みない朝鮮戦争上がりの爺さんという設定はイーストウッドの十八番の様式で麻薬の運び人をやってるのに、ちょっと音痴に歌を口ずさみながら、そこら中で物を食べ、部屋に若い女を呼んだりと途方もなく陽気でコミカルなところがいい
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...