運び屋

みんなの感想/評価
「運び屋」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    121
  • 普通
    6
  • 残念
    0
総ツイート数
6,927
ポジティブ指数94
公開日
2019/3/8
原題
THE MULE
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
116分
解説/あらすじ
アール・ストーンは金もなく、孤独な90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…。
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • boushi24
    『THE MULE』いつもの抑えた色調ではないのは、百合の花を綺麗に見せるためなのだろうか。仕事に打ち込んで何もかも失ってしまった老人が故に運び屋に抜擢される。派手なアクションは無いが、フフフと笑えるシーンも多く、希望も多く感じた。イーストウッド監督、まだまだ次も撮れそうな感じ。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『運び屋』クリントを俳優業に再び復帰させただけあり、自身の人生をダブらせたかのような役柄。のんびり運転するだけなのに緩急の付け方も巧みで退屈させない。現在の世界を取り巻く問題が織り込まれているのもウマい脚本。
    いいね

    良い
  • giftshop_otoya
    『運び屋』イーストウッド映画はいつも同じことについて考えさせられる。人をゆるすこと、ゆるされること。完璧な人間なんていないから世界はカラフルなんじゃないかな~。88歳になったらこの境地にいけるか!?音楽もユル最高っ!!! #映画
    いいね

    良い
  • take_novo
    『運び屋』映画界の生きる伝説、イーストウッド最新作。スクリーンでイーストウッドを観れるだけでもう満足。圧倒的レジェンド感。グラントリノっぽいのかなと思ってたけど、意外に笑えるところ多かった。
    いいね

    良い
  • ore_furyohin
    『運び屋』ロードムービーでもある今作。良いロードムービーって音楽がよい。
    いいね

    良い
  • ore_furyohin
    『運び屋』嫁子供はいないし仕事に人生捧げてないから直球で受け止めることは出来ないけど染み込ませるように見ていた。シンプルながら退屈のしないのは脚本と役者が素晴らしいからか。後悔はあっても変われないのが人間か。あんな形であれ最後は救われたといえるのかな。
    いいね

    良い
  • yuzutsuki
    『運び屋』今作でもただただ御大に脱帽ですわ。相変わらず派手な展開は殆どないけど、グイグイ画面に惹き込んでいく力は強いね。前半は軽やかなのに、最後にはグッときてしまったわ。口が悪くてダメダメだけど憎めないおじいちゃんを御大が飄々こなしてて素敵。後、ブラッドリーとのとこもいいわぁ
    いいね

    良い
  • chikap11
    『運び屋』ちょっと感想が難しい映画。自由に生きるって自分に対して自分で責任を取るということ。その時その時で必要と思うことをやる。後悔や手放したものがあったとしても、そうした人生の送り方に共感する。わるくはないけどやや長く感じた。
    いいね

    普通
  • st_yokohama
    『運び屋』グラントリノ以来の監督主演のダブルヘッダー作品。個人的にはこっちの方が好き!90歳の運び屋役って事でほぼ同年代の自分が主演。ついでに娘役も実の娘wでも多分すごく安易に決めたんだろうな。一番大切な人と観るべき作品です!
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『運び屋』クリント・イーストウッドの佇まいとか、存在感とか。90歳になるまで家族との距離もうまくとれない面倒な爺さんなのに、世話好きで優しく、モテモテって雰囲気がとてもよかった。犯罪映画なのに、暖かい気持ちになるって(涙)。 #映画
    いいね

    良い
  • halm2f
    『運び屋』映画のメッセージとか精神的なものは非常に良いと思った。高齢でこれだけの作品ができるなんて大したもの。ただ、今回難をいうなら編集がひどい。いきなり何の説明もなく衣装や車、場面が急に変わったり。編集マンもベテランの人なのに。
    いいね

    良い
  • yukitsui
    『運び屋』まさか号泣するとは思わず。重々しい作品なのかな?って思ってたけど、前半は軽快なテンポで進み、後半は一転してシリアスな展開になる、このコミカルと緊張感のバランスが素晴らしい。B・クーパーとのくだりも会話に温かみが感じられて◎
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『運び屋』典型的な嫌われる老人をイーストウッド監督が自ら演じる。家族とはギクシャクし出会う人に誰かれ構わず差別用語や説教、「老害」の域。イーストウッド監督の家族観を、カッコ悪い反面教師として伝えたいことが鮮明。白人高齢者への戒め。
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『運び屋』ド派手なカーアクションもCGも無いけど、この老運び屋にはハラハラドキドキさせられっぱなし!年取ると怖いもの無しになるからか?(笑)しわくちゃ顔のクリントが元気に映画を生産してくれるだけでも感謝ですが、親娘共演も嬉しい1作。
    いいね

    良い
  • JJ8423
    『運び屋』近年のイーストウッド監督のなかではいちばん好きかも。映画というジャンルに対する実験を脇に置き、ひたすら映画に徹した作品。死体(死=時間)と花(仕事)、2つのモチーフがラストカットでついに重なり合う、あの演出が良い。
    いいね

    良い
  • MiuraYoh
    『運び屋』超のんびりマイペースな犯罪ものとして楽しい。その中にメキシコ系に対する白い目なり警官への過剰反応なりサラッと入れつつもあくまで軽い。最終的には普遍的でシンプルなメッセージへ。
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『運び屋』イーストウッドを当て書きしであろう、頑固で口が悪くて、でも憎めないキャラ。そういう意味でも老いちゃったイーストウッドを愛でる映画。爺さんがヤクを運ぶだけなので話は若干退屈な感じもあるが...音楽も良し。
    いいね

    良い
  • haganenaruto200
    『運び屋』マフィアのボスのエロセンスにはだいたい退屈さを覚える俗っぽさ。
    いいね

    良い
  • saaco5909
    『運び屋』クリント・イーストウッド御大が監督、主演で実に役にハマってました。顔の深い皺や小さく歩く足取りなどのなんとも言えない自然な佇まい。あの年齢ならではの深い台詞とエンディングの歌詞の良さには目頭が熱くなりましたよ。
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『運び屋』高齢者が犯罪に加担させられる最近の日本の事件を思うと笑えなくなってくるが、飄々とした主人公は魅力的だった。変にストリクトなメキシカンマフィアも笑える。ただスマホの設定如何で話は変わってくるのでは?
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...