運び屋

みんなの感想/評価
「運び屋」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    144
  • 普通
    7
  • 残念
    0
総ツイート数
8,118
ポジティブ指数94
公開日
2019/3/8
原題
THE MULE
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
116分
解説/あらすじ
アール・ストーンは金もなく、孤独な90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…。
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ssataka
    『運び屋』実際にあった老人運び屋の事件を元にイーストウッドの実人生を反映させて作られた作品。イーストウッドの生きざまを記した作品ではありますが、まだまだ現役というところも存分に観てとれる一作、オススメでございます。
    いいね

    良い
  • ara_shinya
    『運び屋』鑑賞。イーストウッドもそろそろ90歳だしなぁ…なんてゆるい気持ちで観に行ったわけだが。まだ全然しっかりしてんじゃんかよ。自らのイメージをも利用した見事な爺っぷりを見せてくれる。この歳のイーストウッドだから撮れた映画。
    いいね

    良い
  • Movie_oftheDead
    『運び屋』。映画って血の通った人間がきちんと描けていて、その内の誰かに感情移入させることができれば、八割方成功だと勝手に考えてるんですけど、イーストウッドはそういうことがホントに良くわかってる監督。こんな映画、愛さずにいられませんわ
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【運び屋】ロードムービーのように穏やかで(ハラハラしないわけではないですが)、御大の余裕を味わいました。90歳近いイーストウッドが、日々失敗と後悔の連続でも、明日はまた花が咲くと語ってくれると、いろんな悩みが小さく思えてきますw
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    23本目『運び屋』。犯罪の片棒を担ぐ我が身を悪びれもせず、家族を蔑ろにした人生への後悔から、捜査官にまでお節介な忠告をする老人。そんな人物を魅力的に演じられるのはC・イーストウッドだからこそ。シリアスな予告にいい意味で騙された。
    いいね

    良い
  • KOBANOID
    映画『運び屋』観たよ。 思ってたより軽みがあってというかその軽さを持てというのがメッセージのひとつなのねー。自分の家庭とオーバーラップできる部分もあってまたいつか観てみようかなって感じもあります。わかりやすく作ってあるね。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『運び屋』積み荷の中身を知ってしまって止めるのかと思いきや、その後も運び屋を平然と続けるしたたかなじいさん。大金を手にするや新車を買ったり金の腕時計や大盤振る舞いするのは、いかにも爺さんのやりそうなあるあるで、監督の私生活もそうやね
    いいね

    良い
  • ohtk4i
    『運び屋』/誰にも媚びることなく、たとえ犯罪の片棒を担いでいようが我が道を突き進む老人の魅力に皆が引き込まれ、まるでイーストウッドの人生が投影されたかのような台詞は胸に響く。多種多様な人と出会うロードムービーとしても味わい深く見事。
    いいね

    良い
  • garancear
    『運び屋』外面は良く金で歓心を買うが家庭ではだめな姿が自分の父と重なった。小道具として定型的に麻薬とメキシコマフィアを配置するのは甘いというか保守的だけど、飄々としたイーストウッドを見られるのは嬉しい。次も撮ってね。豪華キャストでクーパーがいつもより良い。 #映画
    いいね

    良い
  • shikimorinosuke
    『運び屋』ストーリーラインはすごくシンプル。イーストウッド監督作品の映像の質感が好み。佳作。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『運び屋』シンプルな構成で、乗り心地が良い映画。怖くておかしくて、いきなり足元をさらう深みも出現する。「遺言」か?! のごとく、快楽と赦しについての絶妙な脚本はイーストウッドならでは。時代の窮屈さを見据えレガシーを背負う映画の手本。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『運び屋』★★★☆☆どうやったってイーストウッドの人生と重ね合わせて見てしまう。
    いいね

    普通
  • mooovie
    #運び屋』を鑑賞。ひょんなことから、90歳で運び屋になった男。外面だけがよく、家庭を置き去りにした彼だが、妙に憎めないキャラだ。人種差別に全く臆することなく平然と行動したりと全く怯むことがない。「100歳迄生きたいというのは、99歳迄生きてきた奴が言うセリフだ。」に痺れた!
    いいね

    良い
  • cogen1977
    『運び屋』クリント・イーストウッド、まだ元気だな。それだけでなく映画も面白い。 #cinema
    いいね

    良い
  • kawausoroyale
    『運び屋』俳優イーストウッドが居ると居ないで、これほどまでに映画のリズムが変わるのか!と思う。 近作のウェルメイドな監督作に、やや物足りなさを感じていただけに溜飲を下げてくれた。やはりイーストウッドにはイーストウッドが必要なのだ。
    いいね

    良い
  • DoughnutsCinema
    『運び屋』めっちゃ感動したけど胸が苦しい…💦家族との時間を蔑ろにしてきた老人が麻薬の運び屋をさせられていく内に「取り返しのつかないもの」の存在に気づいていく…彼の後悔から学ぶ事が若い私にはあまりにも多すぎる。傑作!オススメ度4/5
    いいね

    良い
  • puffcafe
    『運び屋』シネマイクスピアリ。ある意味、メルヘンおとぎ話。サスペンスフルな物語を飄々としたユーモアを取り混ぜ、題材の割には軽い仕上がり。けれどしっかり人間ドラマ。イーストウッドの人生に重なるところがあり胸に熱いものが込み上げて来る。
    いいね

    良い
  • tsururuto
    『運び屋』クライム・サスペンスかと思いきゃコメディ風味のロードムービー&泣ける家族ドラマ。シンプルな話をさすがの巧みで洗練された脚本や編集で飽きさせない。監督自身の人生を重ねたという昔気質だが茶目っ気たっぷりな主人公が魅力的。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【運び屋】不必要に感動的でも悲観的でも楽観的でもないことに老練な余裕を感じます。デイリリーが死と時の儚さを漂わせる中、後悔先に立たず。間違う時もあれば正しい道を選べる時もある。と言わんばかりのマイペースな御大の姿が切なくも清々しい。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『運び屋』予告編で見た時はイーストウッドが瘦せ老いてるし声も出てないから大丈夫かと思ってたけどそれは役作りで、序盤はよぼよぼの爺さんだけど旅を重ねるうちに矍鑠というか若さを取り戻して声も出るようになるやら色々やりたい放題なのがグー。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...