運び屋

みんなの感想/評価
「運び屋」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    144
  • 普通
    7
  • 残念
    0
総ツイート数
8,118
ポジティブ指数94
公開日
2019/3/8
原題
THE MULE
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
116分
解説/あらすじ
アール・ストーンは金もなく、孤独な90歳の男。商売に失敗し、自宅も差し押さえられかけたとき、車の運転さえすればいいという仕事を持ちかけられる。それなら簡単と引き受けたが、それが実はメキシコの麻薬カルテルの「運び屋」だということを彼は知らなかった…。
©2018 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
    まだ、レビューが投稿されていません

    この映画に関するTwitter上の反応

  • carlandeliza
    『15時17分、パリ行き』で遂にイーストウッドはマノエル・ド・オリヴェイラの領域(特に『永遠の語らい』)に達したのかと思ったら新作『運び屋』が家庭を棄ててた老人が家族の為に鼻歌まじりで運び屋やってる、て面白過ぎるからまだ「傑作と駄作かなんて域を超えた」オリヴェイラには及ばない。
    いいね
  • tetsuro_320
    『運び屋』を鑑賞しました。つまらなくはなかった。(´-`). #運び屋
    いいね
  • VABOIYOSHIYA
    『運び屋』も『キャプテンマーベル』も『ギルティ』も『マイブックショップ』も観れてないし!というメンタリティって、映画鑑賞という趣味領域よ話としては、完全に本末転倒パターンでつまんなくなるからマジでよくないんだけどさらに『バイス』も『ザプレイス』も始まっちゃったよ。
    いいね
  • _jumpstyle
    「運び屋」の感想を少し まず、個人的に少し物足りなさを感じてしまった。けれどもそれが詰め込みすぎない、行間を読むくらいの感じから逸脱していなかったので最後のほうはメッセージ性を感じられる映画だった。麻薬を運ぶ道を主人公の人生の捉え方に重ねたかったのかもしれない。
    いいね
  • 832_to_clover
    『運び屋』思ってたより数倍は面白かった 今年ベスト級でしょこれはまだ4月だけども まあ一人で観たんだが、この映画見た目の印象に反してそこらの恋愛映画よりよっぽどカップルで鑑賞するのをお勧めできる 大切な人との時間をこれでもかというほど尊重したくなるぞ
    いいね
  • ichigekihits
    クリント・イーストウッド監督『運び屋』鑑賞。家庭を一顧だにせず仕事に没頭し続けた偏屈老人が、稼業の破綻後、弾みで麻薬密売の一端を担うことに。プロット自体は薄味だが、イーストウッドから滲み出る老骨出汁がスクリーンを支配。一番ならぬ八十八番絞りはとてもコクマロ。百番は軽く超えそう。
    いいね
  • YVqkSHEfBA3Bm0g
    「運び屋」、イーストウッドのための映画だったなぁ。もっとハラハラドキドキさせるかと思いきや、さほどでもないままラストへ進んだし。 ちょっと物足りないかな。もちろん面白かったけどね。
    いいね
  • Chamo_m
    『運び屋』麻薬の運び屋をしていた老人を描いた作品。主人公の飄々とした雰囲気などでとても軽い映画になっていましたが、鑑賞後心に残るものがなくて少し物足りなかったです。老人に振り回されるマフィアたちには笑いました。時間を大切に生きようと思います。#運び屋
    いいね
  • hiwasatos
    「運び屋」観ました…話がどう転ぶのかいまいち見えなくておもしろかったし、王道なのにまったく飽きなかったし途中からボタボタ泣いてしまった…言葉で説明すると王道で今更なお話なところもあるのになんかすごく胸に来た
    いいね
  • ksmtd24_
    「運び屋」を観たのだけど、こういう映画観ちゃうとずーとその映画について考えてしまって何もできなくなるの、ダメだなあ。
    いいね
  • gegencho
    昨日まではかけらも考えてなかったけど、もし日本で『運び屋』をリメイクするとしたら、絶対内田裕也に主演させたかったなあ勿体無い、と勝手に残念がってる。
    いいね
  • ossan32685670
    映画「運び屋」観て来ました(^0^)/ クリント・イーストウッドしか成立しない作品ゆえに期待し過ぎた分ほんの少しだけ残念(>_<)
    いいね
  • JUNYOSHIDATP
    クリント・イーストウッドの映画「運び屋」。頑固な暮らしの中で、ユーモアのある社交が産み出す確かな自由の感触。老境になってそんな生活を振り返ったときの罪がこういう形で罰を受けるのはなかなか悪くない。あとインターネットなんてものはダメだのテーマは頷きしかない(笑)
    いいね
  • hokaze_dayori
    レイトショーで「運び屋」でも観て帰ろうと思ったけど、オタクくん達が劇場の空気使い過ぎて酸欠気味で頭痛するし、この気分の後に映画を観るのも勿体ない気がするから諦め。 帰ってゾンビランドサガのアニメライブシーン観てその後にアイカツ!観るんだ!!
    いいね
  • Whoisakirako
    『運び屋』鑑賞。主人公が自分を投影しやすいキャラだと、甘くなっちゃうんだな、クリントイーストウッドと言えども…。どちらかというと振り回される娘に感情移入してしまったので物足りなかった。
    いいね
  • takahashikaoru
    「運び屋」話の作り込みは些かユルい。キャラクターの配置もルーティーンで、主人公はイーストウッドでなければ魅力半減だろう。それでもぼくはこの映画を支持したい。少なくともここにはイーストウッドでなければ語れない物語がある。ブラッドリー・クーパーを「若造」と呼ぶことのできる老人だから。
    いいね
  • achiyaryu
    『運び屋』観賞。我儘に生きて人生ショボく終わりそうな老人がヤケクソになって行動したら色々上手く行ってしまったという「オトナの童話」。花の栽培に熱中して家族を蔑ろにしたという設定はちと弱いなぁと思ったが、たぶん女性問題で家族を泣かせてたのだと想像。しかしその辺の生臭さはスルー。
    いいね
  • sgouchan
    映画「運び屋」88歳のイーストウッドの監督、主演作品。自身の老いを題材に、家族や世代の差異、移民社会を描く。内容は以外と淡々としていて、物足りなさも。音楽が心地良かった。
    いいね
  • tekunosuke
    『運び屋』家族が一番という言葉より「金で買えないもの」の方が、ありがちなはずなのにとても納得できたし、いくつになってもやり直せるという勇気をもらいましたよ。あとトップが代わって効率重視になった途端組織がギスギスするというのはどこでも同じね。前作から一転、キャストが何気に豪華です。
    いいね
  • lobking
    この時期にクリントイーストウッド「運び屋」日本公開てのも何だかなぁ
    いいね
    もっと見る Loading...