TOP >作品データベース >ドント・ウォーリー

ドント・ウォーリー

みんなの感想/評価
「ドント・ウォーリー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    50
  • 普通
    4
  • 残念
    1
総ツイート数
936
ポジティブ指数91
公開日
2019/5/3
原題
Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot
配給
東京テアトル
上映時間
113分
解説/あらすじ
オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハンは、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める――。
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • frodopyon
    #ドント・ウォーリー(2)  ♦からだの自由を失って、精神の自由を手にしたキャラハン、素晴らしい人だね。人生の構成要素はその時々で変わっていくけど、いつでも足したら100になるんだな、なんてことも思う。ルーニー・マーラーが天使♪
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ドント・ウォーリー』この映画の中では、期待と信用、束縛と逃避、責任と管理などの様々な表現がぶつかり合っています。相手に願うことがどこまでが愛でどこまでがエゴか判りませんがベンアフレックのあの言葉は確かに恰好よかった。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ドント・ウォーリー』一番人生を曲げた相手への怒りを叫べなかったけれど、この映画の彼は離れた相手というのもあるけれど、ちゃんと心の中で和解していて羨ましかった。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『ドント・ウォーリー』朝が早かったので前半目を瞑ってしまったのが悔やまれるくらい素敵な映画だった。数年前のアニメ映画では埼玉のラブホの廃墟でカウンセリングをしたものの、一番人生を曲げた相手への怒りを叫べなかったけれど、この映画の彼は
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    47本目『ドント・ウォーリー』(@gardens_cinema)。破天荒な風刺漫画家を救ったのはドニーやアヌーの存在も大きいけど最終的には彼自身だった。ドニーが語る老子の言葉が印象深い。それにしてもあんな暴走車椅子を見たのは初めて!
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ドント・ウォーリー】アルコール依存からの更生物語としては、驚くほど軽妙で呑気にさえ見える変わった作品。人との繋がりが絶望を癒す光景が胸を打つだけに、ホアキンは最高ですが、もしR・ウィリアムズが演じていたら…と考えてしまいます。
    いいね

    良い
  • araoji
    『ドント・ウォーリー』を観る。 母親に捨てられた過去からアル中になり、事故で半身不随になった男の物語。 動けなくなった事で自分を見つめ直し、少しずつ受け入れていった姿と、彼の書いたエスプリあるマンガが とてもいい。
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『ドント・ウォーリー』 風刺漫画家ジョン・キャラハンの実話を映画化。悲しみのどん底から立ち直る方法とは。ホアキン・フェニックス主演 http://eiga-suki.blog.jp/archives/dontworry.html
    いいね

    良い
  • ONOUEX
    『ドント・ウォーリー』ハッピー
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ドント・ウォーリー』数えたカットは1392。ロール式にカットが切り替わったり、話をする人を捉える隅に聞いている人の姿が少し写り込んでいたりする独特のカット割り。電動車椅子の爽快感の次に転んだりバッテリーが切れたり、こちらの感情も留まらないの狙いか。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ドント・ウォーリー』鑑賞。胸から下の麻痺は悲劇だが、彼の人生をまだらに彼の言葉によって振り返ると、彼の人生はどこからが悲劇でそれぞれの現在はどうなんだ、というのが一概に言えなくなってくる。最後に彼が至った場所は、事故がなかったら立てなかったかもしれない。
    いいね

    良い
  • garancear
    『ドント・ウォーリー』障害以上にアルコール依存の克服が印象に残る。「いい人のいい話」ではない、車椅子で爆走する個性的過ぎる主人公。ホアキンの演技達者は承知の上だが、ジョナ・ヒルが太っちょコメディじゃない演技で見違えた。あのスピリチュアル系っぽいAAも実話ベースか? #映画
    いいね

    良い
  • eichan2014
    『ドント・ウォーリー』突然の事故で下半身付随になった男性が原因でもある過度のアルコール摂取と他人への憎悪から訣別し風刺漫画家として自立する迄の魂の旅路。人と積極的に関わる事で自分の中に光を見出だす。ルーニーマーラがとても美しい。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『ドント・ウォーリー』主題は「許し」。失敗と間違いだらけの人間が風刺漫画家としてデビューし、自分を見つめ直し他者と和解していく様を描く。人が生きるためには何が必要なのか?それを考えさせる本作は自殺率の多い日本でこそ観てほしい作品。
    いいね

    普通
  • halm2f
    『ドント・ウォーリー』一見退屈になりがちな映画を名優ホアキンの力演で見せてくれる佳作だ。とにかく主演に限らず役者が素晴らしい。また、アル中がいかに人間をダメにするか見本のような映画。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ドント・ウォーリー』実話。酒浸りで車の事故、車椅子になった漫画家。幼い頃母に捨てられたトラウマが人間不信の根幹にある。人間を許せない男が許せるまでになる過程。行きつ戻りつのストーリー。この映画を鑑賞する事に満足してる私がいた。
    いいね

    良い
  • nekotaimu
    #ドント・ウォーリー』意外に色々深く考えるテーマを持つ作品ですが何か滑稽さもあり暗くはならないで鑑賞出来た。キャラハンと子供達が絡む場面あるがそこに障害ある方々との本来的な関わり方が見えた気がした(ちょっとしたシーン)
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『ドント・ウォーリー』★★★☆☆AAが宗教じみているが、無宗教よりアル中復帰が高いんだろうな。
    いいね

    良い
  • QBT69680440
    『ドント・ウォーリー』普通やった。
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【ドント・ウォーリー】キャラハンの再生は、自分の深い傷を認め愛するまでの過程でもあり普遍的。芸術家の昇華と綺麗に纏めずとても人間臭く描いていて引き込まれた。J.フェニックスは細やかな心情表現が見事で見応えあったが、シリアスなJ.ヒルも、セクシーなR.マーラも魅力大。 #映画
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...