TOP >作品データベース >ドント・ウォーリー

ドント・ウォーリー

みんなの感想/評価
「ドント・ウォーリー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
89%
  • 良い
    35
  • 普通
    3
  • 残念
    1
総ツイート数
740
ポジティブ指数94
公開日
2019/5/3
原題
Don’t Worry, He Won’t Get Far on Foot
配給
東京テアトル
上映時間
113分
解説/あらすじ
オレゴン州ポートランド。アルコールに頼りながら日々を過ごしているジョン・キャラハンは、自動車事故に遭い一命を取り留めるが、胸から下が麻痺し、車いす生活を余儀なくされる。絶望と苛立ちの中、ますます酒に溺れ、周囲とぶつかる自暴自棄な毎日。だが幾つかのきっかけから自分を憐れむことを止め、過去から自由になる強さを得ていく彼は、持ち前の皮肉で辛辣なユーモアを発揮して不自由な手で風刺漫画を描き始める――。
© 2018 AMAZON CONTENT SERVICES LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • junjunjun211705
    『ドント・ウォーリー』試写会で観た〜!
    いいね

    良い
  • Send_for_henny
    ルーニー・マーラとホアキン・フェニックスの極上のラブストーリー!
    いいね

    良い
  • tkmegu77
    『ドント・ウォーリー』鑑賞。大人が染み入る良作だった!ダメな大人にだって明日必ずやってくる。一日一日を生きていけば、きっといいことある。と思ったり。そして、ジョナ・ヒルは最高。
    いいね

    良い
  • bbbin_sawa
    『ドント・ウォーリー』色んな依存がある。希望ある物語が今はおススメ!
    いいね

    良い
  • hkr31_74
    『ドント・ウォーリー』 断酒会、アルコール依存症の映画とか馴染みがなく、すごく新鮮でした。 ルーニーマーラが可愛い。
    いいね

    良い
  • MariaKouchi
    『ドント・ウォーリー』 飲酒の怖さと助け合う人達の心暖かさが2つ学べる映画でした。ルーニーマーラが天使でした。
    いいね

    良い
  • noripanpk1n
    『ドント・ウォーリー』 クソみたいな毎日に当たり散らしたり、感謝したり。暴言を吐きながら心の中で泣いてるような小さくて愚かな私たちを、突き放しながら受けとめて、許してくれる。優しくて温かい映画。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ドント・ウォーリー  ♦実話物。邦題より長い原題が皮肉っぽい(^^)。金髪碧眼でシリアスなジョナ・ヒルが美しく、髪型がくるくる変わるルーニー・マーラは神々しい。自分の我儘を許容することと、自分自身を赦すことは、全然違うんだな。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ドント・ウォーリー』不幸な生い立ちや、事故で身障者になってしまった自分を憐れんではいないか。そのことをアルコール依存症の口実にしてはいまいか。他者との対話、自己の解放、再生への道のりは易しくないが、仲間は優しい。とてもよかった。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ドント・ウォーリー』事故で下半身麻痺になってしまった人間の強く生きる姿映画かと思ったらアルコホリック話、更には何故そういう生を歩むことになったのか、人生お終いと思った所からどう生きられるかということを描いた映画で胸を打たれた。押し付けがましくないのは流石のガス・ヴァン・サント。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『ドント・ウォーリー』世の中を悲観していたアルコール依存症の男が、いろんな事を受け入れ、許しながら、変わっていく。宗教っぽい部分や、障害者との関係とか、難しい部分もあるけど、ジョンが変わっていく様子はなんだか清々しい。 #映画
    いいね

    良い
  • 624ken
    ヒューマントラスト渋谷で『ドント・ウォーリー』を鑑賞。アルコール中毒で、事故で車イス生活になった男の話。口悪いけど、過去を見つめ立ち直っていく姿には感動する。不屈で、人間臭くてよかった。彼の風刺漫画ももっと見たい。よかったです。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ドント・ウォーリー』絶望に生まれ、憎しみと苛立ちを糧に育ち、自暴自棄に生きた男の、寛恕と慈しみへの転換。G.V.サントらしい弱者への眼差しと、ドン底を知るからこその皮肉と笑いが、どんな人生にも射す光を見せる。ロビンが報われる名作。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ドント・ウォーリー』@ HTC渋谷♪最速上映&監督のティーチインで観てきた。良かったけど感想メモを間違えて消しちゃったから評価のみ…。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『ドント・ウォーリー』HTC有楽町。交通事故で車椅子になった風刺漫画家のいい話では無い所は良かった。とはいえ結構なクソ野郎なのも見どころ。謝罪すれば何でも許してもらえる世界観だけは受け入れ難い。周りのキャストは総じて良い。R.マーラの破壊力は健在。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ドント・ウォーリー』@HTC有楽町|痩せてシリアスな演技をジョナ・ヒルが、ガス・ヴァン・サント監督ならではの表現力、見所たくさん。みんな回り道して確かなものにたどり着いていく、実生活もそうなのだろう役者も。いろいろ潤いのある映画。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ドント・ウォーリー』(DON'T WORRY, HE WON'T GET FAR ON FOOT)観賞。075 予想外に観た後の気分が良い。キャストから想像できない爽やか映画。 #eiga
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ドント・ウォーリー』ガス・ヴァン・サント監督最新作は、相田みつをの詩「弱きもの人間欲ふかきものにんげん偽り多きものにんげんそして人間のわたし」を思い出させる。そして物語から「弱いほど、強い人間になれるんだ。」という事を我々に示す。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『ドント・ウォーリー』@東宝東和試写室。一瞬演じてるのロビン・ウィリアムズ?って錯覚してしまった。決して善人では無いがどこか憎めない人間性と再生していく過程にじんわり・・・ホアキンを筆頭にキャストの名演も良。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • Tkhsh65
    『ドント・ウォーリー』観た。前半、主に四つの時間軸(現在、事故前、最初のグループカウンセリング、ジョナ・ヒルのカウンセリング)を入れ替えながら話が進んで行くのだが、コレが分かりにくい。ホアキンの見た目もそんなに変わる訳じゃ無いし。順番に観せた方が良かったんじゃないだろうか?
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...