TOP >作品データベース >轢き逃げ 最高の最悪な日

轢き逃げ 最高の最悪な日

みんなのつぶやき
「轢き逃げ 最高の最悪な日」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
48%
  • 良い
    11
  • 普通
    10
  • 残念
    1
総ツイート数
89
ポジティブ指数93
公開日
2019/5/10
配給
東映
解説/あらすじ
俳優・水谷豊の監督2作目。ある地方都市で起きた交通事故。一人の女性が命を落とし、轢き逃げ事件へと変わる。車を運転していた青年・宗方秀一、助手席に乗っていた親友・森田輝。2人は秀一の結婚式の打合せに急いでいた。婚約者は大手ゼネコン副社長の娘・白河早苗。悲しみにくれる被害者の両親、時山光央と千鶴子。その事件を担当するベテラン刑事・柳公三郎と新米刑事・前田俊。平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれ、それぞれの人生が複雑に絡み合い、抱える心情が浮き彫りになっていく――。
Ⓒ2019映画「轢き逃げ」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
    この映画に関するポジティブワードを含むツイートを自動収集し表示しています
  • gadget9007
    映像的には、やっぱりドルビービジョンのコントラストがくっきりした画が素晴らしく、空撮や無駄のないカメラワーク、美術の作り込み、前作に続いて見事なロケ撮影、編集もガチャガチャしていないし、それらが違和感なくひとつの作品にまとまっている。127分、緊張感の途切れる事の無い秀作。
    いいね

    良い
  • gadget9007
    監督自身はもちろん、メインの中山麻聖&石田法嗣、檀ふみ&小林涼子、刑事の毎熊克哉&岸部一徳の演技の充実度がスゴい。これだけ迫真の演技、他になかなか観られるものではないと思う。過剰にならず、押し付けがましくもなく、いわば「誰かに見せる演技」ではなく、「作品世界で息をしている」感じ。
    いいね

    良い
  • gadget9007
    『轢き逃げ 最高の最悪な日』(監督・脚本:水谷豊)轢き逃げ犯となった二人の青年と遺族、そして刑事。人間の奥底にある感情がいろいろな形で突出する様を、丁寧かつ丹念に描き出す監督、芥川賞的な映画が多い中、前作に引き続き,直木賞的エンタ… https://t.co/Ozot67QgmK
    いいね

    良い
  • minaihougakichi
    「轢き逃げ 最高の最悪な日」 最近は車事故多いし、自分が運転する事もあるから気を付けなきゃいけないと更に思ったな そして相棒メンバーがいてほっこりした☺️
    いいね