惡の華

みんなの感想/評価
「惡の華」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
62%
  • 良い
    21
  • 普通
    7
  • 残念
    4
総ツイート数
123
ポジティブ指数86
公開日
2019/9/27
配給
ファントム・フィルム
解説/あらすじ
高校生の春日高男は、同じクラスの人気者・常磐文が本屋で詩集「惡の華」を読んでいるのを目撃する。かつて「惡の華」に憧れを抱く内向的な文学少年だった春日は、中学時代の過去を思い出していた…。山々に囲まれた地で閉塞感のある日々に息苦しさを感じていた中学2年のある日、春日は教室でクラスのマドンナ佐伯奈々子の体操着を見つける。誰もいない放課後、胸が高揚しているそのとき、春日は人の気配を感じて咄嗟に体操着を掴み逃げ出してしまう。後日、その一部始終をクラスの変わり者、仲村佐和に見られてしまっていたことが発覚。「秘密をばらさない代わりに私と契約しよう」。こうして仲村と春日の奇妙な共犯関係がはじまった――。
©押見修造/講談社 ©2019映画『惡の華』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • nagagutu_happy7
    『惡の華』 ストーリーは理解できるし、この作品が主として描きたかった内容も理解はできる。 しかし、だから何〜⁉️って感じ。
    いいね

    残念
  • momotakundesu
    原作を読んでますが、丁寧に描かれてました。 誰もが持っている感情がスクリーンから溢れだして、時には切なくて涙が止まりませんでした。 ラストの海のシーンは最高でした。
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『惡の華』昔、アニメ化したのを見ました。映像手法もストーリーも主題歌もかなり攻めてて衝撃を受けたのを覚えてます。その実写化なので観て来ました。″変態″の名を借りた究極の愛の形を描き、演者もハンパ無い熱量と振り切った演技で好演でした。
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『惡の華』原作コミックもアニメも見たことがないが、井口監督ということで鑑賞。前半の倒錯ぶりは井口監督らしいが、後半、何だか普通の青春物に。玉城ティナの怪しげな演技が良かっただけに残念。井口監督は、ナンセンスなB級映画に徹して欲しい。
    いいね

    普通
  • ultra_k_zero
    #惡の華』鑑賞後、変態っていう言葉が高貴な言葉として聞こえてくるのは私だけ??&飯富まりえの演技力爆上がりだと思うのは私だけ?? 変態でいることの方が難しいし、変態を隠して生きることに現代人は慣れすぎている。考えすぎか…。
    いいね

    普通
  • LionNEXT
    『惡の華』 ▼10/8/19鑑賞 【封切上映】
    いいね

    良い
  • 7nao_nao7
    『惡の華』エイス・グレードに感激して思春期映画だと思った私が悪かった。イメクラで中学生コスプレした美女に罵倒されたいM男君向け。リアリティ求めるのは野暮だけど一言だけ。「鬱屈してる」をまんま怒鳴って説明するだけだから説得力ないの。
    いいね

    残念
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「悪の華」誰もが体験する思春期の息苦しさを鮮明に描いていました。私は好きです。』 https://t.co/QiJ62nuAUO?amp=1
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『惡の華』画一的に抑圧された純朴そうな少年少女の核へと、薄皮を一枚ずつ剥がされていく未知への恐怖と解放感。悪の華を開花させる事が変態なら、人類みな変態。とはいかない残酷な世界で、初動から加速し突き抜けた哀しい画力にただただ感嘆する。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『惡の華』漫画は読んでないけど宣伝で変態やクソムシを推してるのに惹かれて見に行ったら変態無しで全く真っ当な青春映画、前半は楽しく見られるが後半は胸が苦しくなる。主役は春日だが話は山に囲まれた街から海に囲まれた町へ行く仲村さんが中心。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『惡の華』 若者の中のドロドロしたものを、特に男子だけじゃなく女子側にも踏み込んで、PG12とはいえ一般映画で描いた凄まじい挑戦作。井口昇監督のこれまでのキャリアの総決算的とでも言うべきフェティッシュな絵作りが炸裂している。
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『惡の華』原作未読、アニメ版は全話視聴済み。アニメ版の先の話が観れたのは良かったけど、傑作というほどでもないような。やはり春日役の伊藤健太郎がどう見てもミスキャスト。あんなガタイのいい男子が細身の仲村になされるがままな様は最早ギャグにしか見えない。玉城ティナの怪演を愛でる映画。
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『惡の華』原作も作中の小説も未読。 分からん事ないけど、ちょい極端さに距離を感じてしまうというか…劇中で作文を渡されたあの人の心境のような。 しかし「ダイナー」が撮りこぼした「玉城ティナ様の体操着姿」の補完は、称えられるべき功績。w
    いいね

    普通
  • besi_sake
    『惡の華』春日と仲村にあまり共感持てず深くはのめり込めず。その内面の苦しさは純粋だし普遍的なものでもあるし、これは俺だ私だと感じる人がいるのも分かるが春日や佐伯の変化がスルッとは入ってこず。ただ玉城ティナの怪演とも言うべき乗った演技はとても楽しく拝見。嫌いじゃないが好きでもない。
    いいね

    普通
  • tatshead7
    【惡の華】どうしようもなく孤独だったり、全てに嫌気がさして苛立ったりしている人が観たらきっと何か引っかかるはず。今分からなくても、ふとした時に救いになる優しさが詰まった話です。切なく美しいラストも最高。若者よ、踏ん張れ地獄の青春!
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【惡の華】あるべき姿を押し付けられ、均一で無味無臭な何かにされる恐怖に敏感でいることはツライ。心に咲く惡の華と向き合うことは本当に苦しい。それでもどこかで仲村さんが生きているというのは僕の救いでもあります。残酷で爽やかで胸一杯です。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『惡の華』養分吸い取られたわ。興味深いクソムシ(笑)映画(褒めてる)イトケンも玉城さんも撮影大変だったのでは?と。次々といたぶられつつも、自分と言うモノに気付く春日、笑った顔が天使のような仲村さん、実は一番怖い佐伯さんが印象的。
    いいね

    良い
  • amno1wb2016
    #惡の華 観賞 みんな強いな…僕は人生の早い段階で自分の弱さ虚無感にあっさり降参した人間なので この映画の登場人物みたく足掻く痛みや苦しむは正直理解はできず、新手のSMプレイ映画として楽しんだ ただキャスト陣は凄く良かった
    いいね

    普通
  • akafundosi
    『惡の華』@ TOHO梅田観…原作は知らない。一般の普通のつまらない他人達とは違う変態達の自己表現?良いよ他人と違って。拗らせも若者の専売特許だ!が、普通を一般を舐めるな!と言いたい!何もせずただ周りのせいにしてやる事は他人の造った物、者を壊すだけ?!何もせず叫ぶな吠えるな!
    いいね

    残念
  • ks_ngsk
    惡の華、映画作品としてとてもよかった。伊藤健太郎さん、玉城ティナさん、それぞれ難しい役であったと思いますが、熱演でした。また、秋田汐梨さん、飯豊まりえさんの演技もよかった。今年もマイベストのうちの1本になりました。玉城ティナさん◎
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...