TOP >作品データベース >ファイブ・ウォリアーズ

ファイブ・ウォリアーズ

みんなの感想/評価
「ファイブ・ウォリアーズ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
50%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    1
総ツイート数
5
ポジティブ指数33
公開日
2019/3/29
原題
FIVE FINGERS FOR MARSEILLES
配給
クロックワークス
上映時間
120分
解説/あらすじ
アパルトヘイト体制下の南アフリカ、暴力的な白人警官が支配する街マルセイユ。暴力が激しさを増し、住民から希望が失われつつある中、街を守るべく戦っていたのは“ファイブ・フィンガーズ”と呼ばれ、正義感を燃やす5人の少年・少女たちだった。いつものように白人警官が上納金を取り立てに来たある日、フィンガーズのリーダーであるタウが2人の警官を射殺してしまい、街を離れて逃亡し流浪の身に。それから20年が経ち、白人たちからの支配から解かれ、自由の街として生まれ変わったマルセイユ。だが、その裏では極悪非道な悪党が街を支配していた。やがて、街に血が流れたとき、タオは帰ってきた。タオと共に自由のために立ち上がる戦士たち。果たして彼らは悪党どもに裁きを下し、マルセイユに真の平和をもたらすことはできるのか…。
© 2017 Five Fingers Film Enterprises (Pty) Ltd. All rights reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ichiwheat
    【ファイブ・ウォリアーズ】大きな禍根を残す事件を挟み、少年期の五人の関係と逸話が、大人になった彼らにリプレイの様に蘇る。南アフリカの荒野を舞台にしたウェスタン風のテイストが独特。ただ顔認識が即座にできぬカットが多い上に心情的にも入り込めない箇所が多数あり正直戸惑った。 #映画
    いいね

    残念
  • 624ken
    ヒューマントラスト渋谷で『ファイブ・ウォリアーズ』を鑑賞する。南アフリカで街を守る男たちの話。内容は西部劇のような感じでした。やたら男たちのかっこいい映像があったりする。雰囲気がかっこよかった。#未体験ゾーンの映画を体験
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • kera_ma_go
    「ファイブ・ウォリアーズ」監督の頭の中にはラストの香港ノワール的な「みんながかっこよく死ぬ」場面だけ頭にあったけどそこまでどうやって話を持っていったらいいかよく分からなくてぐだぐだに繋ぐことになった感。同人小説で見るパターンっぽい。監督は今後よい脚本にあたればワンチャン?
    いいね

    残念
  • shigahe
    最近、観た映画その1 「ファイブウォリアーズ」 南アフリカ発の西部劇テイスト映画。「悪と闘うと誓った5人の少年はふとした事で別れてしまう。時が過ぎ、悪が街を覆うとき再び5人は結集する」……ってメンツ違うじゃねぇか!いいのかそれで?… https://t.co/kVsFUxI0uF
    いいね
  • ryoko_og
    映画「ファイブ・ウォリアーズ」南アフリカ。貧民地区の少年が無謀な権力を罰する内、行き過ぎて逃亡。20年後に故郷に戻る…という心象西部劇。かつての仲間への思いを描写するも展開はややじれったい。敵ボスの最期には失笑。モサッとしたリアル… https://t.co/K0INHzsJBo
    いいね