TOP >作品データベース >ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ

みんなの感想/評価
「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
64%
  • 良い
    8
  • 普通
    4
  • 残念
    0
総ツイート数
227
ポジティブ指数100
公開日
2019/4/19
配給
クロックワークス、アルバトロス・フィルム
上映時間
97分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
1933年から45年にかけて、ナチス・ドイツがヨーロッパ各地で略奪した芸術品の総数は約60万点にのぼり、戦後70年以上経った今でも10万点が行方不明と言われる。なぜ、ナチス・ドイツは、いやヒトラーは、美術品略奪に執着したのか? 本作は欧米で活躍する歴史家、美術研究家を始め、略奪された美術品の相続人や奪還運動に携わる関係者の証言を元に、ヒトラーの思想の背景と略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫る。
© 2018 – 3D Produzioni and Nexo Digital – All rights reserved
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • writelefthand
    映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』鑑賞。ナチスが美術品を収奪していたこと、ヒトラーが画家志望だったこと、美術品が今でも行方知れずになっていることなど寡聞ながら初めて知ることばかりだった。作品内での「ナチスは決して過去の出来事ではない」という発言が心に残った。
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』数えたカットは1187。ナチスが収奪した美術品の数々およびそれらが行き着いたヨーロッパ各国の様子および人々、ヒトラーの当時の映像などドキュメンタリーで映し出されたものはとても豊かだった。 #eigamote
    いいね

    良い
  • halm2f
    『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』ヒトラーとゲーリングは芸術の世界でも最低最悪のことをし続けていたという話。その悪行を丁寧に取材したドキュメンタリー。ただ、ナレーションが多く、1回見ただけではついていけない部分もあり。
    いいね

    普通
  • akeake10
    『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』イタリア・フランス・ドイツ合作のドキュメンタリー。ナチス・ドイツの蛮行が次々映し出されて気持ちが沈む…。唯一、ゲーリングがフェルメールの贋作を掴まされるエピソードには溜飲が下がりました!
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。『「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」ナチスに略奪された絵画はどうなってしまったのか。』https://twitter.com/yukigame/status/1125132968903577600
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』ナチスが略奪した美術品を巡るもう1つの美術史を追うドキュメンタリー。人命を奪うのと同義、文化の破壊と感性の統率の恐怖。その思想に便乗し、私腹を肥やす画商らと真の愛好家らの時代を超えた闘い
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』ある民族にダメージを与えるには、その文化を傷付けるのが有効であるという考え方がある。美術品の略奪や破壊もその一環なのだろうが、その価値を知る者が密かに所持していたことが皮肉でもある。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』ヒトラーに略奪同然に奪われ、いまだ行方不明がここまで多い事実に驚愕。名画はもちろんだが、奪われた人達には大切な思い出もあったと考えられる。泥棒には金の手段でも保有者には夢と希望なのだ!
    いいね

    良い
  • kmrks
    『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』(HITLER VERSUS PICASSO AND THE OTHERS)鑑賞。068 人命だけでない戦争被害の復旧の困難さのドキュメンタリー。長引く被害。 #eiga
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』ドキュメンタリーとは言え、もっとドラマチックにできなかったのか。ナチスに奪われた名画が見つかったというセンセーショナルな題材があったのに、あまりにも淡々としていて、ついつい寝てしまった。
    いいね

    普通
  • trustpine
    ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ、観ました。ヒトラーの思想の背景と略奪された美術品が辿った闇の美術史に迫るドキュメンタリー作品。ピカソの『壁を飾るために描くのではない。絵は盾にも矛にもなる、戦うための手段だ。』の言葉が印象に残りました。
    いいね

    普通
  • ma_MJ
    『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』誰も知らないって広告しているけど、同じ劇場で黄金のアデーレを観ましたが(^_^;)ナチスが名作をどう利用したか。戦後の処理はどうなったか?を丁寧に追うドキュメント。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • donu2
    ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ観終わる。ヒトラー、ゲーリング、画商、今なお続く遺族への返還活動などをめぐるドキュメンタリー。タイトルはそのまま大ドイツ芸術展と退廃芸術展を端的に表しただけでなく、本当にVSってるところがありグッと来たよ。
    いいね
  • Un_Kermit
    今日は「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」というドキュメンタリー映画を観てきました。 見る前はチョイス失敗したかなぁと少し思ってたのですが、思いのほか相方も面白かったらしく、終映後にパンフ買おうと思ったら売切れてた、と。自分も欲しかったけど、もう増刷はないだろうなぁ。
    いいね
  • noko_12
    「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」 戦争をするということは、勝者が略奪をするのだという事実を明らかにしてくれる映画。略奪された絵画を誰に返すのかという問題も含む。ドキュメンタリーの内容を一回で理解するのは難しく、パンフ… https://t.co/RZtyBMwPtx
    いいね
  • t_ommy
    映画「ヒトラーVS.ピカソ」より 大ドイツ芸術展〝…好まれたテーマは「農村の生活や田舎の風景、そして家族と母性」。…女性の裸婦像は“母親を刺激し、健康で美しい金髪の子どもたちをたくさん産んで、総督に捧げよ”のメッセージが込められて… https://t.co/aYff2XcDWU
    いいね
  • nagaguitar
    映画「ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ」タイトルが羊頭狗肉、ナチ対しての言及はあるが、ヒトラーとピカソに関しての言及少なし。 https://t.co/sQXv6Femok
    いいね
  • hashimotoichi23
    映画「ヒトラーVS.ピカソ」を観ました。ヨーロッパ中から約60万点という美術品を略奪したヒトラーとゲーリング。戦後、それを回収する関係者らのドキュメンタリーですが、とても丁寧に作り込んだ秀作でした。このような歴史の裏面史を、われわ… https://t.co/Q3QECh9gYS
    いいね
  • kinejun_theater
    蒸し暑い一日になりそうですね~💧 本日で上映終了の映画が6作品。 『ビリーブ 未来への大逆転』 『ヒトラーVS.ピカソ 奪われた名画のゆくえ』 『マックイーン:モードの反逆児』 『こどもしょくどう』 『ある少年の告白』 『ビル・… https://t.co/PrAdnryFbI
    いいね