TOP >作品データベース >ビリーブ 未来への大逆転

ビリーブ 未来への大逆転

みんなの感想/評価
「ビリーブ 未来への大逆転」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    61
  • 普通
    9
  • 残念
    0
総ツイート数
394
ポジティブ指数97
公開日
2019/3/22
原題
ON THE BASIS OF SEX
配給
ギャガ
上映時間
120分
解説/あらすじ
貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが──。
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • miurakenichi
    『ビリーブ 未来への大逆転』清々しい程に良い映画だ。70年代のオルタナティブな雰囲気が作品全体に漂い、ガラスの天井に風穴が空けられる様は痛快この上ない。一人一人が望む生き方を貫くことが革命の一歩なのだろう。一見の価値ある秀作だ。
    いいね

    良い
  • momomikan0608
    『ビリーブ 未来への大逆転』米国の法律の性差への対応の発端が独身男性の母親の介護費用請求だったのもですが、この時代にこんな凄い女性が実在したのも驚き。病弱な夫を介護しつつ勉強に仕事にたゆまぬ努力。同業で温かく支える夫の存在も理想的。
    いいね

    良い
  • lKf3MtJOqt18JdD
    『ビリーブ 未来への大逆転』☆☆☆★★
    いいね

    普通
  • maru_a_gogo
    『ビリーブ 未来への大逆転』性差別は女性に対してだけでないという切り口で挑むの面白かった。夫が協力的だったのは優しさだけでなく、ルースの実力を認めていたからなのでしょう。主演2人が良かった✨『RBG最強の85才』も見たい。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #ビリーブ 未来への大逆転  ♦この作品の個人的お気に入りポイントは、アーミー・ハマーの演じるキキの優しい夫の存在。 ⇒https://mixi.jp/view_bbs.pl?comm_id=2326772&id=93254105
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『ビリーブ 未来への大逆転』性差別に挑んだ妻と陰日向となり支えるイクメンの鑑と言える夫・・・小さくも大きな一歩が今の平等さの礎になったと思うと感慨深い。
    いいね

    良い
  • nieve822
    【ビリーブ 未来への大逆転】男女平等の為に闘った女性弁護士。こういう人達のお陰で今の自由があるんだなと。家族、特に夫のサポートが本当に素敵。現代でもここまでの人は少ないんじゃないかな。娘との関係もいいなぁと。最後の法廷劇はしびれた!
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →「不平等」の法を変えるために段階的な説明が必要なこと、介護は家に居る女性の仕事だという呪いが全世界的なものであったこと(日本ではまだ進行形だけど)、歴史に風穴を開けるのは容易ではないこと。感慨深い。この人たちの苦労の上に今がある…『ビリーブ 未来への大逆転』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『ビリーブ 未来への大逆転』実在するアメリカの最高裁女性判事、ルース・ギンズバーグによる男女平等裁判を描いた伝記的ストーリー。実話ベースだし、ストーリー的には不満も何もない。個人的見どころはスーパーパパで弁護士の最高ダンナを演じたアミハマさん。カッコいい~~ #eiga #映画
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『ビリーブ 未来への大逆転』男女平等について訴えた女性弁護士の実話を映画化。成功のカギは当たり前のことに疑問を持つこと http://eiga-suki.blog.jp/archives/onthebasisofsex.html
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『ビリーブ 未来への大逆転』鑑賞。日本でも寡婦控除のような税法上男女で異なる補助が存在することに思い当たった。先例が重要視される法律の世界で、男女差別を崩そうとする主人公たちの行動は胸を打たれるし、これは決して関係ない話ではないことを強く感じた。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『ビリーブ 未来への大逆転』ルースが性差別裁判に挑む過程を縦糸に、むしろ、ルースの人となりや彼女を支えた家族たちとの関係をメインに描いていて、あの時代に自身も超優秀でありながら妻を支えたマーティンの超進歩的な良夫ぶりが印象的、
    いいね

    良い
  • renn6161
    『ビリーブ 未来への大逆転』マーティがスウェーデンの税の話から国の在り方、品性のようなものに言及するパートに知性を感じる。とてつもなく頑張ってきたであろうこの夫婦の根本にあるのは愛だ。未来を変える力も愛のはず。最後のご本人も魅力的!
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ビリーブ 未来への大逆転』働く女性はもちろん、家庭に留まっている女性にも勇気を与える映画となったのでは。日本国憲法9条改正に反対してくれそうなギングズバーグさん、どうかな?素敵なダーリン、アミハマさん、体のデカさに、いちいち驚く。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『ビリーブ 未来への大逆転』変化は起こるものでも変革は起こすもの。おかしい事に声を上げ闘って勝ち獲る。今ある権利は先人達の努力の結晶だ。どう勝つかが法廷モノの醍醐味だ。過去の事実を知ると共に逆境に立ち向かう爽快感も味わう事が出来た。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ビリーブ 未来への大逆転』@ 塚口サンサン劇場観。女性差別の中、違う切り口で男女平等を謳い闘うその視点の描写に巧いと感ずる。法廷劇や終幕爽快感は薄いが理解し支える夫と娘の姿と協力に家族愛総出の世界との闘いを視る。佇まいは紳士渋ぃアーミー・ハマーの慌て焦る対比が妙に微笑ましいw
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『ビリーブ 未来への大逆転』女性で男女平等の訴訟をして勝訴するまでの法廷映画か。法廷シーンはそれほどでもなかった(詰まらないわけでもなく過去に素晴らしい映画があったから)。実在のルース・ギンズバーグ(ドキュメンタリーが面白そう)と理解ある夫と反抗期の娘のドラマを描いた家族映画か。
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『ビリーブ 未来への大逆転』主人公が、わが娘に新しい世代を感じたシーンに涙した。堅実なストーリーで派手さはないが満足度は高い。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ビリーブ 未来への大逆転』女性差別が当然だった時代にいわれなき差別にあいながらも大きな壁に立ち向かった勇気や行動力には脱帽。男性社会で戦ってきたミミ・レダーが監督を買ってでたのももっともな話。膝枕するポスターにドキリ。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ビリーブ 未来への大逆転みてた。◎。女性が弁護士になれなかった時代にジェンダーベースの訴訟を起こした大学教授の物語。独身男性が母の介護で税的控除を受けられなかったことが後半のメイン。前半は群衆の中の孤独なシーンが印象的。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    mokomoko37
    2806movies / tweets

    follow us