TOP >作品データベース >ビリーブ 未来への大逆転

ビリーブ 未来への大逆転

みんなの感想/評価
「ビリーブ 未来への大逆転」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
84%
  • 良い
    51
  • 普通
    9
  • 残念
    0
総ツイート数
383
ポジティブ指数97
公開日
2019/3/22
原題
ON THE BASIS OF SEX
配給
ギャガ
上映時間
120分
解説/あらすじ
貧しいユダヤ人家庭に生まれたルース・ギンズバーグは、「すべてに疑問を持て」という亡き母の言葉を胸に努力を重ね、名門ハーバード法科大学院に入学する。1956年当時、500人の生徒のうち女性は9人で、女子トイレすらなかった。家事も育児も分担する夫のマーティの協力のもと首席で卒業するが、女だからというだけで雇ってくれる法律事務所はなかった。やむなく大学教授になったルースは、70年代になってさらに男女平等の講義に力を入れる。それでも弁護士の夢を捨てられないルースに、マーティがある訴訟の記録を見せる。ルースはその訴訟が、歴史を変える裁判になることを信じ、自ら弁護を買って出るのだが──。
© 2018 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • renn6161
    『ビリーブ 未来への大逆転』マーティがスウェーデンの税の話から国の在り方、品性のようなものに言及するパートに知性を感じる。とてつもなく頑張ってきたであろうこの夫婦の根本にあるのは愛だ。未来を変える力も愛のはず。最後のご本人も魅力的!
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ビリーブ 未来への大逆転』働く女性はもちろん、家庭に留まっている女性にも勇気を与える映画となったのでは。日本国憲法9条改正に反対してくれそうなギングズバーグさん、どうかな?素敵なダーリン、アミハマさん、体のデカさに、いちいち驚く。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『ビリーブ 未来への大逆転』変化は起こるものでも変革は起こすもの。おかしい事に声を上げ闘って勝ち獲る。今ある権利は先人達の努力の結晶だ。どう勝つかが法廷モノの醍醐味だ。過去の事実を知ると共に逆境に立ち向かう爽快感も味わう事が出来た。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『ビリーブ 未来への大逆転』@ 塚口サンサン劇場観。女性差別の中、違う切り口で男女平等を謳い闘うその視点の描写に巧いと感ずる。法廷劇や終幕爽快感は薄いが理解し支える夫と娘の姿と協力に家族愛総出の世界との闘いを視る。佇まいは紳士渋ぃアーミー・ハマーの慌て焦る対比が妙に微笑ましいw
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『ビリーブ 未来への大逆転』女性で男女平等の訴訟をして勝訴するまでの法廷映画か。法廷シーンはそれほどでもなかった(詰まらないわけでもなく過去に素晴らしい映画があったから)。実在のルース・ギンズバーグ(ドキュメンタリーが面白そう)と理解ある夫と反抗期の娘のドラマを描いた家族映画か。
    いいね

    良い
  • atsucurry
    『ビリーブ 未来への大逆転』主人公が、わが娘に新しい世代を感じたシーンに涙した。堅実なストーリーで派手さはないが満足度は高い。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ビリーブ 未来への大逆転』女性差別が当然だった時代にいわれなき差別にあいながらも大きな壁に立ち向かった勇気や行動力には脱帽。男性社会で戦ってきたミミ・レダーが監督を買ってでたのももっともな話。膝枕するポスターにドキリ。
    いいね

    良い
  • shignak
    映画】ビリーブ 未来への大逆転みてた。◎。女性が弁護士になれなかった時代にジェンダーベースの訴訟を起こした大学教授の物語。独身男性が母の介護で税的控除を受けられなかったことが後半のメイン。前半は群衆の中の孤独なシーンが印象的。
    いいね

    良い
  • sackboy_mac
    『ビリーブ 未来への大逆転』放題がださいシリーズだけど内容は期待を裏切らず傑作。ルース氏は今も現役なんですね。これこそが正義。素晴らしい実話です。旦那さんが当時としては出来すぎていて逆に作り物っぽさがありましたがw
    いいね

    良い
  • movielong
    『ビリーブ 未来への大逆転』◎◎
    いいね

    普通
  • ponchansss
    『ビリーブ 未来への大逆転』今は随分と女性が活躍できるようになってきたけど、それにはこういう人たちがいたからだと知る。男とか女とか人種とかじゃなくて、頑張りたい人が頑張れる世の中になってほしい。それにしても旦那さん素晴らしい。
    いいね

    良い
  • trustpine
    ビリーブ 未来への大逆転、観ました。70年代、男女差別の訴訟を最高裁に持ち込み、歴史を変えることになったというドラマティックな実話を描いた作品です。モデルとなったルース本人は86歳の今もなお、最高裁判事を務めています。フェリシティ・ジョーンズ、アーミー・ハマーがいいですね。
    いいね

    普通
  • frodopyon
    #ビリーブ 未来への大逆転  ♦女性で子持ちでユダヤ人で親は他界し夫は病に倒れ・・・って、大学時代の境遇のハードさに唖然とし、限りなく0%は0%の確率の勝訴に挑む姿に感心する。『時代に合わせ法律を変えていく』という考えの大切さ。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ビリーブ 未来への大逆転』女性であるが故に弁護士になれなかった女性が男性であるが故に差別を受けた男性の為に法廷で戦う物語。てか主人公の旦那が金はあるわイケメンだわイクメンだわ優しいわ料理上手だわでこんなの愛するしか選択肢がないw
    いいね

    良い
  • bamuse47
    『ビリーブ 未来への大逆転』人権大国?アメリカが、不自由だった時代。人種差別の次は男女差別というガラスの天井を打ち破ろうとすりドラマ。未来は女性が握ってるよね。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ビリーブ 未来への大逆転』@ tohoシネマズ日比谷♪それだけ困難な相手なんだけど、攻撃的で少し苦手だった…。法律だけじゃなく人もだけど、間違いを認めさせるよりそれにより困ってる人を助ける視点を持った方が世界が優しくなるのにね。
    いいね

    良い
  • riedon508
    『ビリーブ 未来への大逆転』男女平等について歴史を変えたことは彼女の功績だけれども、それを成し遂げられたのは家族や仲間の助けや協力があったからこそ。あの時代にあんな素晴らしい夫がいたという事の方が奇跡。未だに理解ある男性は少ない。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ビリーブ 未来への大逆転』まだまだ女性差別のあった時代。がんばり屋だし、色々あっても結局は理想的な家族。ガチガチ保守的な法廷シーンでのやりとりは見応えがあるけれど、そんな簡単に変わるの?と思ってしまった物足りなさはなぜでしょう。
    いいね

    普通
  • sitaoka
    『ビリーブ 未来への大逆転』全体的に淡々と話が流れていく演出ではあるが、娘とタクシーを捕まえるシーンや後半の法廷でのシーンは感情を揺さぶられる。(何十年前とはいえ法曹界でさえ、この保守ぶりであったことに驚く)
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『ビリーブ未来への大逆転』ルースギンズバーグといえばレゴ人形になってレゴムービー2にも出演する位の人物なのに今作は15年以上を駆け足で描いてるからラストのカタルシスがなんか不完全燃焼。彼女のキャラに合わせて映画も生硬なのが勿体ない。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...