TOP >作品データベース >セメントの記憶

セメントの記憶

みんなの感想/評価
「セメントの記憶」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    2
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
4
ポジティブ指数100
公開日
2019/3/23
配給
サニーフィルム
上映時間
88分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
中東のパリ、ベイルート。地中海を眺望する超高層ビルの建設現場でシリア人移民・難民労働者たちは静かに働いている。ある男が、出稼ぎ労働者だった父がベイルートから持ち帰った一枚の絵の記憶を回想する。絵には白い砂浜、青い空、そして2本のヤシの木が描かれていた。男が少年の頃初めて見た海の記憶だ。待ち焦がれていた父の帰還に少年ははしゃぐ。顔を撫でてくれた父の手はセメントの味がした。父は少年に語った。“労働者は戦争が国を破壊し尽くすのを待っているんだ”。男は異国で、父への想いを巡らせる――。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • xsizuku
    『セメントの記憶』破壊と建築の物語だが、建築が必ずしも希望を意味しないところが重い。いつの日かシリアに平和が来たとしても、その街を再建するのはどこかから来た難民労働者なのだろうか。テーマは重いが、作品としてはやや退屈だったのが残念。
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【セメントの記憶】 難民労働者たちの陰鬱な生活と、回想として紐解かれるシリア内戦の惨状とがアーティスティックな映像で融合するという…何ともミラクルなドキュメンタリー。解説はほぼなく見事な音響と驚異的な映像優位作品。高層ビル建設現場がまるで解体現場の様にさえ見える不思議。 #映画
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『セメントの記憶』元シリア兵の監督が同胞難民にこびりつく瓦礫と労働の象徴「セメント」を通して戦争への警鐘を鳴らすドキュメンタリー。底の見えない仄暗い穴を覗くような恐怖と神秘性の混在した映像体験。主人公不在、誰のではなく私の記憶となる
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • silvercloud1113
    予告で気になったのは、シリア人の過酷な現状を描いた『セメントの記憶』、プリマドンナを夢見るトランスジェンダー『Girl』主演は女の子かと思ったら、現役の男性バレエダンサー。それから、ゴダールの『イメージの本』、世界に対するゴダール… https://t.co/00G4ZIJOHy
    いいね