TOP >作品データベース >たちあがる女

たちあがる女

みんなの感想/評価
「たちあがる女」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    19
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
684
ポジティブ指数95
公開日
2019/3/9
配給
トランスフォーマー
上映時間
101分
解説/あらすじ
風光明媚なアイスランドの田舎町に住むハットラは、セミプロ合唱団の講師。彼女は周囲に知られざる、もう一つの顔を持っていた。謎の環境活動家“山女”として、密かに地元のアルミニウム工場に対して孤独な闘いを繰り広げていたのだ。そんなある日、彼女の元に予期せぬ知らせが届く。長年の願いだった養子を迎える申請がついに受け入れられたのだ。母親になるという夢の実現のため、ハットラはアルミニウム工場との決着をつけるべく、最終決戦の準備に取り掛かる――。
©2018-Slot Machine-Gulldrengurinn-Solar Media Entertainment-Ukrainian State Film Agency-Köggull Filmworks-Vintage Pictures
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • fleur_eau
    『たちあがる女』ヒロインの不屈の闘志に感服。ユーモラスなお伽噺でBGMを奏でる楽隊が画面に登場しているのは笑った。双子を演じる女優のバイタリティも見どころだが、アイスランドの風景の美しさも印象的。不運な旅行者には同情。(笑)
    いいね

    良い
  • 7nao_nao7
    『たちあがる女』苔。組立式弓(かっこいい)リュックに入れて走る、射る、羊の皮被る。潜る、ひとりゲリラ。劇伴演奏者たちも共に映画内に。その演奏もまたよし。監督の前作『馬々と人間たち』好きな人は必見。苔。ふかふかの、アイスランドの、苔。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『たちあがる女』@恵比寿ガーデンシネマ♪自分は主人公みたいな人に否定的な人間だから眉をひそめがちだったけど、それでも過激でタフな行動に"やべぇ…w"とワクワクした。音楽の演出がすごく面白くて、何かが起こるぞという期待にも胸が高鳴る!
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『たちあがる女』不思議ー。なんで戦っているかよく分からないけれど、信念に一人で立ち向かう女。よく考えればマヌケ的要素たくさんあり、生演奏ありの独特な風潮。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『たちあがる女』中国系企業の進出や労働者が侵入してくることに危機感を覚えたんだろう。やっていること自体は、大胆で単純ながら、結構用意周到だったりまぬけだったりしながらも信念を曲げずやり通すが、かといって覆らないのが現実なんだな
    いいね

    良い
  • Limawano55
    まさに闘う女である。それできて突飛で物語的であり静か。冷静でおかしみもある。あの広大な風景と音楽と、彼女の風貌。現実を見据え解決でもなく渡っていくね。この世にはいとこもどきもいるかも。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『たちあがる女』観てきた。ものすごくよかった。あれだよくおススメ広告のことばにあるけどそんな感想になってしまうけど、勇気をもらえる。興奮した 。 アイスランド映画なのね。アイスランド、フランス、ウクライナ合作
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『たちあがる女』アイスランドの苔むす大地に顔を埋めて匂いをかいでみたくなる。ハットラ女史も包み込むように苔に触れていた。人間の傲慢さに暴力で立ち向かう正義などないけれど、自然や命を繋いでいく意気に燃えている映画で、心がざわついた。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『たちあがる女』抗議行動自体の是非にはその過激さ故に簡単に共感できないが、無関係スケープゴート放り込みユーモラスや、彼女の内面と展開の暗示に結びついた劇伴に関わるユニークな演出に惹きつけられる。片側心情しか描かれない割にラスト納得度高いのは、その設定に一般的に抱くイメージ故かなw
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『たちあがる女』‪鑑賞。環境活動家、合唱講師、養子を迎え母親になりたい女性、その全てが共存するハットラが力強い。彼女の生き方を見守るように、幻想的な楽隊の演奏や合唱が登場して独特の味わいがある。#eiga
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『たちあがる女』アイスランドの寒々しい景色、晴れ渡らない空の下で、男勝りに荒々しい活動を見せるハットラ。人を助け、人に助けられ前進する姿も良いし、ドローンの息の根を止める姿も良い。要所要所で、登場する楽団はもう最高の応援団かな。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『たちあがる女』環境活動家として国家に一人で挑むハットラ。浮世離れした行動規範とユーモアある演出に内包された確かな現実の手触り。人の繋がりに支えられ、大地の温もりに包まれてきたハットラが、他者の手を握り歩む。見守る楽隊が最高に粋だ。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #たちあがる女  ♦アイスランドの田舎町での自然を護る為の"戦争"。自然だけでなくドローンや送電線にも愛をって個人的には思う。スクリーンのどこかに無造作にいる音楽家達が、朴訥とした音楽や美しい合唱で作品を支えているのが楽しい♪
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【たちあがる女】ハットラの生き方を十分に慮れる展開。何といっても画面に広がるツンドラの景観と、寒地荒原を一人駆け巡るワイルドな女性活動家の過激な行為が堪らない魅力。劇伴奏でる楽隊奏者に登場人物達を見守らせる演出も作品のユーモラスなテイストに一役買っている。見事な快作。 #映画
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『たちあがる女』「馬々と人間たち」のベネディクト・エルリングソン監督最新作のヒロイン・ハットラは、ミゲル・デ・セルバンテスの小説の主人公ドン・キホーテを彷彿させる。彼女が立ち向かう相手は巨大だが、その凛とした姿に清々しさを覚えます。
    いいね

    良い
  • garancear
    『たちあがる女』映るものがvery アイスランドなのがたまらない。映画としてはすごくユニーク。音楽は最高に面白い。主人公のポリシーと行動は環境問題がどうとかいう枠を超えているが、彼女の戦いが過激すぎて清々しいし笑えてくる。年間ベストに残りそう。 #映画
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『たちあがる女』美しいアイスランドの田舎町に工場が乱立し温暖化が進んだら、子供たちの未来はどうなるのか?何とかしなきゃと立ち上がったハットラに共感した!これはアイスランドだけでなく世界で起きている問題で、日本も例外ではないと思った
    いいね

    良い
  • Yu_Luck
    『たちあがる女』。英題はWOMAN AT WAR。環境のため国家に一人立ち向かう女性の姿を、ユーモアと独創的な表現を交え描く。人類の行く末を暗示するかのようなラストが深く心に残る。 #たちあがる女 @fansvoicejp
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『たちあがる女』女性一人で国家へ立ち向かう。合唱団講師の顔とは裏腹に過激な環境活動家。アイスランドの自然は豊か。彼女に養子がくる事になって変わるのかなあって思ったが。ここまでやるかの闘う女。笑いや皮肉もちょっぴり。個性的映画!
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • TamakinTheCat
    映画「たちあがる女」観了。意識高い系を拗らせたエコテロ年増にこんなにも魅了されてしまうなんて!闘志をむき出しにする女の生き様がとっても愛おしい。苔生すアイスランドを舞台に、劇伴も天使のような存在で浮遊感ある可笑しみを生む。彼女の性根にあるシンプルな優しさに触れるラストにじんわり。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...