TOP >作品データベース >サンセット

サンセット

みんなの感想/評価
「サンセット」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
60%
  • 良い
    40
  • 普通
    18
  • 残念
    7
総ツイート数
138
ポジティブ指数85
公開日
2019/3/15
原題
Napszállta
配給
ファインフィルムズ
上映時間
142分
解説/あらすじ
1913年、オーストリア=ハンガリー帝国が栄華を極めた時代。イリスは、ヨーロッパの中心、ブダペストのレイター帽子店で働くことを夢見てやってくる。そこは、彼女が2歳の時に亡くなった両親が遺した高級帽子店だ。だが今のオーナーであるブリルは、突然現れた彼女を歓迎することはなく追い返してしまう。オーストリア皇太子も訪れるような華やかで憧れの場所に見えた帽子店。しかし、そこには大きな闇が隠されていた。裏ではウィーンの王侯貴族に店の女性を捧げているという。またイリスには兄がいたことを初めて知るが、兄カルマンは伯爵殺しという大きな事件を起こしていた。彼女は失踪している兄を必死に探し始めるが、辿り着けない。やがて兄とその仲間たちによる貴族への暴動が起こり、イリスもまた第一次世界大戦前に激動するヨーロッパの渦に巻き込まれていく――。果たして、彼女は兄と巡り逢うことができるのか? そして高級帽子店が行きつく運命は? 本作はヴェネチア国際映画祭でプレミア上映され、国際批評家連盟賞を受賞。第91回アカデミー賞外国語映画賞ハンガリー代表に選出された。
© Laokoon Filmgroup – Playtime Production 2018
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • supaemon
    『サンセット』上映時間が長く、鑑賞ストレスの高い作品だと感じました。 何が起こって今どういう状況なのかがよくわからないまま、時間だけが過ぎて行き結論は出ないまま上映終了を迎えます。上映中はかなりたいくつでした。
    いいね

    残念
  • humansystem
    知れば知るほど謎 暗闇が広がる。主人公の行動に共感出来かねたが、安易に正解を求める現在、幻想と現実と考えていくと深く、後を引く重い作品。 長回しのフィルム映像表現、音響のこだわりも。笑わない主人公に日の出があることを祈りたい。
    いいね

    普通
  • noroomleftark
    『サンセット』試写。五里霧中。一寸先は闇。視聴する毎におよそ100年前の世界に同化していく感覚。一秒ごとに苦悩の皺が顔に映ってゆく。やつれ。救いのない苦しみ。出口のない迷路。ピースの合わないパズルをあえて創る。美と闇の陰陽が渦巻く。
    いいね

    良い
  • mj8cspice
    『サンセット』探れば探るほど、闇が深くなっていく。主人公と一緒に迷宮を歩いて、この時代の空気を味わった。ドレスと帽子が素敵。
    いいね

    良い
  • sachikorone
    『サンセット』斬新なミステリー!家族を探し混沌の時代を歩きまわる主人公、知ろうとすれば近づこうとすればするほど深まる謎に観る側も共にのみこまれていく。明快な答えの出るミステリーとは一線を画し謎そのものを抽象的見事に見せつけてくる傑作
    いいね

    良い
  • syoupchan
    試写にて鑑賞。自分に兄がいた事を知った主人公が兄を探す、という話の本筋はいたってシンプルなのに、よくぞここまでミステリアスにサスペンス風に仕上げたと… 不明瞭な展開で未消化ではあるが、この時代の耽美的な雰囲気は楽しめた。
    いいね

    普通
  • Yu_Luck
    『サンセット』。『サウルの息子』と同じ主観に近い映像表現を用い、情報を限定あるいは過剰にすることより、観客を混沌とした世界に巻込んでいく。主人公イリスの時に不可解な行動と共に我々は、光と闇、美と恐怖、情報と矛盾との間で揺らぎ続ける。
    いいね

    良い
  • tinymartinfree
    『サンセット』 帰る所も頼る人もいない孤独な帽子職人が、唯一の血縁者を探すため奔走すると、帽子店や世間に渦巻く欲に直面していく…。全登場人物が(お願いだからもう幸せになってくれよ…)と思ってたに違いない、私も。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『サンセット』#movie チラシみて、ちょっとふけた #エマワトソン というか本人の出演作だと思っていた。別人だったけど、やっぱり似てるなと思うショットがあった。映画は難解ホークス(^^)/好きに解釈すれば良いと思う。
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『サンセット』レイター帽子店30周年記念イベントは、一体何日間に亘って開催されたのかもわからないのですが、時間を追うごとに彼女の立場は変化し、彼女自体戦闘モード!彼女の真っすぐな瞳、お兄さんを引き継いだのか、その後の夢を見そうです☆
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『サンセット』1913年のブタペスト。華やかで埃と雑踏にまみれた街。ヒロインが終始、笑顔なく鋭い目つき。鑑賞しながら彼女に導かれるやうにミステリーの世界へと誘われる。細かい説明はなくカメラは彼女の行く先へと。142分があっというま!
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #サンセット  ♠一応、ミステリー形式ながら何も判明しない?という超不親切展開。だいたい1913年設定だったらシシィもルドルフも亡霊だよね!? っつーことはあの部分はイリスの妄想? 全ての謎を置き去りにして陽は沈み、夜が訪れるー
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    『サンセット』混沌とした時代背景、夢を抱いてかつて住んでいた高級帽子店の扉を叩いたはずが、お店&家族の闇に踏み込んでしまい後戻りできず。。。演出の妙で主人公の無謀さをただただ見守り、ハッとしたのは彼女に敬愛するカラヤンの面影を見た時
    いいね

    良い
  • WsFw7
    『サンセット』芸風がサウルの息子と丸々同じ過ぎて参った。主人公のイリスの両親は謀略に巻き込まれたのかみずから命を絶ったのか現在の主人はイリスをモノにしたいのか担ぎ上げて利用したいのかイリスの兄はいたのかいないのか全てわからない。
    いいね

    残念
  • tokyomerosu
    『サンセット』試写にて。久々に難解な映画に苦しむ。上映後大寺眞輔先生の解説がなければ理解できなかった。欧州なセット美術衣装に見応えあり、カメラの長回しや背景のボケ強調は技術好きにはたまらない。自分の中の安い万能感を捨ててくれる良作。
    いいね

    良い
  • cooper_cat
    『サンセット』試写会。監督らしい焦点のカメラワークと長回し。会話や音の出所のこだわり。多言語混在。主人公の行動の意味不明さに不快になるも、半分辺りで「これはもしかして?」と気が付くとそこからは気味悪さが面白くなった。これは凄いな。
    いいね

    良い
  • harukamirai
    『サンセット』試写会にて。美術とか衣装がすっげえのに全体に暗いシーンが多くて、あ、そこもう少し見たい! ってなる。割と難解だった。映画館よりリラックスできる環境で少しづつ味わいながら見るのに向いてるかもしれない。
    いいね

    良い
  • magenta_wing
    本日の試写会『サンセット』。……はて、どういうことか? と思いながら観ていたが、終映後の解説によるとそれで良いとのこと。何が真実で、何が虚構なのか。作品の解釈は観た人の数だけある、と思うとそれもまた楽しい。そして舞台が(→)
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『サンセット』思考回路がフル回転!でも分からない。トークショーでこの混乱の時代を描きたかったので、分からなくて良いんだって。 ということで、頭の中は混乱のまま終わりました。
    いいね

    良い
  • PUJ920219
    主人公の視界を憑依させるカメラ視点に、遠近感や焦点深度のボカしなど独特の撮影手法が際立つ。何やら怪しげな人物が近づいては次々と不可解な言葉を投げかけ、観客に終始「なぜ?の嵐」を突き付ける。「今の映画は全てを説明しすぎ」という監督が語るように、解釈は観客に委ねられるのだ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...