TOP >作品データベース >サンセット

サンセット

みんなの感想/評価
「サンセット」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
60%
  • 良い
    42
  • 普通
    19
  • 残念
    9
総ツイート数
173
ポジティブ指数83
公開日
2019/3/15
原題
Napszállta
配給
ファインフィルムズ
上映時間
142分
解説/あらすじ
1913年、オーストリア=ハンガリー帝国が栄華を極めた時代。イリスは、ヨーロッパの中心、ブダペストのレイター帽子店で働くことを夢見てやってくる。そこは、彼女が2歳の時に亡くなった両親が遺した高級帽子店だ。だが今のオーナーであるブリルは、突然現れた彼女を歓迎することはなく追い返してしまう。オーストリア皇太子も訪れるような華やかで憧れの場所に見えた帽子店。しかし、そこには大きな闇が隠されていた。裏ではウィーンの王侯貴族に店の女性を捧げているという。またイリスには兄がいたことを初めて知るが、兄カルマンは伯爵殺しという大きな事件を起こしていた。彼女は失踪している兄を必死に探し始めるが、辿り着けない。やがて兄とその仲間たちによる貴族への暴動が起こり、イリスもまた第一次世界大戦前に激動するヨーロッパの渦に巻き込まれていく――。果たして、彼女は兄と巡り逢うことができるのか? そして高級帽子店が行きつく運命は? 本作はヴェネチア国際映画祭でプレミア上映され、国際批評家連盟賞を受賞。第91回アカデミー賞外国語映画賞ハンガリー代表に選出された。
© Laokoon Filmgroup – Playtime Production 2018
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kmrks
    『サンセット』 今時点で今年のワースト。長尺なだけ辛さが増す。 #eiga
    いいね

    残念
  • kmrks
    『サンセット』(Napszállta)鑑賞。050 暗い色調、口を一文字に結び表情に乏しく不健康そうな主人公。全く見所なしの2時間。意味を問う前に絵的な美しさが欲しい。映画館で観ているのに画面が見えない暗さ。 #eiga
    いいね

    残念
  • supaemon
    『サンセット』この映画の鑑賞にあたって、20世紀初頭のブダペストの社会状況を理解していることが必須ですが、理解していたとしても完全な解は得られません。 主人公イリスともやもやした感覚を共有したい人以外はオススメできません。
    いいね

    残念
  • supaemon
    『サンセット』「なぜ?」と思うことに一切「こうだから」としめしてくれません。 監督によると「主人公と同じ目線や感覚ですごして欲しい」らしく、あえて「解」は盛り込まないようにしたそうです。鑑賞中はずっとモヤモヤしたままです。
    いいね

    残念
  • supaemon
    『サンセット』上映時間が長く、鑑賞ストレスの高い作品だと感じました。 何が起こって今どういう状況なのかがよくわからないまま、時間だけが過ぎて行き結論は出ないまま上映終了を迎えます。上映中はかなりたいくつでした。
    いいね

    残念
  • WsFw7
    『サンセット』芸風がサウルの息子と丸々同じ過ぎて参った。主人公のイリスの両親は謀略に巻き込まれたのかみずから命を絶ったのか現在の主人はイリスをモノにしたいのか担ぎ上げて利用したいのかイリスの兄はいたのかいないのか全てわからない。
    いいね

    残念
  • yousan330
    『サンセット』 これはいただけないや。分からなさすぎ... #eiga
    いいね

    残念
  • mooovie
    #サンセット』を試写会鑑賞。難解で息苦しさを感じてしまい、見れば見る程分からなくなる。迷路に迷い込んでしまう感覚だ。監督は意図的にこの時代の混乱を描いており、ブルジョワの象徴としての帽子店、繁栄の闇、その後の第一次世界大戦。世界は混乱に満ちているし、全て分かる訳じゃない。
    いいね

    残念
  • KotaroManabe
    『サンセット』 映像も凄いし、この手の作品にこんな音響こだわる意味があるのか!?と思う程に立体的な音響効果。 プロダクションレベルでは非の打ち所のない仕上がりなんだけど、 肝心なストーリーが全く意味不明。
    いいね

    残念
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • NShi
    エニェディ・イルディコー「私の20世紀」 爆弾を持ってうろついているところとかは、ネメシュ・ラースロー「サンセット」を思い出して、前世紀末を引きずった一次大戦前夜のハンガリーの空気を想像させられた。一方で白熱電球発明のエピソードや古い映画の引用等に、ゴダールやレオス・カラックス
    いいね
  • anko_oanko
    映画『サンセット』公式サイト 知らなかった...気になる...!! https://t.co/3aewTtaQTh
    いいね
  • lupipipipanda
    映画『サンセット』 感想をブログに公開しましたhttps://t.co/YnOeB9YJQb 謎が謎を呼ぶ、想定外の展開が魅力の作品。 ブダペストという街の没落を、時代の没落と重ね それを表す為に、 まるでゲームの「TPS」の様な… https://t.co/echbJmYZBk
    いいね
  • kazh9
    「サンセット」を観た。これはどういう映画だろう。特異な演出で名を挙げた監督が、全く別の題材で全く同じ演出をするとは。二つの作品で逆の効果を上げているように僕には見えた。一方はアクチュアルに、迫真的に。一方は目くらましのように。この「サンセット」は、必ずしもリアリズムの映画では―
    いいね
  • sinsyacibet
    映画『サンセット』 https://t.co/GEFdNdAeav 1913年、舞台はオーストリア=ハンガリー帝国のブダペスト。
    いいね
  • ohmamex
    映画レビューを投稿しました。 「サンセット」 - 歴史から切り開くハンガリーの現代映画アート。 https://t.co/eP2mcLL6Va #KINENOTE #キネマ旬報 #映画
    いいね
  • ymmk_6
    ハンガリー語がきけるから、気になる。 映画『サンセット』公式サイト 3.15(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか公開 https://t.co/DzcRCQ01sX
    いいね
  • m_o_v_i_e_
    「サンセット」プロット自体は単純なんですが、観客に委ねる手法と表現方法で不親切且つ難解な映画に位置づけされますね。 物語の大筋と触りだけの解説ですが、ありがとうございます(*´ω`*) https://t.co/8TaqoytBDE
    いいね
  • yawashi_megumu
    出町座で『サンセット』ついに3回目。今夜も1913年のブダペストに舞い戻る。パンフレットのネメシュ・ラースロー監督の文章、拡大して家の壁に貼っておきたいくらい好き。観客を信じてくれてありがとう。この映画、私は本当に大好きだよ。 https://t.co/Qv2dWPhus5
    いいね
  • wakky55
    笑いさざめく声や歓声は聞こえる。周囲の喧騒の中に笑顔もあった。それでも主人公は笑わない。耳を凝らし目を凝らして問い掛ける。けれど。はっきりとした答えはなく、判然としないまま辿り着いた先が何だったのか。や、面白い映画だった。>『サンセット』
    いいね
  • picolin1
    今年は本当に非英語圏の映画が来ていないような気がする。『サンセット』もある時点まで公開が決まっていたのに流れてしまったし
    いいね