TOP >作品データベース >アメリカン・アニマルズ

アメリカン・アニマルズ

みんなの感想/評価
「アメリカン・アニマルズ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
78%
  • 良い
    89
  • 普通
    19
  • 残念
    3
総ツイート数
2,616
ポジティブ指数87
公開日
2019/5/17
原題
American Animals
配給
ファントム・フィルム
上映時間
116分
解説/あらすじ
アメリカ・ケンタッキー州で退屈な大学生活を送るウォーレンとスペンサーは、自分が周りの人間と何一つ変わらない普通の大人になりかけていることを感じていた。そんなある日、2人は大学図書館に時価1200万ドルの超える画集「アメリカの鳥類」が保管されていることを知る。「その本が手に入れば、莫大な金で俺たちの人生は最高になる」そう確信したウォーレンとスペンサーは、大学の友人エリックとチャズに声をかける。『スナッチ』『レザボア・ドッグス』『オーシャンズ11』などの犯罪映画を参考に作戦を練ることにした4人は、特殊メイクで老人に扮し図書館に乗り込む計画を立てる。来たる決行日、老人の姿に変装した4人は図書館へと足を踏み入れる――。
© AI Film LLC/Channel Four Television Corporation/American Animal Pictures Limited 2018
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • akafundosi
    『アメリカン・アニマルズ』@ 塚口サンサン劇場観…ロッテン高評価…実話を元…ではない「実話」との事。俳優演技と実在を交互に映すんだが大方を実在に任せてしまってる風で…「何故?」がただの「馬鹿騒ぎ」?後半の焦る部は良かったのだが展開がまだろっこしく何時面ろくなるのかと…終わった…
    いいね

    残念
  • kizkiz
    『アメリカン・アニマルズ』 実話の人間のインタビューを入れるバランスが絶妙。 このインタビューが最後で構造的にしっかり意味を持つのが素晴らしい。 ずっと見てきたことはなんだったのか? 現実にメスを入れるのはドキュメンタリーのチカラだな。
    いいね

    良い
  • kizkiz
    『アメリカン・アニマルズ』 ドキュメンタリー要素を足した構造の面白さ。 単純な物語の面白さ。 考えさせられる内容。 演技の素晴らしさ。 見事の音楽と映像。 いやー、大当たりでした~。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【アメリカン・アニマルズ】独創的な演出(本人たちが良い)、恐ろしくリアルな描写に息を呑みました。若気の至りというか、大小の違いはあっても似たような経験を思い返して嫌な気分になるし、実際自分がここに居たら…と考えるとこれ以上ない怖さ。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    『アメリカン・アニマルズ』恵まれた環境にありながら若者特有の閉塞感や歪んだ好奇心に駆られ犯罪に手を染めた実在する4人のエリート大学生達。あまりに幼稚な行動で笑ってしまう場面も多いが時代が生んだ衝動のエネルギーをかんじさせる映画。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『アメリカン・アニマルズ』再現ドラマに挿入される当人たちが独特の趣向をみせる。手口が杜撰すぎてずっこけるが、こうした安易な行動をとる若者こそアメリカン・アニマルなんだという皮肉なのか。だが、それは米国に限った話ではないだろう。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『アメリカン・アニマルズ』トリックアートを見ているかのような。これは〝物語〟ではなく〝真実〟なのだと言ってるけれど、〝事実〟かどうかは分からない。滑稽なんだけど、笑っていいのやら。世の中はこういうフツーの人達でできてるのさ。たぶん。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『アメリカン・アニマルズ』二度目の鑑賞。安易な犯罪と実質的首謀者にのせられて人生を狂わされた男達。お粗末すぎる無計画に等しい犯罪を実感した。でも彼らも彼らの家族もこれで終わりでない事を映画は物語る。悪い友達ならいない方がね。
    いいね

    良い
  • yuezhuangyuan
    『アメリカン・アニマルズ』#movie #eiga 大学生たちが起こした稀覯本強奪事件を、本人の回想をまじえて描く。彼らはビックになりたい妄想を実行する。果たして若者の想像力とオッチャンの過去の美化とどっちがでかいのか?
    いいね

    良い
  • damb_hy8
    『アメリカン・アニマルズ』誰でも一度は頭の中で夢想したことがあると思うことを本当に実行してしまった若者の映画で、普通に作っていたらここまでのものにはならなかったのでは。ドキュメンタリー出身の監督ならではの発想や演出が光る作品でした。
    いいね

    良い
  • tatsunosuke246
    『アメリカン・アニマルズ』感想。12億の価値がある本の強奪を企てた若者達を描いた実話モノ。犯罪についてもそれなりの器量がないと自分のしでかしたことに押し潰されてしまう、という描写は新鮮。ただ、4人の切迫感のない動機は幼稚過ぎるし、犯罪計画がずさん過ぎてその辺は乗れなかった
    いいね

    普通
  • misoco00
    『アメリカン・アニマルズ』ちょっとテンポが悪くて最初のほう居眠りしてしまった🙄個人的にはご本人のインタビューみたいのちょいちょい挟むのいらないと思った。バリーコーガン君はさすがの存在感だった。
    いいね

    普通
  • faaaaraway
    『アメリカン・アニマルズ』★★★★☆確かに真実の話だ。こんだけグダグダのケーパーものは見た事ない。不謹慎だが笑いが止まらなかった。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『アメリカン・アニマルズ』2004年に大学生4人が起こしたビンテージ本強奪事件を、実行犯本人も登場するリアル・モキュメンタリータッチで描いた本作は、彼らがモラトリアムを脱しようとして犯した罪と罰をユーモアを交えながら浮き彫りにする。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『アメリカン・アニマルズ』コメディタッチなのかなと勝手に思っていたら、違ってた。男性ウケする作品かな。
    いいね

    普通
  • MioCastello
    『アメリカン・アニマルズ』今年ベスト。「レザボアドッグス」や「オーシャンズ11」が好きで、伊坂幸太郎の「オーデュポンの祈り」を読んだ事があるなら当然の反応かも。4人が誰も死なないのも悪くない(獄中で慰み者にはされただろうが...)
    いいね

    良い
  • MioCastello
    『アメリカン・アニマルズ』何者にもなれない焦燥感が引起こす若者たちの暴走。彼らの気持ちが痛いほど分かるだけに他人事ではない。彼らがアニマルズに落ちぶれたのは偶々かそれとも必然か?少なくとも葉っぱの吸い過ぎだけでない何かがある筈だ。
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    真実が揺れる本人達のインタビュー。バイヤーのマフラーの色は二転三転、色の着地は訓戒する被害者(事実)の司書BJの色と一致する。図書館への車窓で垣間見た静観するスペンサー本人に絵空事の虚しさと後悔が今も過る。『アメリカン・アニマルズ』
    いいね

    良い
  • iChiCo_7
    『アメリカン・アニマルズ』1200万ドルの希少な本を盗もうとした学生たちの話 本線ストーリーの合間に犯人本人たちが当時を語るの、めちゃくちゃ凝った再現ビデオみたい!って思いました 映像めっちゃお洒落
    いいね

    普通
  • koring95
    3人にとっては、ウォーレンはものすごく魅力的な存在だったんだろうな、そこがなかなか興味深い
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...