WALKING MAN

みんなの感想/評価
「WALKING MAN」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
88%
  • 良い
    14
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
100
ポジティブ指数100
公開日
2019/10/11
配給
エイベックス・ピクチャーズ
解説/あらすじ
極貧の母子家庭で育ち、幼い頃から吃音症でコミュ障、さらに事故で重症の母親を抱え、思春期の妹を放っておけない気弱で心優しき不用品回収業のアルバイトで生計を立てる青年。そんな青年がRAP音楽と出会い、最底辺の生活から抜け出すべくバカにされながらも、奮闘し成長を遂げていく鮮烈な青春物語――。
©2019 映画「WALKING MAN」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • eliminator250v
    『WALKING MAN』出自は選べないのに理不尽な「貧困は自己責任」論を振りかざされ夢を諦めたり見つけられず肩を落としている10代20代のコたちに観て欲しい真っ当な作品。タイトルは偶然手にしたウォークマンと歩みを止めるなて意味かな
    いいね

    良い
  • olddog_tt
    『WALKING MAN』異業種監督とは思えない程にツボを抑えた演出/映像/物語展開。ウェルメイドな映画特有の陥穽まで取り込んでいる。これ裏に誰かいるだろ
    いいね

    良い
  • yuyu2000_0908
    『WALKING MAN』 この映画が本当に必要な人にこの映画は届かないんだということに、強烈に絶望しました。みんなに見てほしい。野村周平の追い詰められても優しい姿、強くなっていく姿に、励まされる人が必ず沢山いる。今年一番の良作!
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『WALKING MAN』極貧で吃音症の若者のド底辺からのラップ音楽での成り上がり青春譚。社会的弱者への世間の厳しい声を搔き消す魂のリリックと弱者同士の温かな連帯に、監督のラッパーANARCHYの想いを感じる。日本語だとやはり刺さる
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『WALKING MAN』 川崎ディープサウスを舞台に、貧困に喘ぐ若者が日本語ラップの世界に希望を見出していく話。何かと自己責任を問う昨今の世相に対する怒りが伝わってくる。作品のロケ地にもなってるチネチッタでの鑑賞で感慨も一入。
    いいね

    良い
  • LhHp2
    『WALKING MAN』極貧生活、吃音症の青年がラップに出会い自己表現を身につける。アトムの成長の過程が、仕草や表情の変化で繊細に表現される。最後のラップシーンでは涙が止まらない。日本社会の現実、、大人にも観てほしい作品。
    いいね

    良い
  • SHIGEHISA2
    『WALKING MAN』終始涙、感動した。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『WALKING MAN』野村周平の役がもっと荒れているのかと思ったら、凄く真面目。ラストのラップはグッとくる。
    いいね

    普通
  • yukigame
    アメブロを更新しました。『「WALKING MAN ウォーキングマン」初監督作品とは思えないほど感動してしまいました。ラップと野村さんの魅力が引出されて素晴らしいです。』 https://t.co/uBGngqGMOR?amp=1
    いいね

    良い
  • wasei_koba
    『WALKING MAN』うまくしゃべれない若者が 貧乏に負けずにラッパーを目指す。 本当にラッパになれるか? 日々の生活にいろいろ困難が立ちふさがる 野村君の好演が目立ちます。 園監督も絶賛でした。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『WALKING MAN』ラグビーW杯、東京オリンピック&パラリンピック開催の話題ばかりが取り沙汰されている昨今、その華やかさの陰で本作に登場するような貧困に喘ぐ人々がいる。その苦しさをラップで跳ね返そうとする主人公に共感を覚える。
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『WALKING MAN』ラッパーの撮るラップ映画としてラップ知識皆無ながら鑑賞しましたが、アマチュアとは思えないほどしっかりした青春映画でしたね。川崎の治安が悪すぎるけどまああんな感じだった気がしなくもない。野村周平のラップは必聴
    いいね

    普通
  • tomomori34
    『WALKING MAN』母子家庭、亡父の借金、保険証切れ母の事故。底辺におちた主人公は吃り。日本は景気がいいと言われる中で彼のような人物は現実に存在。それは自己責任ではない。下なら上がるしかないね!彼の魂こめたラップは圧巻!
    いいね

    良い
  • fullswing_mizu
    『WALKING MAN』川崎が舞台の音楽&青春映画。ラストのアトムが歌う魂の言葉に感動。辛い状況だからこそ夢を持つことと音楽の力を再確認。トークショーで渡辺真起子さんが女性初のラッパーということを知り場内にどよめきがありました。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『WALKING MAN』#movie 川崎はコンプトンではないが差別があるのは同じ。カウンターでリズム取りながら段々さまになっていくのは面白い。最後のラップはなかなか良かった😄
    いいね

    良い
  • hunnwarigohann
    『WALKING MAN』#素晴らしいですね。ヒップホップのシーンが少なく残念でしたが、貧しい母子家庭の現状がピックアップされ、懸命に生きる姿にとても感動しました。純粋に心に響くすばらしい作品と思います。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • kyamokyamo
    #WALKINGMAN』ANARCHY監督&脚本の梶原阿貴さんのトークに、ふたつお隣で鑑賞の渡辺真起子さん飛び入り❣ 手堅く脇を固めたひとりですが、気の良い謎のキャラが一番ウケた彼女に まんまと握手をしてもらい、実は日本初の女性… https://t.co/QizfIVW5FR
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #WALKINGMAN』マイナスだらけの若者がラップと出会い一歩踏み出す物語は、カリスマラッパーANARCHYの体験と想いが詰め込まれ、彼もまた初メガホンで新たな一歩を踏み出して見せてくれた記念すべき作品☺ 顔が良いから❓選ばれ… https://t.co/gKkLlnjCmk
    いいね

    良い
  • asapu918
    『WALKING MAN』試写。ラッパーのANARCHYが初監督、野村周平主演のドラマ。吃音持ちで極貧家庭。かなりのどん底状態だが、悔しさをラップに乗せ、逆境を乗り越えていく主人公の内面がスリリングに描かれている。ラストに向かって… https://t.co/iG9wEyRbFi
    いいね

    良い
  • rancho1985
    『WALKING MAN』観てきた。物語に粗が目立つし演出も雑なところが多い映画だけど、作り手の熱みたいなのがハッキリ伝わってきてグッときました。特にラストのライブシーンは素晴らしい。やっぱりラップムービーはいいっすね。観て良かったです。
    いいね
    もっと見る Loading...