TOP >作品データベース >永遠の門 ゴッホの見た未来

永遠の門 ゴッホの見た未来

みんなの感想/評価
「永遠の門 ゴッホの見た未来」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
77%
  • 良い
    21
  • 普通
    7
  • 残念
    1
総ツイート数
347
ポジティブ指数94
公開日
2019/11/8
原題
At Eternity’s Gate
配給
ギャガ、松竹
上映時間
111分
解説/あらすじ
幼いころから精神に病を抱え、まともな人間関係が築けず、常に孤独だったフィンセント・ファン・ゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。あまりに偉大な名画を残した天才は、その人生に何をみていたのか――。
© Walk Home Productions LLC 2018
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • toomilog
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』 ウィレム・デフォーがゴッホの自画像そのもので驚きます 映像がとても綺麗で、アルルへ移り住んでからの自然が素晴らしい 【感想】https://toomilog.com/gaga_gogh
    いいね

    良い
  • kitto2010
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』素晴らしい絵画は死んでから評価されるなんて悲しい ゴッホを理解する人が少なかったのが悲しい
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』② だって、これでもかってぐらいのアップなんだもんwゴーギャンとの出会い、弟テオとの関係など、去年もゴッホの作品観たけど、また違った角度?角度は同じか?また新たな切り口、視点で観られると思う。
    いいね

    普通
  • birdmtbird
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』①試写会にて。一面、黄色…映像は美しく、ウィレムデフォーのなりきり迫真の演技も素晴らしい。絵に対する真摯さ、真面目さや、繊細がゆえに精神を病んでいく姿、芸術家の苦悩をスクリーンいっぱいに堪能できる。
    いいね

    普通
  • Toyono2010
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』ゴッホの自画像まんまのウィレムデフォーに驚き!芸術家らしい何かに取り憑かれたようなオーラとその演技に鳥肌が立ちました。ゴッホが見たであろう美しい風景とピアノ曲が印象的。
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #永遠の門 ゴッホの見た未来』デフォーの碧い瞳に映る野山が切ないほど美しい☆クセのある偏った人物のイメージを覆すピュアで繊細な寂しがり屋さん、まるで子供のように弟に甘え、アレがゴーギャンを繋ぎとめるための手段だったことに驚きです。
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    ゴッホの見た未来で一番ヤバイのは、ゴッホの心境がそのままカメラワークに繋がるので、頻繁に手ブレやダイナミックすぎる動きが起きて映像酔いをするってこと。おかしい…俺は美術映画を観ていた筈なのに……POV映画観てる時より酔ったぞ……
    いいね

    普通
  • 28kawashima
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』ゴッホの見た世界をそのまま体感するは伊達ではなく、画面下半分が定期的にボヤけ、明らかにこの人たちそんなこと言ってないでしょ?!ってような幻聴が鳴り響くヤベェー映画でした。狂人の視点を体感できる映画。怖い
    いいね

    普通
  • ma24ta
    #映画 『永遠の門 ゴッホの見た未来』。ジャパン・プレミア。知っているようで知らなかった物語。客観ではなく主観に近く。カメラアングル、動かし方、すごい撮り方。デフォーも自身でペイント。80日で70作品以上描いたゴッホはすごい。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • TamakinTheCat
    映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」観了。ウィレム・デフォーが演ずるゴッホを愛でるに尽きる。リアルな実像というより、ゴッホへ想いを寄せるような趣き。絵画を通じて精神の結実を辿るものでない故に高揚感は弱い。でも空回り人生から、神に愛され永遠を得ていく様子が感じられて、余韻も心地良い。
    いいね

    普通
  • croaton0
    【永遠の門 ゴッホの見た未来】 「自然」と「人間」の狭間で揺れ動くゴッホを特徴あるカメラワークと絵画のような色彩で描写。自然に美を見出ださんとすその姿と純さにシンパシーを抱かせることで自然に抱かれる穏やかな姿と自身の“世界”が理解… https://t.co/6EgPGjsjhy
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #永遠の門 ゴッホの見た未来』大きなスクリーンいっぱいに拡がるこの光景は心に響く映像体験でした✨ まさかあんなカタチで最期の個展が開かれたことも初めて知りましたが、病んだ晩年 マッツ神父に静かに語る描き続ける意味、彼が悟った境地… https://t.co/JLoHmEolsu
    いいね

    良い
  • asapu918
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』試写。30代のゴッホに60代のウィレム・デフォーが扮しているが、イメージ通りで違和感がない。精神を病んだ晩年ながら意外にも冷静な人物像で、過激さはない。ドラマというより詩に近いかも。下半分がボヤけた映… https://t.co/pE9DksRfBf
    いいね

    良い
  • peco_02_peco
    映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』 不遇の人生だった。唯一の理解者のテオとは、生きる土地が違うから、スープが冷める。 沢山の理解者と、絵を買ってくれるお客さんがいれば良かったのに。せめて、静かに見守るご近所さんがいれば。ひとえに、時代を間違えた。 私は争うゴッホに、心を打たれた。
    いいね
  • maistoffelees
    映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」鑑賞。ゴッホの物語は辛いと分かっているので見るのをためらうが、美しさと純粋さに触れたくて見ざるを得ない。今作のゴッホは格別に愛しくて切なくて、悲しくつらかった。だけどゴッホが見ていた美しい世界を少しでも見せてもらえたと思う。
    いいね
  • mountain99
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』観たんだが、詩的アート映画だった。37歳で死んだ彼をデフォーがやる時点でただのゴッホ伝記だと思ったら大間違い。執拗なまでに風にそよぐ草木、執拗なまでに、時にはその部位にまでクロースアップする人物の顔。まるでゴッホの夢に入り込んだような錯覚を起こす秀作
    いいね
  • harmonious6919
    映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』。ゴッホとゴーギャンの出会いからゴッホの最期までを描いた作品。まさに絵から出てきたような主演の方演じるゴッホの、純粋に絵や人生と向き合う姿に惹き込まれました。ただ絵を描くシーンなど絵面が退屈なシーンが多かったので前知識なしだとあまり楽しめなさそう
    いいね
  • ryutaro76
    映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』ゴッホが憑依したかと思うくらいウィレム・デフォーの存在が凄まじかった。演じるという領域を遥かに超えてて圧倒された。雄大な自然の中のゴッホと同じ風を感じる手ブレ感も効果的。大画面がゴッホの黄色で埋め尽くされ劇場空間が黄金色に染まったのは素敵だった。
    いいね
  • lapb0126
    映画『永遠の門 ゴッホの見た未来』観てきました🌻 ゴッホから見た世界っていうのが斬新。 マッツの神父も美しかった。
    いいね
  • yukihafuritumu
    映画「永遠の門 ゴッホの見た未来」。最後にグッときます。パンフも途中だけどいいです。この映画ももう一回観そうだなぁ。
    いいね
    もっと見る Loading...