TOP >作品データベース >永遠の門 ゴッホの見た未来

永遠の門 ゴッホの見た未来

みんなの感想/評価
「永遠の門 ゴッホの見た未来」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
67%
  • 良い
    37
  • 普通
    13
  • 残念
    5
総ツイート数
477
ポジティブ指数87
公開日
2019/11/8
原題
At Eternity’s Gate
配給
ギャガ、松竹
上映時間
111分
解説/あらすじ
幼いころから精神に病を抱え、まともな人間関係が築けず、常に孤独だったフィンセント・ファン・ゴッホ。才能を認め合ったゴーギャンとの共同生活も、ゴッホの衝撃的な事件で幕を閉じることに。あまりに偉大な名画を残した天才は、その人生に何をみていたのか――。
© Walk Home Productions LLC 2018
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • la_la_sara_
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』デフォーさん登壇のジャパンプレミアで鑑賞。映像美が素晴らしくゴッホの絵に対する想いがとても伝わってくる作品でした。もうゴッホ役は彼しかいないです。少しの出演でしたがマッツの神父姿もまた素敵でした。
    いいね

    良い
  • melmo_chan
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』 ゴッホがそこにいる!って感じの映画で凄いキャスティングでした。ゴッホ目線でも描かれていて、精神状態の表現が怖い。だけど、悩んで苦しんで作品を作り上げていく過程で邪魔をされるのは私も心の中で叫んだ。
    いいね

    良い
  • nishiko92046578
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』ゴッホなんだかウィレム・デフォーなんだかわからなくなるくらいなり切っている。アルルの景色の美しさが救い。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』あの、少し白みがかった青と黄は、こんなにまばゆい光の中にあったんだ…ゴーギャンとは好きな色が違い、黄色地に赤をのせたら紫になった、ってエピソードが印象的。画家が画家らしい日々を過ごしていたことを思う。
    いいね

    良い
  • katana1100ss
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』 東宝シネマ錦糸町オリナス 空いてる4割位 ゴッホ自画像に良く似ていた ハンディでアップ多く酔いそう
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』ウィレム・デフォーのゴッホは雰囲気があって良いのだけど、折角ならゴッホの有名な絵画をもっと見せて欲しかった。また、黄色い家の外観とか、跳ね橋とか、夜のカフェテラスとか、糸杉とか、実写で見せて欲しかった。
    いいね

    良い
  • 624ken
    TOHOシネマズ錦糸町で『永遠の門 ゴッホの見た未来』を鑑賞。南フランスの景色は、美しいね。ゴッホの見た景色を体験した感じですかね。生前に認められて欲しかった。悔しいね。ウィレム・デフォーさんが素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』2回目、やはり音楽と映像が素晴らしい。眼前に広がる自然の風景を見たときのデフォーの瞳が忘れられない。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』色彩、光に風景が美しい。人としては純粋で慎ましいのに、描かずにいられないエネルギーは凄まじく、上手く浄化出来ず奇行に進む姿は哀しく、ハンディ故の揺れと近い画がゴッホの心情を代弁しているようだった。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』ゴッホの視点で描かれた描写が秀逸。最後の顛末についても事実云々よりも監督の希望を感じさせる。ウィレム・デフォーのなりきりぶりは目を見張る。ゴーギャンが監督の代弁者に思えてならなかった。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』不安定さを表していて、効果的だと思う反面、結構酔う🤢有名な作品がさりげなく登場していてニヤリ。アルルの麦畑の黄色が印象的。豪華キャストの演技が素晴らしく、ウィレムデフォーはゴッホそのもので見事!
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』ゴッホの晩年を描いているので、知っていることが多かったけれど、それがゴッホの精神を蝕んでいく過程がよく分かった。カメラがゴッホ目線になる時は視点がボヤけたり、走るゴッホと一緒に走ったりして、ゴッホの→
    いいね

    良い
  • polalain
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』彼の目線からの視野の 拡がりちょっと慣れて来ないと見にくい方もいるかも。彼の語りが哲学的でぐっとくるものが多々パンフにも出ていて心に染みるサントラピアノも良。デフォー=ゴッホシンクロ度大‼
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【永遠の門 ゴッホの見た未来】見覚えある肖像画に似てたからか、デフォー演じるゴッホは実際こんな感じだったのかも知れないと思わせる説得力。数々の奇行にも拘らず、彼自身の視点からの映像描写に朴訥で慎ましい人物像が焼き付いた。謎の部分は自然に残す演出も良い。ピアノ劇伴も巧み。 #映画
    いいね

    良い
  • kmrks
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』(At Eternity’s Gate)鑑賞。210 マッツ・ミケルセン見たさで鑑賞。画面が常にゴッホ視点を意識した見え方で幻想的。 #eiga
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #永遠の門 #ゴッホの見た未来』類い稀なる才能を持ちながら晩年は狂人扱いまでされたゴッホの半生。それでも自由な魂で絵の対象に向かう姿は心が洗われる。デフォーが秀逸であたかもゴッホの絵画の中に居るような気分にさせてくれるアート作品。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #永遠の門 #ゴッホの見た未来  ♦ゴッホの絵画のような美しい映像に浸る。彼が絵画として表現する風景は、私の捉えた映像とは異なっていて楽しい。彼の狂気は台風並みだけど、中心には台風の目のように穏やかで静謐な情景が宿っていたのかな。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』なぜ自分を画家だと思うのか #映画 ゴッホはきっとこんな人だっただろうと思わせるウィレム・デフォーの怪演。美しい風景と悲しい心… https://www.cinemarev.net/entry/eiennomon.html @kukucoo
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『永遠の門 ゴッホの見た未来』ゴッホの才能を認めていたのは弟レオとゴーギャン。ゴッホの独創性を認められなかった時代の閉鎖性もよく描かれていた。ゴッホは自殺でないと考える監督の結末。ピアノのメロディが悲しさを上手く表現していた。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →脳内ぐっちゃぐちゃのゴッホ目線の映像はかなりグラグラしているので酔う方は注意が必要。孤独な心情に同調するとJOKER並に持って行かれるかも。「こんな風に描くのはおかしい」と決めつけられる時代の堅苦しさに同情する。『永遠の門 ゴッホの見た未来』#eiga #映画
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...