TOP >作品データベース >火口のふたり

火口のふたり

みんなの感想/評価
coco映画レビュアー満足度
71%
  • 良い
    31
  • 普通
    8
  • 残念
    2
総ツイート数
302
ポジティブ指数90
公開日
2019/8/23
配給
ファントム・フィルム
監督
キャスト
解説/あらすじ
東日本大震災から7年後。何もかも失った永原賢治は、ある日、旧友である佐藤直子の結婚式に出席するため、地元・秋田へ帰省する。久しぶりの再会を果たした永原と直子だったが、直子の言葉をきっかけに、ふたりはふたたび体を重ねあうようになる。
©2019「火口のふたり」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • xxtonchiki
    『火口のふたり』#eiga #movie なんか、これだけ盛っていると、虚無に近づいていくのだなあ。どんどんどんどん。
    いいね

    良い
  • xxtonchiki
    『火口のふたり』#eiga #movie ただひたすらただひたすら場所も厭わず体を求めあう2人。一瞬ドキッとするものの、すぐにそれは滑稽な行為に見えてくる。滑稽の中にあるどうしようもなさと想い。溶け合わない2人。溶け合いたい願望。
    いいね

    良い
  • YELLOTRASH
    キネ旬1位『火口のふたり』観了。大脚本家で「映画芸術」発行人の荒井晴彦脚本・監督。エキストラ以外は瀧内公美(ブレイク必至!)と柄本佑のみ(!)出演で濡れ場比率が異様に高い…(汗) 原作未読だけど白石一文作品のテイストは感ぢる。
    いいね

    普通
  • maru_a_gogo
    『火口のふたり』原作未読なのでどこまで忠実なのか不明だけど、主演2人の熱演はスゴイが、あまりにソレばっかりで呆然。バスの中の撮影はご老人たちはどう思っているのだろうと、撮影の裏側が気になってしまった😅ラストはビックリ😲
    いいね

    普通
  • fleur_eau
    『火口のふたり』東日本大震災後に書かれた原作というが、アフターコロナの時代にも通じそうな題材である。モラル的に問題ありそうな二人の関係なのにドロドロした感じがしないのも特徴。食事が“ある種の言語”になっている演出の妙味。
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『火口のふたり』背徳感とセックスが満載の映画。美しい映像の中で行われるあっけらかんとした性行為なのでエロさは足らない。この二人の関係が戻ったとしてもケンちゃんは浮気するだろうなー。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『火口のふたり』再会した直子と賢治。身体を重ね、食べ、眠り、再び身体を重ねる。震災後から終盤に至る新たな自然の脅威までの時間に揺れる想い。タブーや自らを縛るものから放たれる2人。音楽最高。自然体の柄本佑、瀧内公美の演技が素晴らしい。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『火口のふたり』鑑賞。原作未読。腐れ縁の男女ものでは『浮雲』が戦後日本の行き場の無さを表現したが本作は震災後の喪失を重ねる。感傷的に見たい観客を突き放すかのような説明台詞とモラル無視のエロス。一周回って面白くなると『天気の子』と似たネオセカイ系に。コロナ禍も含め確かに今の作品だ。
    いいね

    良い
  • yabu7
    『火口のふたり』レンタルでも出ているが、スクリーンで見たかったのでアップリンクでのアンコール上映に行ってきました。久しぶりの再会から性的な欲望をそそるさま、柄本佑と瀧内公美が抱き合うことから始まる。会話とセックス描写で進む演出は凄いが、正直途中で嫌気がさしてしまった。
    いいね

    普通
  • tsuccheee
    94本目『火口のふたり』(@gardens_cinema)。エロティックでユーモラス。そして思うにまかせぬ人生の哀しさ。その余韻のまま終わると思いきや、さらに突き抜ける。天変地異を前に揺るがないどころかそれに打ち克つ正直な欲望の力。
    いいね

    良い
  • popol_vuuh
    『火口のふたり』エロいけどいやらしさを感じさせない、美しい映像だった。が、最後の絵がなぁ…。まぁCGに頼るわけにもいかなかったのだろうが、あれは賛否両論だろうなぁ。 エンドロールで電話の父親の声が誰だか判った。 #eiga
    いいね

    普通
  • maccha6madame
    『火口のふたり』芸術には、文学にはエロスが必要なのか。 人間の本能か。 ハードなシーンが多いのに いやらしさが無い 個人的に 柄本さんがなぁ なんか違う
    いいね

    普通
  • 4410_Kupa
    『火口のふたり』 柄本佑と瀧内公美の関係性が徐々に変わっていく様を、会話とセックス描写で見せていく演出は上手い。とはいえ終盤の超展開にひっくり返った。個人的には今年ワーストだけど、きっと映画芸術だと年間ベストになるんだろうなぁ。
    いいね

    残念
  • reptilicus1
    荒井晴彦、今回の“仮想敵”は『愛の渦』の三浦大輔か? 三浦には勝っているかもしれないが、 自脚本作(高田純と共同)の『闇に抱かれて』には負けている。瀧内公美、太い眉、肉感的な唇、スレンダーな肢体と、 水木薫を想わせて、いい。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『火口のふたり』R18指定で激しいセックスシーンも多いけれど、絶妙(?)なカメラワークでボカシやモザイク無しの「ノーカット」で描写されていたせいかサラッとした表現のように感じた。また、逆光のシーンが多かったのも印象的。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『火口のふたり』観てきた。エキストラを除けばほぼ完全に二人だけで物語は進む。会話し、食べ、セックスし、眠る二人の五日間をのぞき見るような不思議な感覚にとらわれる。ラストはちょっと意外なオチだったがこれはこれでハッピーエンドなのかも。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『火口のふたり』専ら行う事が限られることと静かな会話にちょと寝たけど復活して頑張る。セックスと生活感。二人の親密さは昔からの環境もある。彼の突っ込みのきつさ、彼女の返しは大事な事。魂の親密さ。そして他人事でない中を生きる。独特の世界
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『火口のふたり』結婚する前に嘗ての男を誘う女。共に憑かれたように肌を重ねる五日間。柄本佑も瀧内公美もかっこいいと言いたいほど突き抜ける。田舎でもあの位置だから隔絶された如くに可能だったのね。肌を重ねる事と、他人事でない事象と。
    いいね

    良い
  • spau_39
    『火口のふたり』20190901@新宿武蔵野館
    いいね

    良い
  • ma24ta
    #映画 『火口のふたり』。実は会話劇なんだと思いました。科白でなく外に会話がある感じで見ると不思議でおもしろい。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    Pooh_kuru_san
    2120movies / tweets

    follow us