TOP >作品データベース >新聞記者

新聞記者

みんなの感想/評価
「新聞記者」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
85%
  • 良い
    99
  • 普通
    13
  • 残念
    4
総ツイート数
2,942
ポジティブ指数91
公開日
2019/6/28
配給
スターサンズ/イオンエンターテイメント
上映時間
113分
解説/あらすじ
東都新聞記者・吉岡のもとに、大学新設計画に関する極秘情報が匿名FAXで届いた。日本人の父と韓国人の母のもとアメリカで育ち、ある思いを秘めて日本の新聞社で働いている彼女は真相を究明すべく調査をはじめる。一方、内閣情報調査室官僚・杉原は葛藤していた。 「国民に尽くす」という信念とは裏腹に、与えられた任務は現政権に不都合なニュースのコントロール。愛する妻の出産が迫ったある日彼は、久々に尊敬する昔の上司・神崎と再会するのだが、その数日後、神崎はビルの屋上から身を投げてしまう。真実に迫ろうともがく若き新聞記者 。「闇」の存在に気付き、選択を迫られるエリート官僚。2人の人生が交差するとき、衝撃の事実が明らかに――。
©2019『新聞記者』フィルムパートナーズ
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • SDagbog
    『新聞記者』はすでに17回見ている。18日目はソウルになりそう。 シム・ウンギョンという役者が、ここまで本領発揮するとは思わなかった。
    いいね

    良い
  • nami__hana
    #新聞記者』一分の隙も無いキャスト陣が繰り広げる景色は、実際もこうであろうと思わせる。シム・ウンギョンの演技が光る。日本の女優には、無理。あ、一人・・・ 吉岡里穂なら・・・
    いいね

    良い
  • reptilicus1
    内調のオフィスを魔窟みたいにオーバーに描いてて困ったが、アクチュアルに政治的・社会的な題材を今の日本で映画にすることの勇気と意義は買う。『アメリカを斬る』(1969)にも似てるし。
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『新聞記者』松坂クンとシム・ウンギョン。何故この組み合わせ?と初めは思ったが、観進むと何だか納得してしまった。人間の弱さと強さをそれぞれが表現していて見応えが半端ない。最後の松坂クンの顔が忘れられない。今の"闇"を描いた今観る作品。
    いいね

    良い
  • MiuraYoh
    『新聞記者』日本型ポリティカルサスペンス。個と組織の構図として(悲しいけれど)とても日本的な話で、脚本もいい。シム・ウンギョンと松坂桃李の、目、背景の色味の対比に惹きつけられる。最後までスリリング。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『新聞記者』『主戦場』がサイコホラーならこちらは権力ホラー。もう正論めいたことも言わなくなった国家に命を握られるのが怖すぎる。松坂桃李の芝居がよかった。南サザンクロスが怖い。本田翼だけ別次元の芝居をしてる。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『新聞記者』冒頭から原作者と前川とかの対談にニヤリとさせてもらい、明らかに森カケ事件を題材に現政権と戦うことの難しさが新聞記者と官僚の観点から痛いほどによく分かる待望の映画。映画の想定から外れ本田翼の魅力が溢れ、官僚の選択も納得だぜ
    いいね

    良い
  • garancear
    『新聞記者』ロングランに感謝、まだ客席は満員。社会派邦画が少ない中でこれは直球で画期的。斜に構えてこの映画をディスる態度は許容できない。松坂桃李が出てくれてよかったしウンギョンは見事だが日本人がやらなかったのは残念。地上波でやるマスメディアがあるだろうか。 #映画
    いいね

    良い
  • maispacemailife
    『新聞記者』宇多丸さんが話題に出していて、かつ以前から気になっていたので観た。ジャーナリズムについて、情報について考えさせられた。勇気を持ち歩み続けることは容易ではない。小さな記事が言葉が真実を伝えてくれていることに感謝する。そして自分には信じて疑え、と心に刻もう。
    いいね

    良い
  • zeiramu2
    『新聞記者』リアル感バリバリの社会派ストーリー!観てて怖くなってくるっすわぁ!こういうのって若干のドラマ感感じるけどこれはめっちゃ納得、あり気な感じで!主演のふたりの演技も良かったっしね!ハートにくるわぁ! #19映観
    いいね

    良い
  • trustpine
    新聞記者、観ました。真相を究明すべく権力の圧力に抗う新聞記者とエリート官僚の葛藤を描いた骨太の社会派サスペンスです。現実を彷彿させる政治ドラマがやっと日本でも制作されました。ただこんなに宣伝をしないものなのか。日本の将来を憂います。とにかくシム・ウンギョンが素晴らしい。秀作です。
    いいね

    良い
  • akkunrikkun
    『新聞記者』番宣出来なかった現在の日本ってどうよ。もっと懐の広いかっこいい日本になったらいい。
    いいね

    良い
  • takajan72
    『新聞記者』捏造は世の常、いつの時代も一定割合の人や組織は捏造を行います。そして権力を持つ国や組織が行うとその影響は大きいです。ただそれと闘う人生は決して幸せではありません。人々が政治に無関心になる理由はそんな所にある気がしますね。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『新聞記者』韓国のポリティカル・サスペンス劇などに較べると、全体の緊迫感が不足だかウエットなパートも巧みに処理され、こういった政権告発映画には頑張ってもらいたい。これまで日本映画はこういった題材を避けてきたからこそ、画期的な一作。
    いいね

    良い
  • KJ_LINE
    『新聞記者』情報を持つ者が都合良く操作し提示する。真偽は国民が決める。響きの良い言葉の裏には無知な国民は簡単に操れるという政権の傲慢さがある。疑う事を忘れたら簡単に騙される。戦う記者と官僚の姿を通して権力を疑う事の重要さを痛感した。
    いいね

    良い
  • tezurumozuru
    『新聞記者』政治腐敗曝露映画は昭和の昔からあったけど、モロ現政権批判なのは天晴れ。「この国の民主主義は形だけでいいんだ」というセリフがあるけど、そうしてしまったのはほかでもない、半数以上が選挙に行かない国民だよね。必見作。
    いいね

    良い
  • tachiaoi_08
    『新聞記者』自分のTLに良く流れてきていたので気になっており地元で上映していたのを知り観てきました♪松坂桃李君は元々好きですが難しい微妙な表現や表情も良くますます好きになれそうです~♪ラストシーンはなんと言っていたか…
    いいね

    良い
  • akeake10
    『新聞記者』むちゃくちゃリアル。総理大臣の姿が一切出てこないところがまたリアル。後半はぐっとサスペンスフルな展開になるんだけどそこもリアル。こういう作品よく作れたなあ、関係者大丈夫なんかなあ…と思ってしまう今の日本の状況に戦慄…!
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #新聞記者  ♦2回目を選挙後に鑑賞。現政権は『形だけの民主主義』を形成することには成功していると投票率の低さに思う。で、生物兵器になるウイルスも国内に…。新聞社の情報が内調に筒抜けなのは社内にスパイが? まさかー #新聞記者みた
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    54本目『新聞記者』(@gardens_cinema)。日本でもこれだけのポリティカル・サスペンスが作れるとは。このストーリーが妙に説得力を持ってしまう状況が果たしてよいのかというのはあるけど。シリアスなシム・ウンギョンもよかった。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...