TOP >作品データベース >岬の兄妹

岬の兄妹

みんなの感想/評価
「岬の兄妹」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
92%
  • 良い
    40
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
3,606
ポジティブ指数92
公開日
2019/3/1
配給
プレシディオ
上映時間
89分
解説/あらすじ
港町。仕事を干され生活に困った兄は、自閉症の妹が町の男に体を許し金銭を受け取っていたことを知る。罪の意識を持ちつつも互いの生活のため、妹へ売春の斡旋をし始める兄だったが、いままで理解のしようもなかった妹の本当の喜びや悲しみに触れ、戸惑う日々を送る。そんなとき、妹の心と体にも変化が起き始めていた…。
ⒸSHINZO KATAYAMA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • maru_a_gogo
    『岬の兄妹』社会の底辺で生きる兄妹。ニュース記事で見たら鬼畜な兄だと思うけれど、妹の女性としての喜びなど複雑な気持ち。安易な道とも思わないけど、力強く生きる姿とも思わない。ラストに希望を見いだしていいのか意見が分かれるところか?
    いいね

    良い
  • renn6161
    『岬の兄妹』例えば短いニュースを聞いて「そんなこと何でするの」と一瞬思い、すぐ忘れそうになる自分の頭を突然ぶん殴られたような。理由も時間も力もある兄妹から目が離せなかった。引きのカメラからまわり込む路地、そして光を残す空。まりこ!
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『岬の兄妹』描かれているのは、貧困、障がい、売春と、不幸のてんこ盛り。でも、片山監督の演出は、エロ・グロは結構露骨に描写するけど、笑えるシーンやポップで印象的な色使いなど、重さ一辺倒ではないところがちょっと韓国映画っぽい。
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『岬の兄妹』② でも目をそらさせない何かがあった。うちなるバイオレンス、狂気というか…どんどん発狂してくんだけど、でも根底は純粋で美しい。悲劇だけど喜劇で、見終わって清々しい気分にはなれないけど、観てよかった。韓国映画っぽい雰囲気
    いいね

    良い
  • birdmtbird
    『岬の兄妹』①障碍、貧困、性…無名の俳優さんたちが演じてたのも手伝ってドキュメンタリーを見ているような錯覚。この兄妹、実に自然。すごくいい。ただただ底辺の闇の部分、おぞましい部分を写していて問題提起?叫び?兎に角救いが全くない映画
    いいね

    良い
  • hinamyon
    『岬の兄妹』評判を聞いて見たものの邦画でここまで描写するのかと驚いた。障害を持つ兄妹が貧困にあえぎ、自閉症の妹に売春させることでようやく人らしい生活が出来るといった一見悲惨で救いのない話なのに、ユーモラスなシーンも多く重々しくない。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『岬の兄妹』警官の立場とはいえ、追い詰められた人に真当な解決案も出さず共感もせずで法律を引き合いに出して説教や励まし風の言葉だけ出す奴は偽善者だというのはご最もだと思う。もうそんなレベルのステージじゃないんだわ。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『岬の兄妹』色々と本当に感情を揺さぶられる映画だった。観れて良かった。直後の京王線や山手線で席2列なんとなくケータイを見る人たちばかりでそのほとんどがつまらなさそうな画面だったのでうつ気味でもまだ自分は生きてる方だ感じた。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『岬の兄妹』どう足掻いても絶望なので全てのシーンにアンビバレンスというか喜怒哀楽全ての感情が詰まってる都思った。この物語を観て否定以外の感情が出ない人も世間には多いと思う。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『岬の兄妹』脚の障害と知的障害の妹のお陰で卑屈と貧困のスパイラルに落ちる感じがリアル。呼吸が苦しくなった。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『岬の兄妹』3月1日公開で、まだやってるよイオンシネマで。兄妹を演じた役者さん、難しい役をここまで。妹の自閉症は目を離すとどっか行っちゃうやっかいな感じ、まりこ〜まりこ〜っていつも探している兄の声が耳に残る。行政、どうした?
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『岬の兄妹』★★★☆☆悲惨すぎて面白いと思うのが不謹慎だが、面白い。
    いいね

    良い
  • reptilicus1
    山下敦弘監督作に『そこのみにて光輝く』『万引き家族』等を混ぜたような“貧しく悲惨な日本”を体現するかのような映画。 にも関わらず、清々しい後味なのは、シネスコサイズの艶やかな画面が少なからず寄与しているのではあるまいか。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    25本目『岬の兄妹』(@Mitte_10)。兄妹の置かれている境遇は哀しくも、悲惨さが過ぎて逆にユーモラスだったり滑稽だったりする。でも結局はやっぱりまた哀しいのだ。最後の真理子のまなざしが静かに訴えかけてくる。
    いいね

    良い
  • spau_39
    『岬の兄妹』20190405@HTC有楽町
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『岬の兄妹』負の連鎖が凄まじい。生きるため食べていくためには、モラルもプライドも捨てるし、一度足を踏み入れたら平気になってしまう恐ろしさ。そして元々の悲しい本能。楽しくはないけれど、凄い作品をみてしまった感。役人に観てほしいかも。
    いいね

    良い
  • Hanashi_Sagashi
    『岬の兄妹』観る人選ぶヘビーさですが、今年必見の一本でしょう…! 『あっ、テメとうとう未成年に…!』に始まり『あっ…なんかでもあの虐げられてた男子に、綺麗事ではない“何か”は伝わったかも…』に着地した、プールの一連が特に刺さった。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『岬の兄妹』メガホンをとった片山慎三監督と白石和彌監督のトークイベント記事を読んで劇場へ。拡大ロードショーというニュースも見たが公開ひと月経ちサービスデーとはいえ平日午後というのに予想以上の客入り。主演の松浦祐也、和田光沙が魅せる!
    いいね

    良い
  • trustpine
    岬の兄妹、観ました。ある港町、足に障がいを持ち仕事を干され、生活が困窮する兄は罪悪感を抱きながら自閉症の妹への売春斡旋という犯罪に手を染めていく様を描いた衝撃作です。とにかく救いのない秀作です。最近貧困をテーマにした邦画が多いですが、映画として、私は希望のない映画は嫌です。
    いいね

    普通
  • 4410_Kupa
    『岬の兄妹』 社会のセーフティネットからこぼれ落ちてしまった兄妹が、脱法行為でもがきながら生き抜く物語。陰惨になりがちなテーマだが、松浦祐也と和田光沙の熱演と、リリカルな映像の魅力で、どこかカラッとした明るさに救いを感じた。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...