TOP >作品データベース >ハウス・ジャック・ビルト

ハウス・ジャック・ビルト

みんなの感想/評価
「ハウス・ジャック・ビルト」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
57%
  • 良い
    17
  • 普通
    12
  • 残念
    1
総ツイート数
82
ポジティブ指数95
公開日
2019/6/14
原題
The House That Jack Built
配給
クロックワークス、アルバトロス・フィルム
上映時間
152分
解説/あらすじ
1970年代の米ワシントン州。建築家になる夢を持つハンサムな独身の技師ジャックは、あるきっかけからアートを創作するかのように殺人に没頭。彼の5つのエピソードを通じて明かされる、“ジャックの家”を建てるまでのシリアルキラー12年間の軌跡を描く。
(C)2018 ZENTROPA ENTERTAINMENTS31,ZENTROPA SWEDEN,SLOT MACHINE,ZENTROPA FRANCE,ZENTROPA KÖLN
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • spau_39
    『ハウス・ジャック・ビルト』20190713@バルト9
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ハウス・ジャック・ビルト』彼はなぜ、女性や子ども、アジア系やアフリカ系の男性を貶めるのか?ゴーギャンの楽園は本当だと思ったのか?グールドの何が欲しかったのか?神になりたかったのか地獄に魅せられたのか?芸術って過酷だな…
    いいね

    良い
  • masaakiukulele
    『ハウス・ジャック・ビルト』グロいのは一瞬。でも強烈。それでも笑えるのは見事。 ♪Hit The Road Jack ...no more no more no more.
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ハウス・ジャック・ビルト』鬱を抜けたトリアーのスリラー。強迫観念に縛られる姿は滑稽そのもの。小道具が比喩的働きを見せる。過去作よりとっつきやすいのはユーモラスさゆえだろうか。意地の悪さと教養の高さもこの監督らしい。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『ハウス・ジャック・ビルト』劇場で鑑賞。嫌悪感を煽りながらも、黒い笑いを誘うシリアルキラーの凶行の数々。底意地悪く、神経を逆撫でする作劇には背徳的な高揚感すら感じられ、終始悶絶させられた。M・ディロンの不気味な佇まいも絶品の怪作です
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『ハウス・ジャック・ビルト』トリアーの最新作なので観たい!って気持ちじゃなくて、観なくてはならないって義務感で鑑賞。サスペンスホラーからラジオドラマみたいになって最後はSF映画みたいだった!映画好きの変態向けヾ(´∀` )
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    虎(ジャック)と対局の羊。キリスト教における“神の小羊”が、彼の望む“家(教会)”建立で地の門の誘いへと導く。断末魔の叫びの享受が、地獄(絵画『ダンテの小舟』より)の音を共有、黙示録の火の池で喝采される。『ハウス・ジャック・ビルト』
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『ハウス・ジャック・ビルト』鑑賞。トリアーが自己を殺人鬼に重ねて描く描く。被害者を若い美女だけでなくポリコレ配慮する皮肉。途中ちゃんと胸クソ悪くなるのはさすが不謹慎大将。酷くても芸術家と呼ばれたい、作品に永遠に守られたい、天使と地獄巡りをしたい。そんな不快な正直さ、魅力だ。
    いいね

    良い
  • bamuse47
    『ハウス・ジャック・ビルト』酷い映画であった。想像以上の酷さが監督の信条。物語は破綻しているので、主人公の嫌悪感たっぷりの衝撃的な作法ばかりが印象に残る。誰にも薦められない稀有な映画体験であった。ある意味凄い。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『ハウス・ジャック・ビルト』鬼畜監督トリアーがサイコキラーものを撮ったら高純度のブラックコメディが出来上がる。見たくないおぞましいシーン、笑ってしまうエピソードはどれも映画的な興奮をもたらし、理屈抜きで面白いが他には勧められない。
    いいね

    良い
  • akato2023
    ハウス・ジャック・ビルト ラース・フォン・トリアー史上最も筋の通った作風に驚嘆. トリアー自身が投影された芸術への考えとマット・ディロンの印象的な演技の賜物である不快感が的確に共鳴し合っている.
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ハウス・ジャック・ビルト』まんま監督自身の芸術性と変態性を投影したジャックの造形。進行と共に純化されていく身勝手な正当性はもはや自虐なのだが、娯楽として消費する大衆も同罪だと言わんばかりの嘲笑が聞こえる。私も地獄行きってことね。
    いいね

    良い
  • ara_shinya
    『ハウス・ジャック・ビルト』鑑賞。ひしぶりにトリアー監督作を劇場で観たけど、相変わらずの嫌悪感満載で安心した。マット・ディロン演じる主人公は、なんというかこれだけガサツなシリアルキラーもちょっと珍しいよね。しかし、2時間半は長すぎ。
    いいね

    良い
  • snake954
    『ハウス・ジャック・ビルト』みる。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ハウス・ジャック・ビルト』スプラッタばりの映像とコメディ表現にも、付き纏う嫌悪感に笑っていいものか戸惑う。冷凍庫はもう物体としての強調でしかなく、その最たる表現行為からの終盤展開はナレ進行である程度想定はしてたが、トリアー監督がそれを描く驚きと共に楽しく。全般凄いなあと。
    いいね

    良い
  • 624ken
    ヒューマントラスト渋谷で『ハウス・ジャック・ビルト』を鑑賞。シリアルキラーの12年間。主人公のもの言いにイライラ。もうちょっと殺人もちゃんとやろうよって感じ。最期は変なことになってるし。胸やけ気味だけど、策略にはまっている気がする。
    いいね

    良い
  • FFFFigaguri
    『ハウス・ジャック・ビルト』さあ!寄ってらっしゃい!観てらっしゃっい!残酷で濃厚でコミカルな傑作映画だよ!この芸術論!この理論!不愉快で極まりないが心のどこかで惹かれてしまうだろう!気軽に勧められないのが欠点だけど、オススメだよ。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • TamakinTheCat
    映画「ハウス・ジャック・ビルト」観了。露悪さ溢れるトリアー流の芸術論?でもこの不愉快さ、嫌いじゃない!マット・ディロンの怪演も光り、連続殺人鬼の滑稽なまでの狂気に魅了。既出のイメージの文脈を解体し、再構築される刺激的な陶酔感。楽しんでしまうコトを躊躇させる作品だけれど、でも痛快!
    いいね

    良い
  • ville0096
    「ハウス・ジャック・ビルト」観賞。ブラック・ユーモアなタッチでは覆い隠せない狂気と凄惨の極地。精神疾病と異常性癖に塗れたシリアルキラーの内面を抉る醜悪アートな内容はまさにラース・フォン・トリアーここに極まれりという感じ。繰り返され… https://t.co/ZwewJVUw6H
    いいね

    良い
  • Tkhsh65
    『ハウス・ジャック・ビルド』観た。前作がセックスをテーマにしたミニコント集だったのに対し、今作はサディズムをテーマとしたミニコント集になっていた。ただ毒が強過ぎて笑えなくなっている所も有り。でも代わりに「怒りんぼ君」が笑ってくれているのでバランスは取れてるか。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...