TOP >作品データベース >Fukushima 50

Fukushima 50

みんなの感想/評価
「Fukushima 50」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
79%
  • 良い
    55
  • 普通
    16
  • 残念
    3
総ツイート数
1,781
ポジティブ指数87
公開日
2020/3/6
配給
松竹、KADOKAWA
解説/あらすじ
2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大深度7「という日本の観測史上最大の東日本大震災が発生した。太平洋から到達した想定外の大津波は福島第一原発(イチエフ)を襲う。内部に残り戦い続けたのは地元出身の作業員たち。外部と遮断されたイチエフ内では制御不能となった原発の暴走を止めるため、いまだ人類が経験したことのない世界初となる作戦が準備されていた。それは人の手でやるしかない命がけの作業。同じころ、官邸内では東日本壊滅のシミュレーションが行われていた。福島第一原発を放棄した場合、被害範囲は東京を含む半径250km。避難対象人口は約5,000万人。それは東日本壊滅を意味していた。避難所に残した家族を想いながら、作業員たちは戦いへと突き進む――。
© 2020『Fukushima 50』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • monaka2012
    『Fukushima 50』営業再開した映画館で今ごろ観ました…あの頃のことを思い出しちゃう。 大震災の時は「美談」がいっぱいあったよね! そう言えばコロナ関連であんまり美談ニュースないの、なんでかな…
    いいね

    普通
  • NOJOKENOLIFE1
    『Fukushima 50』Fukushima50 はヒーローだったかもしれないけれど、スーパーマンじゃないから、当然、大量の被爆をすれば生命だって危ない。原子炉建屋に入り込んだ決死隊たちが、その後どうなったかが気になりましたね
    いいね

    普通
  • NOJOKENOLIFE1
    『Fukushima 50』事実がベースでも、これは映画でそもそもがフィクション。評価するにも過剰なまでに「自己犠牲の尊さ」とかを持ち出すのは何とも気持ち悪いし、「民主党政権を貶めようとするプロパガンダだ」というのも如何なものかと
    いいね

    普通
  • NOJOKENOLIFE1
    『Fukushima 50』作業員の家族が、避難所で肩身の狭い思いをさせられているシーンが登場します。よく言われる話で「地元は田舎で貧乏でバカだから、危険な原発でも誘致して泡銭を手に入れた」というような視点は大きな偏見・間違いです
    いいね

    普通
  • NOJOKENOLIFE1
    『Fukushima 50』 事実を元にした映画にもかかわらず、登場人物の一部は実名、一部は仮名、一部は肩書だけ…などと不思議な「描き分け」をしてます。この妙な角度をつけたドラマの作り方は、それだけで既に、一つのメッセージでしょう
    いいね

    普通
  • Mock_Turtle99
    『Fukushima 50』総理と東電本社の馬鹿さ加減に改めて怒りを覚えるとともに、原発事故の現場で命懸けで対処した人々の責任感と勇気には本当に頭が下がる。この人たちが、もし現場を捨てて逃げていたら、日本は一体どうなっていたことか。
    いいね

    良い
  • halm2f
    『Fukushima 50』あの時のことをよくここまで映像化したもんだ。それを見るだけでも価値がある。一歩間違えば日本という国が地球からなくなっていたという事実を見せられた。役者も文字通りの迫真の演技。拍手だ。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『Fukushima 50』この人達も加害者側と複雑な心境になるが、あの時こうして自分の命をかけてまで頑張った人達のことは記憶に残しておかないと。現場と本社の机上の隔たりも興味深いが、あの政治いじりはいらないでしょ。そこが残念。
    いいね

    普通
  • ma24ta
    #映画 『Fukushima 50』。あれからうちらは何か学んだんだろうか。作成の松竹と角川に感謝ですかな。
    いいね

    良い
  • Shimichin
    『Fukushima 50』あれから9年。確実に世間から風化しつつある事実を思い起こさせてくれる作品。日本が最悪の危機的状況に陥った中、その最悪の中心地で地獄を見ながら己の命を省みず事態の終息に挑んでくれた人達を忘れてはいけない。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    #Fukushima50』美談とか美談じゃないとか関係ないでしょと思うのは私だけ…? メディアは最悪なことは伝えないんだ、と改めて思った。嘘か真か色々意見あるけど、感じることがある時点でこの映画の価値はある。観て良かった。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『Fukushima 50』若松節朗の悪いクセで余計なエビを挿入するから緊張感やテンポが持続しない、中央制御室と緊急対策室だけで十分なのに伊崎の娘の結婚エピソードや米軍司令官の子供時代の回想なんか必要ない。ならば上映時間を短くせい。
    いいね

    良い
  • paranoiaquality
    『Fukushima50』オープニングの地震と津波は大迫力、中盤の決死隊がベントしに突入する緊迫感に手に汗握る。事件は現場で起こってんだ!なテレビ会議での吉田所長vs本店と菅直人のバカっぷりにイライラさせられる。ラストは蛇足で長い。
    いいね

    良い
  • shironeko_anri
    『Fukushima 50』この脚色は賛否が分かれるけどあの時あの場所で闘った人達がいた事実は変わらないし、感情を揺さぶるドラマによってあの頃を再び見つめ直そうと思えたのも確か。少なくとも政治的な思想は切り離して観てほしい映画。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『Fukushima 50』劇場で鑑賞。東日本大震災に端を発する福島原発事故に直面した人々の人間模様。未曾有の大惨事に対する語り口は鈍重で、あまりにも安直に"感動"の搾取へと向かっていく。手垢に塗れた演出の連続にも心底辟易。凡作です
    いいね

    残念
  • k_toshi1125
    『Fukushima 50』 保安班の人たちを悪者仕立てに描いている。しかし、無能であって悪者ではない。自然災害に悪者はいないのだ。ドラマ仕立で作るのであれば、親子の愛を演出するよりかは彼らの心情を掘り下げて欲しかった。
    いいね

    残念
  • yabu7
    『Fukushima 50』地震と津波で多くの命が犠牲になったあの震災ですが、津波で原発事故が発生したことで、生活が一変しまだまだ住んでいた場所に帰れない人たちがいます。それだけ原発事故の恐ろしさを改めて認識しました。東京でもかなり揺れましたよね。
    いいね

    良い
  • yuzutsuki
    『Fukushima 50』何より、あの当時のことを思い出して、苦しくなる。遠くで見ているしかできない立場だったけど、TVやネットで流れるあれこれに胸が痛かったことを思い出す。恣意的な部分も感じはするけど、あの時あの場で頑張ってくれた人達は確かにいた。演者さん達の熱演にも拍手
    いいね

    良い
  • trustpine
    Fukushima 50。観ました。2011年3月11日午後2時46分。未曾有の大地震の中。福島第一原発の作業員たちの闘いを事実に基づいて描いた物語です。作品としての是非はともかく、今も尚闘い続けている現実があり、何年かかろうとも必ず終息させるということが日本人の使命なんだと。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...