TOP >作品データベース >Fukushima 50

Fukushima 50

みんなの感想/評価
「Fukushima 50」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
77%
  • 良い
    55
  • 普通
    19
  • 残念
    3
総ツイート数
1,785
ポジティブ指数87
公開日
2020/3/6
配給
松竹、KADOKAWA
解説/あらすじ
2011年3月11日午後2時46分。マグニチュード9.0、最大深度7「という日本の観測史上最大の東日本大震災が発生した。太平洋から到達した想定外の大津波は福島第一原発(イチエフ)を襲う。内部に残り戦い続けたのは地元出身の作業員たち。外部と遮断されたイチエフ内では制御不能となった原発の暴走を止めるため、いまだ人類が経験したことのない世界初となる作戦が準備されていた。それは人の手でやるしかない命がけの作業。同じころ、官邸内では東日本壊滅のシミュレーションが行われていた。福島第一原発を放棄した場合、被害範囲は東京を含む半径250km。避難対象人口は約5,000万人。それは東日本壊滅を意味していた。避難所に残した家族を想いながら、作業員たちは戦いへと突き進む――。
© 2020『Fukushima 50』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yabu7
    『Fukushima 50』地震と津波で多くの命が犠牲になったあの震災ですが、津波で原発事故が発生したことで、生活が一変しまだまだ住んでいた場所に帰れない人たちがいます。それだけ原発事故の恐ろしさを改めて認識しました。東京でもかなり揺れましたよね。
    いいね

    良い
  • yuzutsuki
    『Fukushima 50』何より、あの当時のことを思い出して、苦しくなる。遠くで見ているしかできない立場だったけど、TVやネットで流れるあれこれに胸が痛かったことを思い出す。恣意的な部分も感じはするけど、あの時あの場で頑張ってくれた人達は確かにいた。演者さん達の熱演にも拍手
    いいね

    良い
  • trustpine
    Fukushima 50。観ました。2011年3月11日午後2時46分。未曾有の大地震の中。福島第一原発の作業員たちの闘いを事実に基づいて描いた物語です。作品としての是非はともかく、今も尚闘い続けている現実があり、何年かかろうとも必ず終息させるということが日本人の使命なんだと。
    いいね

    普通
  • ShionSolt
    『Fukushima 50』、奇麗事として描くならば『おかえり、はやぶさ』のように終始そう描くほうが構成としてずっとスマート。結局、ドキュメンタリーにしたいのかパニックモノにしたいのかお涙モノにしたいのか、どっちらけ。 #映画
    いいね

    普通
  • ShionSolt
    『Fukushima 50』、プロパガンダ臭はあるが、中盤まではエンタメ性が高く、美術も質が良くて、パニック映画として観るならば◎。ただ、終盤で奇麗事として描く演出になり、興ざめした。 #映画
    いいね

    普通
  • st_yokohama
    『Fukushima 50』賛否両論パキッと別れるだろう作品。あの時の緊張感が蘇って具合が悪くなりそうって言うか実際ちょっと具合悪くなった。今の原発は安全対策がレベル低すぎる!原発の安全対策は過剰を通り越して異常なくらいで丁度良い!
    いいね

    良い
  • takajan72
    『Fukushima 50』もう原発事件が終結した歴史上の出来事を扱っているかのようでした。映画としては良くできているだけに、対外的なアピールなど何かの意図を感じます。現場で対応した人達を考えても、娯楽映画としては観れない作品です。
    いいね

    普通
  • MiuraYoh
    『Fukushima 50』現場の人たちを讃えることに絞る作りなら、要らないと思える細かい描写がいくつか。緩急というよりは、何度かスリリングさが遮断される感じ。地元の人に謝罪する場面やエンドロール映像には感慨深さが。
    いいね

    普通
  • skuraata2018
    『Fukushima 50』福島第一原発、通称イチエフで何が起こったのか、緊迫したイチエフ内部をリアルに描いた話。原発事故を題材にした映画として間違いなく賛否別れる作品だからこそ、一度はみんなに観ることをお勧めしたい。
    いいね

    良い
  • _tsu_baki
    『Fukushima 50』映画としてとてもよく出来ている。俳優陣の熱演が素晴らしかった。あの現場で命を賭して戦ってくれた人達がいたのは事実で、それは今も続いてる。そのことをぐっと身近に感じることができた。最後の桜並木が美しかった。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『Fukushima 50』爆発寸前の最前線を守る東電作業員のあの日を克明に描く。複雑なのは英雄扱いの作業員たちも加害者企業の一員であること。原発政策の是非を考える好機となればいい。「原子力明るい未来のエネルギー」の看板が悲しい。
    いいね

    普通
  • mattsuanko
    『Fukushima 50』#movie とりまきが、事実と異なると擁護しているが佐野さんの演技は多少デフォルメされていたとしても当事者達からは異論が唱えられているわけじゃないからあんなもんだったんだろうと思う(>_<)
    いいね

    良い
  • honkou
    『Fukushima 50』語り継ぐべき映画の誕生。
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『Fukushima 50』海外メディアでそのような呼び名がつけられていると初めて知った。映画は当時さながらに何の前触れもなく起きた3.11の地震発生からスタートする、これが結構意外で津波も含めて恐怖を感じた。いちえふの5日間を描く
    いいね

    良い
  • nabe505
    『Fukushima 50』まずこれはドキュメンタリーではなく、再現フィルムでもない。劇映画である。これを見て実際とはあれが違う、ここがおかしいというのと作品の出来は別のところで語られるべき。とはいえ当時の自分の感じた思いがリアルに蘇って、何度も心が震えるのを抑えられなかった。
    いいね

    良い
  • mattsuanko
    『Fukushima 50』#movie キネ旬のレビューがオール1なのには笑った😆
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『Fukushima 50』ただ、原作者の政治スタンスの反映か菅さんの描写が単なるヒステリックな人物に描かれるなど一部事実とは違うのではという意見も散見することは心に留めておきたい。
    いいね

    残念
  • sitaoka
    『Fukushima 50』緊迫感もあるし、映像も日本映画としては迫力あるし、現場の描き方も極端にヒーロー化するわけでもなく、良く出来てると思う。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『Fukushima 50』 https://www.cinemarev.net/entry/fukushima50.html @kukucoo もちろん実話であり記憶に留めるべきこともたくさん描かれているけれど、一部ステレオタイプ過ぎる演出もあり、観賞には平たい目がほしい…
    いいね

    普通
  • akafundosi
    『Fukushima 50』@ 塚口サンサン劇場観!どぅ「視るか?」で変わる難しい作品。ディザスターパニック、美談作品としてはグッ!冒頭や爆発は怖かったし緊迫感は知っている上でも上々!役者陣の熱演も魅せるし聴かせる!惨事に対し生命を賭ける熱き意気にこちらも熱くなり力が入った!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    more info
    coco 映画レビュアー
    Pooh_kuru_san
    1951movies / tweets

    follow us