影裏

みんなの感想/評価
「影裏」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
76%
  • 良い
    35
  • 普通
    10
  • 残念
    0
総ツイート数
3,290
ポジティブ指数85
公開日
2020/2/14
配給
ソニー・ミュージックエンタテインメント、配給協力:アニプレックス
上映時間
134分
解説/あらすじ
今野は、転勤で移り住んだ岩手で日浅に出会う。慣れない地でただ一人心を許せる存在。まるで遅れてやってきたような成熟した青春の日々に、今野は言いようのない心地よさを感じていた。 しかしある日、日浅は突然姿を消してしまう。日浅を探し始めた今野は、日浅の父に捜索願を出すことを頼むが、何故か断られてしまう。そして、見えてきたのは、これまで自分が見てきた彼とは全く違う別の顔。陽の光の下、ともに時を過ごしたあの男の“本当”とは?
©2020「影裏」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • trustpine
    影裏、観ました。第157回芥川賞受賞作が原作、盛岡を舞台に、見知らぬ土地で唯一人心を許した友との出会いと別れ、いなくなった友の本当の姿を探しながら、主人公自身が喪失と向き合い再生していく物語です。雰囲気はすごくあるのだけれど、小説で味わう方がいいのかな。中村倫也がすごくいい。
    いいね

    普通
  • 4410_Kupa
    『影裏』 岩手を舞台にした綾野剛の釣りバカ日誌。松田龍平とタッグを組めば多少の仄かしはあるかもとは思っていたが、中盤でいきなりBL要素がブッ込まれてきて戸惑う。國村隼やヤスケンが出番は少ないが流石の存在感で作品を締めていた。
    いいね

    普通
  • inukyara
    『影裏』原作を読むとこれをよく映画に…と感心してしまった。無駄のない伏線のシーンの積み重ね、淡々としているが丹念に日常を重ねる事により、震災後のシーンが重く響く。光と水や炎の演出も巧みで長さを感じない。
    いいね

    良い
  • murifu_amasuoto
    『影裏』文学的で映像が美しく、とても深い映画でした。少ないセリフのなか役者の眼差し、僅かな表情の変化、後ろ姿などで感情を紐解いていくという感じでした。とにかく可愛い綾野剛さんとつかみどころのない松田龍平さんが最高の組み合わせでした。
    いいね

    良い
  • yuzutsuki
    『影裏』原作未読。監督としたら、意外な雰囲気の作品だったね。てか、綾野くんが本当に可愛くてだな。そして、ちょい役が豪華。ともやくん、はまりすぎててびっくり。後、岩手の風景が綺麗。話的にはゆったりと、行間を読む感じ。目の前にいる人の顔は、果たして表なのか裏なのか。人なんて多様なもの
    いいね

    普通
  • Kubric2001
    『影裏』うぶ毛まで見える近いカメラ、でも近すぎて表情の奥まで読めないもどかしさ。そして少ない台詞。ずっと行間を読んで読んで。掴み所のない日浅に松田龍平は上手くはまり、間に感情を表す綾野剛も良かった。静かに訴えるものが多い時間でした。
    いいね

    良い
  • 138_kaz
    『影裏』原作知らんのでもっとサスペンス風味な映画だと思っていたが、純文学な映画でしたね。心を許した人物の裏の顔はさほど驚きはなかったし、執拗に撮られる綾野剛の艶めかしい肢体や松田龍平の得体のしれない存在感、岩手の美しい自然の風景に興味が持てなければぶっちゃけ退屈なのでは。
    いいね

    普通
  • _tsu_baki
    『影裏』とても文学的な作品。後味はあまりよくはなかったかな…。綾野剛のサービスシーンがやたら多かったのは何で?w中村倫也の役どころにびっくり。スクリーンで見る我が街はやはりとても美しかった。あの川辺の光芒のシーンはため息モノでした
    いいね

    普通
  • eri1_10bit
    『影裏』「人を見るときは、影の一番濃いとこを見るんだ」つくづく、龍平はいい役者だなあ…
    いいね

    良い
  • halm2f
    『影裏』人には表と裏の顔がある。そんなこと古今東西の映画が今まで描いてきたことで新しくもなんともない。もう少しもっと深く突っ込んで欲しかった。役者はいいのだが・・・
    いいね

    普通
  • aoyadokari
    『影裏』松田龍平のわからなさが(セリフに字幕が欲しいところ)いい。震災で行方不明になる家族から見放された根無し草の男。渓流釣りのシーンは小津映画を連想させる。家族崩壊映画でもあるんだ。倒木に生える苔のように生きる男。脇役が筒井真理子や國村隼など渋い系。音楽だって大友良英。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『影裏』岩手放送50年記念映画。随分地味な作品だと思ったら芥川賞受賞作だ。自然主義文学の流れを汲む私小説だろうか?埼玉から岩手に赴任してきた青年と地元の青年との交流記。ナイーブな主人公を綾野剛。カルヴァン・クラインのもっこりパンツがあっち系の映画だと思わせる。謎の男は松田龍平。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『影裏』非常に感想が難しい特異な純文学。日浅の言葉ほど単純ではなく、寧ろ彼のように捉え所がなくて、その実、真理に触れているような禅問答。美麗な渓流と今野のしなやかな肢体を捉える画の艶やかさ、同時に胸に吹き抜ける拒絶と寂寥が印象的。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →何の情報もなく原作も知らずに見たので、もっと「色々事件が起こる」サスペンスなのか思っていた。ジワジワと攻め込まれるような描き方、でも、淡々。きっと、現実はこういう事が一番怖い。隣にいた人は信用できたのかできなかったのか…『影裏』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『影裏』綾野剛がまるで少女のようだった。透明感があって可憐で孤独で純粋で。そんな綾野くんと一緒にいるからか、龍平がものすごく男くさく見える。松田龍平がこんなに松田優作に似て見えたのは初めて。 #eiga #映画
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『影裏』綾野剛のブリーフ姿をやたらと出すのは何でと思ったらそっち系が入ってたのね。なんか殺人事件でも起こりそうな雰囲気もあるが、淡々と進むだけだが、日浅の失踪とともに見えてきた裏の姿とその背景にあるものにこの時期がかぶさる #影裏
    いいね

    普通
  • besi_sake
    『影裏』執拗なまでに綾野剛の肢体を艶かしく写す訳は中盤でハッキリと。冒頭で示された不穏な謎の解明に中々進まないのはもどかしくもあるが、友情関係の構築から蜜月感への描写が楽しく没入。日浅は人には他人に見せる姿と裏側があることを知るからこそ、裏を見せた者への共感があったのかなと。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『影裏』綾野剛のパンツ(ブリーフ?)姿がやたら出てくる。オマケに脱いだ後ろ姿まで…これはサービスショットか。。。片や恋愛、片や友情?仕事に利用するのは友情と言えるのか、そこは映画のテーマではないと思うが…要は岩手県ご当地ムービーか。
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『影裏』沼田真佑の芥川賞受賞小説を綾野剛と松田龍平の共演で大友啓史監督が映画化した本作では、木々や渓流等の美しい自然を背景に2人の男の出会いと交流、そしてその後の意外な顛末を、人の持つ影の顔、裏の顔を浮き彫りにしながら描いていく。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『影裏』今まで見た大友監督作品とは全く異質。静寂と人物アップが繰り返される。ストーリーも事実を淡々と追い全く前後の説明なしに想像力を掻き立てられる。後半、人物が登場するたび驚く内容ばかりだか、これがまさに影裏なのか?#movie
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...