TOP >作品データベース >おいしい家族

おいしい家族

みんなの感想/評価
「おいしい家族」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    13
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
235
ポジティブ指数100
公開日
2019/9/20
配給
日活
解説/あらすじ
銀座で働く橙花は、夫と別居中。母の三回忌を迎え、船にゆられて故郷の離島へ帰ってきた。すると、実家では父が、亡き母の服を着ておいしいごはんを作ってまっていた。唖然とする橙花に追い打ちをかけるように、見知らぬ居候が登場。それはお調子者の中年男・和生と生意気な女子高生・ダリア。「父さん、みんなで家族になろうと思う」――。突然の父の報告に動揺する橙花とは裏腹に、一切気にも留めない様子の弟・翠が加わり、みんなで食卓を囲む羽目に…。新鋭作家・ふくだももこの長編初監督作品。短編映画『父の結婚』を今回長編化。
©2019「おいしい家族」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • akafundosi
    『おいしい家族』@ 塚口サンサン劇場観…違和感が付き纏う作品。「色々な形が在って…」と台詞を言わせる脚本の創り手が実は壱っちゃん"形"に拘っているのでは?と。形容は美しいが食べると不味い料理を出されている前半だったが「彼」が覚醒し素直になってからは美味しい「御飯」になった。
    いいね

    普通
  • writelefthand
    映画『おいしい家族』数えたカットは446。女装する板尾創路のビジュアルは最初は笑うが、服装だけで他は男性という様子には早々に違和感がなくなる。化粧とか服装とか、見た目と思いの齟齬をビジュアル面からも描こうとしていると感じた。音楽の使い方も独特だった。 #eigamote
    いいね

    良い
  • writelefthand
    映画『おいしい家族』鑑賞。母の三回忌に久しぶりに実家へ帰ると、父が母の服を着ている、というビジュアルには笑った。ただ、そこから従来の家族観にとらわれない関係性を描いているのに、帰ってきた主人公の戸惑いを誰もケアしない。結末には納得するがその過程は今もひっかかる。
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『おいしい家族』短編版の時は、「父の結婚」というタイトルだったと思うが、板尾創路以外は、キャストも代わって、内容も変わってるところもあって、穂香ちゃんがメインやね。それゆえ、板尾が控えめのように感じたのと、ごちゃごちゃした感じに。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『おいしい家族』 おそろしくラジカルな家族映画。血縁、性差、国籍といったあらゆるしがらみから全く自由で、常識に凝り固まった頭をシェイクされたようなインパクトを受けた。それでいて離島独特のゆったりとした時間が流れる優しい映画。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『おいしい家族』この映画にはものすごく試されていますね。見ながら全てのシーンに価値観や常識観や差別観などを問われている。板尾創路がごっつのシュールコントよろしく真面目な顔で女装しているから泣けるのに女装だから泣くのを邪魔される。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『おいしい家族』素晴らしかった!松本穂香の声がいい。終始出落ちな板尾創路の女装がすごく面白い。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『おいしい家族』全てのモノに名前があるのに、その本質を見失い自分だけがいつまでもその場から進めないもどかしさ。家族の定義があるならば血や籍じゃなく、同じ食卓を囲む事。オフビートな世界を全肯定する優しい温もり。寛容は誰でも使える魔法。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『おいしい家族』不寛容になっていく世の中で家族とは、人の繋がりとは何かを問う本作は、常識とかしきたりに縛られることなく人に優しくすること、愛することの素晴らしさを、おいしそうな料理と脱力系の笑いをてんこ盛りにして高らかに謳い上げる。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『おいしい家族』生きてさえいればなんでもいい #映画 https://www.cinemarev.net/entry/oishiikazoku.html @kukucoo だいぶ前の試写会なのに今さらUPですいません。後悔は本日9/20から。松本穂香さんと板尾さんが魅力的!
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『おいしい家族』試写@ HTC渋谷♪お父さんからお母さんになると宣言されたら…!? 代わりがいない存在だからこその戸惑いや反発に共感しちゃったあたり自分は寛容さ無いんだなぁと。全編通して肯定してくれる優しさと安心感が心地良かった!
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『おいしい家族』お父さんが作る料理が凄く美味しそう!お父さんは女性になるのでなく女装してるだけだと私は理解しましたが。お母さんが亡くなってお母さんへの気持ちが高じた感じが。島の人達は皆優しく海も綺麗。食事の美味しさと温もりある映画。
    いいね

    良い
  • wasei_koba
    『おいしい家族』実家に帰ると父が母になっていた。 愉快なシーンがいっぱい 島の自然がきれい 島のみんなが優しく父(校長)の女装を認めている 主人公のの橙花だけがまとも??という映画です。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →メシテロ映画ではあったけれども、もっとメシテロ映画だと予想していたので、もう少しお料理を見せてくれても良かった。(でも偶然家におはぎがあったので帰ってからガツガツ食べました。そうなるよねーー)松本穂香さん、大人になりきれない女の役、すごくイイ 『おいしい家族』#eiga #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『おいしい家族』久しぶりに実家に帰ったらお父さんがお母さんになっていた…って、そりゃ主人公みたいに反発心しか抱かないわ。身の回りがマイノリティになりすぎてマジョリティだったはずの自分の方がマイノリティになるという複雑さ。ヒロインの気持ちに寄り添える展開。 #eiga #映画
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • mooovie
    #おいしい家族』を試写会鑑賞。お父さんがお母さんに……。都会から島に帰ってきたら、父は変わっていた。コミカルでシュールな設定が板尾創路に合っていた。ジェンダーに切り込むという感じより、大らかな愛に満ちている作品だ。印象的なのは、… https://t.co/gNK1KbH1w7
    いいね

    普通
  • k8o8ju
    そういえば「おいしい家族」観た。 うーん、松本穂香だけが普通じゃないって言われてる感じがしてなんだか怖かった。 ホラー。
    いいね
  • nyoroica
    おいしい家族、伊勢エビのくだりでめっちゃ笑ってしまった
    いいね
  • n7_2_5
    おいしい家族 内容を知らずに見に行ったけど泣いた。他の人は泣く内容じゃないのかもしれないけど私は泣いた。たき~~😢良かったなぁ😭子を受けれいてくれた父の愛が大きくて大きくてホロリ。友人に気付かれるのが恥ずかしくてこっそり泣いた。
    いいね
  • fPiLfakLcqxs9n9
    時間がたまたま合って、メイン食べる前の漬け物程度の気持ちでみた「おいしい家族」が最高に面白かったのが良い予想外。こういう事があるから映画みるのをやめられない。
    いいね
    もっと見る Loading...