TOP >作品データベース >魂のゆくえ

魂のゆくえ

みんなの感想/評価
「魂のゆくえ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    20
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
212
ポジティブ指数96
公開日
2019/4/12
原題
First Reformed
配給
トランスフォーマー
上映時間
113分
解説/あらすじ
トラーはニューヨーク州北部の小さな教会「ファースト・リフォームド」の牧師。ある日、トラーはミサに来た若い女性メアリーから、環境活動家の夫マイケルが思い悩んでいるので相談に乗ってほしいと頼まれる。仕方なく出向いたメアリーの家でマイケルと話したトラーは、彼が地球の未来に思い悩むあまり、メアリーのお腹の子を産むのに反対していることを知る。必死に説得を始めるトラーだが、心の底ではマイケルに共感し自分の説明に納得のできないもうひとりの自分がいる。一方、彼は自分の所属する教会が環境汚染の原因を作る大企業から巨額の支援を受けていることを知る。本当の正義とは一体何なのか。トラーの信仰心は徐々に揺らぎはじめ、やがて怒りにも似た感情が彼を蝕んでいく…。
© Ferrocyanide, Inc. 2017. All Rights Reserved
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • 4410_Kupa
    『魂のゆくえ』 環境問題や戦争といった現代の矛盾に対してキリスト教者としての在り方に苦悩しつつ、開設250周年の伝統ある教会を切り盛りする牧師の物語。全身に有刺鉄線グルグル巻きのイーサン・ホークにWING魂を感じた。
    いいね

    良い
  • tsururuto
    『魂のゆくえ』イーサン・ホークの演技が素晴らしく、本当に良い役者になったなあと感慨ひとしお。世の中に対する怒りを秘めた主人公が過激な行動に出るのはタクシードライバーと同じだが、こちらはヒロイズムを廃しひたすら内省的なのが今日的。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【魂のゆくえ】不条理で狭量で排他的な社会、戦争、環境問題に病。絶望的な気分になるなという方が難しいと思います。想像を絶する痛みを背負い、答えの出ない問いに真摯に立ち向かう主人公の苦悩と解放が胸を打つ、激情のラストが忘れられません。
    いいね

    良い
  • jaknori1006
    『魂のゆくえ』イーサンホーク主演、ポールシュレイダー監督作品。宗教、環境問題とテーマは深い作品。主人公自身も病を抱えており、ある事件をきっかけに信仰心が揺らいでいく…心に抱えた闇や葛藤とイーサンホークの演技が素晴らしい作品でした。
    いいね

    良い
  • 624ken
    ヒューマントラスト渋谷で『魂のゆくえ』を鑑賞。環境活動家の相談にのる牧師さま。昨今のご時世では、宗教の教えではもう苦しいですね。真っ当な牧師さまだったら、厳しいですよね。ほんと、詭弁だけではどうしょうもない。考えさせられる映画です。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『魂のゆくえ』‪鑑賞。ある夫婦との出会いから、信仰と教会の現実との狭間で揺れ動くことになる牧師トラーをE・ホークが抑えた演技で好演。彼が導き出した結論、そこからの展開に驚かされた。#eiga
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『魂のゆくえ』劇場で鑑賞。"神の不在"を痛感させる現実を前に、信仰心ゆらぐ牧師の葛藤。終始漂う陰鬱な空気は淡々とした演出と相まって只管に重苦しい。狂気を抱え込む牧師の危うい姿を、抑制の効いた演技で体現するE・ホークが素晴らしい。良作
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『魂のゆくえ』イーサン・ホークが主演で数々の映画賞を獲得!という情報だけで観に行ったら何とも重苦しい雰囲気で始まり思いもつかないオチというかナンジャコレ⁉という気持ちで劇場を後に。後に『タクシードライバー』の脚本家が監督と知り納得
    いいね

    良い
  • koti5300
    『魂のゆくえ』観賞。目を背けていた物への気付きかそれとも根幹の変化か。信念へそして破壊へと進み初めてしまった列車はどこへ向かってしまうのだろう?先日観賞した「バイス」とある種、繋がる内容。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『魂のゆくえ』タイトルと大好きなE.ホークに魅かれて鑑賞。孤独で陰鬱な牧師が主人公。本当の信仰って何だろう…彼のように、世俗の苦しみを味わい、聖職につき、神に仕えてもなお悲劇から逃れられないなんて!でもラストはある種幸せな帰結かも。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『魂のゆくえ』HTC渋谷。キリスト教的宗教観が無いので理解しづらい部分は多い。ラストもメインディッシュ前に晩餐が終わるような肩透かし感が。とはいえあのまま進んだらテロの肯定になるので、ここはピンポイントで仕留めて欲しかった。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『魂のゆくえ』純粋な信仰心は、人には受け入れられないものなのか?マイケルが信じた環境保護。神からの試練に疑問を感じるトラー牧師。魂のゆくえというより、信仰のゆくえ。それでもメアリーが現れた事が、神からの救いの気がする。 #映画
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『魂のゆくえ』宗教は心の救いにもなるけどテロ行為の言い訳にもなる?信仰とは絶対的に正しいから対話による説得をすっ飛ばし行動する。米社会に対するテロのカウンターで描いてる?セックス暗喩か神の啓示なの?描写が判断できず製作側の狙い掴めず。宗教は人が考える思想に過ぎないと俺は捉える。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『魂のゆくえ』戦争を、環境汚染を、神の創造物への破壊行為を、神は許してくださる?子を亡くし、自らの病の兆候を感じ人生を閉じんとする牧師の苦悩。イーサン・ホークのやさぐれ牧師は必見。
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【魂のゆくえ】純粋な精神の脆さ危うさか。現実の世界に溢れる絶望に、信仰よりも救いとなるものが敬虔な牧師に芽生えたとすれば皮肉。マイケルの憤りがじわじわとトラーの心を侵食していく過程は、映像も語りも始終陰鬱なムードたっぷり。その分、終盤の急ピッチな展開に醍醐味を感じた。 #映画
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『魂のゆくえ』牧師が語り掛ける。一定のトーンは長く感じる。後半一線を外したようなイーサン・ホークが見もの。キリストの気持ちになれたのだろうか。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『魂のゆくえ』欺瞞に満ちた現代は真っ当な善人が生きるには余りにも受難の多い世界。キリストの苦悶を体現する牧師をE.ホークが迫真。!徐々に蝕まれ美しく壊れていく様はトラヴィスが重なる。死んで天国へ。は救済か?ラストがそっと問いかける。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『魂のゆくえ』牧師が協会へ疑問を抱く。環境問題や企業の献金など現代が内包する問題を定義した。イーサンホークが宗教への思いと協会への疑念に挟まりもがく姿、海洋汚染や世界各国でおこるテロが起こる地球を連想。見終わって魂の救済も感じた。
    いいね

    良い
  • mytako21
    『魂のゆくえ』★★★★☆ イーサン・ホークの演技だけでも見る価値あり
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『魂のゆくえ』 欺瞞で真実をすり替え傲慢な権力者とその庇護の下で救済を説く教会の矛盾。4:3のアス比が息苦しい。シンメトリーや対比する構造が随所に見られる。E・ホーク渾身の演技に圧倒される。十字架を背負わされるトラーに一筋の光。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...