TOP >作品データベース >COLD WAR あの歌、2つの心

COLD WAR あの歌、2つの心

みんなの感想/評価
「COLD WAR あの歌、2つの心」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    44
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
137
ポジティブ指数100
公開日
2019/6/28
原題
ZIMNA WOJNA
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
88分
解説/あらすじ
ピアニストのヴィクトルと歌手志望のズーラはポーランドの音楽舞踏学校で出会い、愛し合うようになる。冷戦中、ヴィクトルは政府に監視されるようになり、ベルリンでの公演時、パリに亡命する。歌手になったズーラは、公演活動で訪れたパリやユーゴスラビアでヴィクトルと再会。ズーラは彼とパリに住み始めるが、やがてポーランドに戻ってしまい、ヴィクトルも後を追う…。
[ Unknown copyright. Image not used for profit. Informational purposes only. ]
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tatshead7
    【COLD WAR】心が通うというのは、ほとんど奇跡なんだろうと思います。だからこそ、それは甘美で忘れがたく、解けない呪いのようでもある。その一瞬をうっとりと描く撮影に目を奪われます。2人がたどり着くあの結末を両親に捧げるのも憎い!
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『COLD WAR あの歌、2つの心』@ HTC有楽町♪音楽とモノクロの映像とがすごく魅力的だった。ズーラの変化がすごく自然で実際の年数を経たかのようで、長年に渡る行き先の見えない2人の微妙な距離感がひしひしと感じられた…。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #COLDWAR あの歌、2つの心  ♡思ってた以上に雰囲気系。運命というより決断のタイミングのズレからすれ違っていくズーラとヴィクトル。恋心は自分をも欺く。ポーランドの民族衣装や音楽が魅力的。白と黒で構成される透んだ映像。
    いいね

    良い
  • ssataka
    『COLD WAR あの歌、2つの心』ドイツ占領下からソ連進駐により、急速に社会主義国家へと変貌させざるを得なかったポーランドの様子が細やかに描写されており、非常に興味深く見応え十分。主演のお二人も非常に魅力的な一作、オススメ!!
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    57本目『COLD WAR あの歌、2つの心』(@tenpara_tw)。東西冷戦下、繰り返し変奏されるポーランド民謡を地で行くような恋愛というか腐れ縁的な男女の関係性。モノクロ映像の美しさとヨアンナ・クーリグの存在感に酔い痴れる。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『COLD WAR あの歌、2つの心』歌は世につれ世は歌につれ。音楽は歴史を映す。雄弁である。冷戦下という状況でなかったら彼らの愛憎劇はどうだったのかな。ズーラのオーディションシーンが、この映画の中で一番好き。
    いいね

    良い
  • trustpine
    COLD WAR あの歌、2つの心、観ました。冷戦下のポーランド・ベルリン・ユーゴスラビア・そしてパリを舞台に、音楽で結ばれ、互いへの愛だけは貫こうとする2人を描いた情熱的なラブストーリーです。詩情あふれるモノクロ映像が素晴らしい。ヨアンナ・クーリグがいいですね。
    いいね

    普通
  • eri1_10bit
    『COLD WAR あの歌、2つの心』時代に翻弄された二人の男と女、という物語自体に目新しさは感じないが、白黒の美麗な映像と音楽が素晴らしかった。ちょっと「芳華」を思い出しました。国が嫌いなんじゃない、社会主義が嫌いなんだ。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『COLD WAR あの歌、2つの心』意外に唄と踊りで魅せてくれる音楽映画だったなと。白黒映像は時代性表現だけでなく美麗だなと。二人の邂逅だけを切り取った大胆な構成がテンポ良く、また行間から起きたことや気持ちを想像しのめり込む。芸術と国家と愛、人生のタイミングの物語が切ない。
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『COLD WAR あの歌、2つの心』音楽は文句なしにいいし、モノクロ故の情感も伝わる。常に不機嫌そうなズーラもいいけれど、結局ヴィクトルとの主導権争いに終始した感じで、冷戦下だから絵になるが話自体は普通かも。監督の両親の話なのね。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『COLD WAR あの歌、2つの心』モノクロ、スタンダードサイズってのがちょっと狙い過ぎ感を醸しだしてしまったが、音楽は文句なく素晴らしい!映画を音声なしで流しながらサントラを聞くってのを真夜中のバーでやったらオシャレ。
    いいね

    普通
  • tkred2046
    『COLD WAR あの歌、2つの心』冷戦時代のピアニストと歌姫のロマンス。モノクロの映像が当時の世相や雰囲気と良くマッチしている。ヒロインが歌い上げる歌詞とストーリーがリンクしていてとてもドラマティック。運命の恋に圧倒された。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『COLD WAR あの歌、2つの心』激動の政治と個の情念が濃厚に絡み圧巻。不機嫌なズーラの、妖艶な眼差しがハートを射抜き、往年の若尾文子ばり!端正な構図と、余韻を繰り広げる大胆な編集は痛切なハートブレイクが地熱のように湧き上がる!
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『COLD WAR あの歌、2つの心』HTC有楽町。良い音楽が流れて気持ちよく観れるのだが、話の中身としては省略した部分をもっと見せて欲しかったり。
    いいね

    良い
  • 51thor
    『COLD WAR あの歌、2つの心』60年代冷戦を繰り返す音楽学校の先生と生徒の物語。男女の関係の中出会い、別れを繰り返す。その生き方はやや疑問ではあるが、ジャズや民族舞踏、クラッシックの名曲等の音楽が胸に響く #movie
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『COLD WAR あの歌、2つの心』音楽をやっているか、エッチをしているか、モノトーンの映像で美しく綴った映画。最近、大戦後の冷戦がテーマの映画が多い。その場に居ないと心情は分からないけど、二人に共感が出来ないなー。
    いいね

    良い
  • emim20177348
    『COLD WAR あの歌、2つの心』モノクロの映像と音楽・歌が素晴らしいが、ラストの二人の「選択」は共感できない
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『COLD WAR あの歌、2つの心』結局愛の主導権争いなのかな。ストーリーはそれほど魅力的でもなかったけど(ラストも尻切れみたいな感じ)音楽が良かった。ズーラ役のヨアンナ・クーリグの魅力に尽きるな。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『COLD WAR あの歌、2つの心』ズーラは歌が歌えればそれでいい。パリでのジャズを歌うのはそれほど好きではない。ヴィクトルの元カノの詩の歌を歌うなんて。フランスに馴染めないズーラはポーランドに戻る。結局ヴィクトルはズーラが忘れられなくて危険を承知でポーランドに帰る。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『COLD WAR あの歌、2つの心』戦争ものだと思ったらちょっと違った。音楽ラブ・ストーリー。なんで「WAR」ってタイトルなんだろう?愛の戦争。ヴィクトルはアーティストだから合唱団が体制翼賛歌をやるのは耐えられない。だから自由を求めてフランスに亡命する。ズーラはプレイヤーだ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...