TOP >作品データベース >幸福なラザロ

幸福なラザロ

みんなの感想/評価
「幸福なラザロ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    24
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
386
ポジティブ指数98
公開日
2019/4/19
原題
Lazzaro Felice
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
127分
解説/あらすじ
時は20世紀後半、社会と隔絶したイタリア中部の小さな村。純朴なラザロと村人たちは領主の侯爵夫人から小作制度の廃止も知らされず、昔のままタダ働きをさせられていた。ところが夫人の息子タンクレディが起こした誘拐騒ぎをきっかけに、前代未聞の労働搾取の実態が明るみとなる。ついに村人たちは恐る恐る外の世界へ出て行くが、ラザロだけは…。
©2018 tempesta srl ・ Amka Films Productions・ Ad Vitam Production ・ KNM ・ Pola Pandora RSI ・ Radiotelevisione svizzera・ Arte France Cinema ・ ZDF/ARTE
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tamagawajyousui
    『幸福なラザロ』アリーチェ・ロルヴァケル監督最新作の主人公ラザロを見ていると、聖書にある「ラザロの復活」と「金持ちとラザロ」の話を思い出す。地位や富に執着して慈悲を失った現代人に対し、“聖なる愚者”を描く本作は無垢な心の尊さを描く。
    いいね

    良い
  • Yu_Luck
    『幸福なラザロ』。実際に起こった事件を基にしているという。無垢なラザロの目を通し描くことにより寓話性を高めると同時に、現代社会の歪みを際立たせ、普遍的な物語へと昇華させることに成功している。 #幸福なラザロ @fansvoicejp
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #幸福なラザロ』小作制度廃止後のイタリアで起こった事件をベースに、善良なラザロの目を通して描かれる、時間や環境に支配されがちな人の心の刹那☆それでも全てを受け入れ包み込むラザロのありようは、絶望とは無縁の不思議な魅力を放ちます
    いいね

    良い
  • pharmacy_toe
    『幸福なラザロ』何より驚いたのは「何もしない」ラザロだった。怒らず、求めず、困っている友人のためなら命も差し出してしまう。この世知辛い世の中に間違って入ってきてしまった天使のようなラザロを観て「幸せはどこにあるのか」と考えてしまった
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • ville0096
    「幸福なラザロ」観賞。寓話の様なファンタジー的テイストと非情な現実感が共存する不思議な映画だった。キリスト教の逸話「ラザロの復活」をなぞった脚本は現代イタリア社会の皮肉と示唆に満ちていて何とも深い。特に教会のオルガンの音色が追いか… https://t.co/ZiySHMhyLI
    いいね

    良い
  • rkakinuma
    Bunkamura ル・シネマで『幸福なラザロ』を観ました。ラザロの眼差し、体つき、歩き方が印象的でした。内容を知らない状態で観れてよかったです。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「幸福なラザロ」善良なラザロは美しすぎて、人々は彼を直視出来ないのかもしれない。』 #幸福なラザロ #fansvoicejp https://t.co/4lHC6HJYQs
    いいね

    良い
  • no_emedia
    『幸福なラザロ』 何かを観逃したのではないか?と不安になるほどにラザロは黙々と働き続ける この労働に賃金が伴わないと知ってからはラザロのひたむきな姿は畏れをも感じさせる 搾取を気づかせないように街から離れた土地に 悪意に(cont) https://t.co/dUzeToWI4e
    いいね

    良い
  • kyamokyamo
    #幸福なラザロ』エンドロール後のスクリーンに、再び山深く美しい村に戻った人々が、姿を変えたラザロと共に和気あいあいと暮らす様子が浮かんでくるようでした☺真っすぐな眼差しで時も善悪も超越したラザロの佇まいに心揺さぶられます☆岡本太… https://t.co/8bEh6nPDRd
    いいね

    良い
  • chloeyuki
    そいや先日、映画『幸福なラザロ』観てボロクソ泣いた こ〜ゆ〜出会いがあるから映画好きで良かった あと昔思ってた『いい人になりたい』って気持ちを思い出したなー でも『いい人になりたい』って思うって事はその人はいい人ではないんだなーって思い知った
    いいね
  • fichus_D
    『幸福なラザロ』は間違いなく現代におけるイタリア映画の傑作でしょう
    いいね
  • yonemako
    昨日ようやく渋谷のUPLINKで「幸福なラザロ」を観賞。主題がタイトル通りなので、前作の「夏をゆく人々」の方が日本人には伝わりやすいかも。「ビリディアナ」のような展開を予想したら、終わり方は「インディアンランナー」の風味もあった。風景というか背景の大地が素晴らしい。
    いいね
  • ah_moc
    この間見た「幸福なラザロ」も面白かったので、実写映画に限れば自分の好みを選び出す嗅覚はまともらしい。
    いいね
  • eiganiwaka
    意識高い系クリスチャンマダムの話、「幸福なラザロ」にもそういうシーンがあったからたぶん日本がとうのという話じゃないし「幸福なラザロ」は傑作なのでみんな観てほしい。
    いいね
  • shu_spring7
    アリーチェ・ロルヴァケル『幸福なラザロ』面白い。あっけらかんとした落下や言われるがままに動かされる姿やラストの展開など、ラザロはサイレント映画のメタファーにみえる。落ちぶれた放蕩息子のキャラクターが素晴らしい。
    いいね
  • shika_and_zoo
    映画『幸福なラザロ』 なんという凄まじい映画だろう。見終わった後のこの気持ちはなんなのだろう。 ぼくは中途からずっと涙がとまらなかった。 彼の魂は永遠だ、きっと。
    いいね
  • rino5150
    「月を買った男」クライマックスに向かう後半の展開は「幸福なラザロ」をちょっと連想するような、現実と寓話が入り混じった感じの内容で、前半のバカバカしさがこういう風に着地するとは思いしない作品で面白かったな。
    いいね
  • risn_vvnt
    「幸福なラザロ」、他者のために音楽を奏で、物を運び、食べ物を分け与える。こうして生涯手を差し伸べ続けた彼は他者の記憶には残らないまま孤独に死んゆく。けれども、また他者へ自分の存在を分け与えるために生き返る。きっと何度でも。そんな彼が幸福、と言われることについて考える。傑作でした。
    いいね
  • mo_rie
    『幸福なラザロ』なで肩で中肉中背のラザロと長身細身のタンクレディの佇まいからして良い。光に満ちた山間部の景色と音楽がラザロを追いかけてくるシーンは映画的美しさに溢れてた。それにしても残酷なラスト、誰からも大事にされることなく狼のように生きた無垢な魂の辿る運命に涙が止まらなかった。
    いいね
  • sakakihat
    あまり予備知識なしで観た『幸福なラザロ』が凄く良かった。イノセンスを体現しているラザロに見つめられると、いかに自分が汚れているかを思い知らされる。中盤からの展開にびっくりしたし、深い余韻が残る。
    いいね
    もっと見る Loading...