主戦場

みんなの感想/評価
「主戦場」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    27
  • 普通
    2
  • 残念
    4
総ツイート数
75
ポジティブ指数85
公開日
2019/4/20
原題
SHUSENJO: The Main Battleground of The Comfort Women Issue
配給
東風
上映時間
122分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
日系アメリカ人監督ミキ・デザキが「慰安婦問題」をめぐる論争を様々な角度から検証・分析したドキュメンタリー映画。 慰安婦たちは「性奴隷」だったのか? 「強制連行」は本当にあったのか? なぜ元慰安婦たちの証言はブレるのか? そして、日本政府の謝罪と法的責任とは…? 次々と浮上する疑問を胸にデザキは、櫻井よしこ(ジャーナリスト)、ケント・ギルバート(カリフォルニア州弁護士/タレント)、杉田水脈(政治家)、渡辺美奈(女たちの戦争と平和資料館)、吉見義明(歴史学者)、中野晃一(政治学者)、ユン・ミヒャン(韓国挺身隊問題対策協議会)、パク・ユハ(「帝国の慰安婦」著者)など、日・米・韓のこの論争の中心人物たちを訪ね回った――。
(c)NO MAN PRODUCTIONS LLC
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • bamuse47
    『主戦場』監督の何故?や嫌悪!が映画制作の動機であれば自ずと物語の方向性は決まる。大日本帝国信奉者達は嬉々として自分の主張を話す演出の裏側には何があったのか。歴史修正主義者の面目躍如なのか。観る者が判断すればいい。
    いいね

    良い
  • 624ken
    シアターイメージフォーラムで『主戦場』を鑑賞。慰安婦問題を扱ったドキュメンタリー。言葉の定義が双方で違うように思うので、まあ解釈違うわな。そんで、途中で見方ががらっと変わる。現政権とバックの会議のやばさがわかった。びっくりの映画だ。
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『主戦場』レンタルで見ようと思っていたがSNS見ててやはり劇場で観るべきと思えたので。主戦場とする人たちの立場と主張を見せつつ主張はあるそりゃそうだ。それでもびっくりすることもありましたよ一箇所。のけぞった。兎に角色々知ることだ
    いいね

    良い
  • wkjqy063
    『主戦場』今年劇場で見た映画の61本目にあたるが、ボクにとっては文句なしにNo.1 の作品。 まず、若い監督のここまでいろんな歴史上の事実を探し求め、そこから真実を導きだそうとしている能力に脱帽。
    いいね

    良い
  • akeake10
    『主戦場』話題のドキュメンタリー、やっと観れました。従軍慰安婦なんていなかった、と断じる人達が、この映画の公開後、騙されて「出演」させられた!と憤っているのが何ともメタ的…想像力の欠如って恐ろしい。杉田水〇氏が映ると場内から失笑が。
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『主戦場』 今年の問題作見てしました。鑑賞後の速思ったのが、二郎系のラーメン食べた後のようなお腹一杯感。慰安婦問題は右翼が騒いでる程度の認識しか無かったので、見るには丁度良かったのかもしれません。→
    いいね

    良い
  • yes_exclamation
    何を語り、誰が語り、語る人物はどんな人格で過去を持ち、信用足り得るか?加害者、被害者でない当事者以外が主戦場となり開口する。沈黙を強いられた人々よりも悠長な嘲笑。歴史をなかったことにしようとし、歴史を繰り返そうとする愚行。『主戦場』
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『主戦場』いじめっ子は絶対責任をとらないし、そいつが原因だとしても責任を求めたらいじめに加担して自分をいじめてることになる。だから暴力の被害者は落ち着いたら自分を責めてセルフネグレクトのようなことをしないで前を向けたらいいな。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『主戦場』いじめっ子って責任転嫁の理論で動きますよね。被害者にも責任があると。いじめっ子は絶対責任をとらないし、そいつが原因だとしても責任を求めたらいじめに加担して自分をいじめてることになる。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『主戦場』人は病人健常者問わず狂っている時に自覚はないんです。だから自分を精神的な檻に閉じこめるしそう仕向けさせられる。水田も自分が「怒りたい」「憎みたい」をエネルギーにしてることに気づいてないし。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『主戦場』イジワル水田は論外だとしてもケントさんや櫻井さんに指示を出しているのが安倍首相だとすると現実を直視せずにファンタジーな根性論だけのブラック政府ってことになっちゃいますね。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『主戦場』レイプされたという証拠がないというのならそれをでっち上げさせてる黒幕を挙げる方が人数的にも時代的にも簡単ではないでしょうか。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『主戦場』怖すぎるから応援ツッコミ上映やHEY!たくちゃんの舞台挨拶つき上映をして和ませてほしいですね。ラストの加瀬さんは可愛すぎて爆笑したけど。あと来年はケントのアンサー側を作って奇数年爆笑偶数年ニヤニヤでいってほしいです。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『主戦場』取材対象者が画面の右と左に分けられてて分かりやすいんだけど、右の方にいる人が昔のディズニーヴィランを針すなおが描いたみたいな恐い顔。分かりやすい。右は距離感を掴めずに他人の領分を侵し過ぎるタイプ。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『主戦場』横浜シネマジャック&ベティにて。昼の回は満員でレイトは空いてるらしいけど、これはバスの時間だけじゃなく、夜に観ると怖くて眠れなくなるからだろうな。
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『主戦場』鑑賞。テンポよい抽出映像と語りのYouTuber感覚で論点を分かりやすく従軍慰安婦問題を取り扱う。インタビュー映像は人の浅はかさが印象的。右派左派で人の向きを変えてると思ったが例外も。監督の昔の動画も見たが2周位い回ってここに行き着いたのか。題材もだが切り口が興味深い。
    いいね

    良い
  • sunaimai20
    『主戦場』これだけの論者に直接話を聞いた労苦は尊敬できる。だが、映画としては面白くない。否定論者の陳腐さに新鮮味はないし、終始流れる不穏なBGMも不要。問題点が頭に入りやすい編集手腕(当然恣意的。それで良い。)は見事だった。
    いいね

    普通
  • sitaoka
    『主戦場』若者のインタで慰安婦問題を知らないという人ばかりなのだが、これが制作者がそういう人たちだけを選んだ結果だけとも思えず、暗澹たる思いになる。劇場数が限られているとはいえ、それなりに観客を集めていることが救いか。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『主戦場』従軍慰安婦問題に切り込んだドキュメンタリーで、非常に勉強にもなるけど、インタビューで出演してる何ちゃら水脈議員の思慮の無さと頭の悪さが際立ってて、こんな女が居るから「女の浅知恵」とか不名誉な言葉が生まれたんだろうなと思う。
    いいね

    良い
  • ara_shinya
    『主戦場』鑑賞。慰安婦問題のドキュメンタリー映画かと思ってたんだけどそうではなかった。なかなか面白けど、感想は何を言えば良いのかちょっと分からないなぁ。 個人的には新しい発見のような物は無かった、ただ底知れぬ溝のような物を感じた。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...