TOP >作品データベース >ENGLAND IS MINE(原題)

ENGLAND IS MINE(原題)

みんなの感想/評価
「ENGLAND IS MINE(原題)」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
1
ポジティブ指数0
公開日
2019/5/31
原題
ENGLAND IS MINE
上映時間
94分
解説/あらすじ
1976 年マンチェスター。高校をドロップアウトしたスティーブン・モリッシーは、ライブに通っては批評を音楽紙に投稿するだけの毎日。家計を助けようと就職しても職場に馴染めず、仕事をサボって詩を書くことが唯一の慰めだった。そんなとき、美大生のリンダーと出会い、彼女の後押しもあってバンドを組むことになる。初ライブは成功、スティーブンはミュージシャンになろうと仕事を辞める。しかし順調に思えた彼を待ち受けたのは、別れや挫折だった。1982 年、それでもあきらめずに音楽を続けるスティーブンの元に1人のギタリストが訪ねてくる。それは、のちに彼と「ザ・スミス」を結成するジョニー・マーだった。
© 2017 ESSOLDO LIMITED ALL RIGHTS RESERVED.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • PUJ920219
    モリッシーがザ・スミスを結成する前日譚を描く変則的な伝記もの。歯に衣着せぬ発言連発だったモリッシーがここでは小心者な音楽オタク。でも『World Is Mine』な性格は不変。モリッシー役のJ・ロウデンは風貌こそ似ても似つかないが、気だるくてアンニュイな雰囲気はよく出ている。
    いいね

    普通