TOP >作品データベース >さらば愛しきアウトロー

さらば愛しきアウトロー

みんなの感想/評価
「さらば愛しきアウトロー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
0%
  • 良い
    0
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
2
ポジティブ指数100
公開日
2019/7/12
原題
THE OLD MAN & THE GUN
配給
ロングライド
上映時間
93分
解説/あらすじ
ハリウッドを代表する名優ロバート・レッドフォードの最新作であり、惜しまれつつも俳優引退作となる作品。80年代アメリカ。紳士的な犯行スタイルで、銀行強盗と16回の脱獄を繰り返した伝説の銀行強盗フォレスト・タッカー。事件を追うジョン・ハント刑事は、一度も人を傷つけず2年間で93件もの銀行強盗を成功させた彼の仕事ぶりに魅了され、仕事に疲れるだけの毎日から逮捕へ向けて再び情熱を取り戻す。フォレストが堅気でないと感じながらも、心奪われてしまった恋人もいた。そんな中、フォレストは仲間と共に金塊を狙った大仕事を計画するが——。
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation All Rights Reserved
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
    まだ、レビューが投稿されていません

    この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『さらば愛しきアウトロー』試写。ロバート・レッドフォードの(本人曰く)俳優引退作。優しく紳士的で、ミステリアスな銀行強盗。暴言も暴力も皆無、脅された方も彼に魅せられたのか呆然とする有様が痛快。趣味=銀行強盗?!彼を追う刑事は観客目線。カッコよくて少しユルい、心が癒される秀作。
    いいね

    良い
  • tsunetaku
    デヴィッド・ロウリー『さらば愛しきアウトロー』も『ア・ゴースト・ストーリー』に続きスローシネマ的だった。スーパー16の撮影で実現させた70年代のような映画のルックが見事(撮影監督は『ドント・シンク・トワイス』のジョー・アンダーソン… https://t.co/Is9nKqkGTa
    いいね