TOP >作品データベース >酔うと化け物になる父がつらい

酔うと化け物になる父がつらい

みんなの感想/評価
「酔うと化け物になる父がつらい」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
50%
  • 良い
    14
  • 普通
    5
  • 残念
    2
総ツイート数
109
ポジティブ指数85
公開日
2020/3/6
配給
ファントム・フィルム
解説/あらすじ
普段は無口で小心者なのに、酔うと“化け物”になる父と、新興宗教にハマる母。一風変わった家庭で育った主人公のサキは、“化け物“のおかしな行動に悩まされ、徐々に自分の気持ちに蓋をして過ごすようになる。自分とは正反対で明るく活発な妹や、学生時代からの親友に支えられ、家族の崩壊を漫画として笑い話に昇華しながらなんとか日々を生きるサキ。そんなある日、アルコールに溺れる父に病気が見つかってしまう…。
©菊池真理子/秋田書店 ©2019 映画「酔うと化け物になる父がつらい」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kiyokiyo1222
    『酔うと化け物になる父がつらい』贅沢な俳優陣を起用したのに再現映画にとどまってしまったような残念さが残る。松本穂香はなかなか涙が出ない女優というイメージ、頑張ったかな今回は。それにしてもベッドシーンのガードの固さは尋常じゃない。
    いいね

    普通
  • jasminya
    『酔うと化け物になる父がつらい』なんか酒飲みの気持ちが分かるっていうか。でも、今のこの状況で家にいる時間が長くなるというのはついつい酒飲んでしまうな…アル中なりそうや。。。
    いいね

    良い
  • jasminya
    『酔うと化け物になる父がつらい』このお父ちゃん、べろべろに酔っ払って帰ってくるけど、朝はちゃんと仕事に行くところがエライ!ってそんな話じゃないんやろな~子供にとったら約束破る大人はサイテーやろうけど、大人になって姉ちゃんも分かった?
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『酔うと化け物になる父がつらい』7)これは本作を語る上で俳優部は外せない。特筆すべきはともさかりえ。彼女はちょっとおかしなバランスをやらせたら最近フェーズが違うところまで行った感覚ある。渋川清彦については最高です。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『酔うと化け物になる父がつらい』6)本作は撮影と美術・セットが凄い仕事していた。敢えて、カメラが酒に酔った感覚を出すことを意図的にしている。ピンぼけを効果的に入れ込むのは観客すら酔わせている。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『酔うと化け物になる父がつらい』5)本作はハッピーエンドに拘泥しないコメディであるが、そこに到達するまでのバランス感覚とテンポの良さが見事。また依存症を示すメタファーとしての2つのゲームが、心を隠すことと、ひっくり返すと色が変わる。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『酔うと化け物になる父がつらい』4)依存症と関わることとは、私自身がジョーカーになることと、誰かがジョーカーになることを、その2つを受容することであり、それを認めることでもある。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『酔うと化け物になる父がつらい』3)『依存症は否認の病。そして病の奥には悲しみがある』。私は自分自身が依存症でもあると同時に、パートナーも依存症でもある。共依存関係かもしれない。だから、映画で描かれるシーンはどちらともとれる。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『酔うと化け物になる父がつらい』2)本作の最大限の魅力は依存症を家族愛とかに落とし込めないとしたことにある。原作者も監督も本作をハッピーエンドにしないことを意識した。これが凄い。そして依存症の多様さについて配慮が行き届いている。
    いいね

    良い
  • Skeltia_vergber
    『酔うと化け物になる父がつらい』1)評価S。2020年ベストレベルなのは、私自身がアルコール依存症だからだ。鑑賞前も酒を呑み、鑑賞中も呑んで、感想を考える時も呑んでいた。そしてこれを書くときも飲む。だから突き刺さる。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『酔うと化け物になる父がつらい』松本穂香ってこういうちょっと引きこもり的な役が続いているけどなんでだろう。新興宗教とのかかわりが意外とあっさり脇役で、酔っ払いがくどいのは仕方ないが、なんかそれだけになっちゃたかな #酔う化け感想
    いいね

    普通
  • tsuya_pi
    『酔うと化け物になる父がつらい』 ★★ ごめんなさいの一言だけで受けた心の傷が癒えるはずもない。もしもその気持ちがあるのならその後一生かけて誠意を行動で示すべき。酔って破った絵を直すよりもっとすべきこと出来ることはあったと思う。
    いいね

    普通
  • trustpine
    酔うと化け物になる父がつらい、観ました。アルコール依存症の父と新興宗教にのめり込む母に悩みながら生きる娘を通して、家族の姿を赤裸々に描いたコミックエッセイを映画化。松本穂香、渋川清彦の好演は光りますが、劇版と編集の所為か、なんかコントを見ているようで、違和感がぬぐえません。
    いいね

    普通
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「酔うと化け物になる父がつらい」娘目線なのが辛かったです。お父さん目線の方が観たかったな。』#酔うと化け物になる父がつらい #邦画 https://t.co/gRWOmZkkUq?amp=1
    いいね

    普通
  • sitaoka
    『酔うと化け物になる父がつらい』松本穂香目当ての鑑賞でたいして期待もしてなかったがその通りの結果に。終盤に松本がやや感情をむき出しにする場面があるがそれまでは、酔っ払いの父親に振り回される家族が続くのみでつらいだけ
    いいね

    残念
  • Pooh_kuru_san
    『酔うと化け物になる父がつらい』世の中が白黒で判別出来ない様に、父が酒を呑む理由も、娘がそんな父を恨む理由も真っ当な感覚で、そこに化け物は存在しない。負の感情を飲み込む前に愛されたいと吐き出す勇気があれば。それが出来ない辛さが滲みた
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『酔うと化け物になる父がつらい』自分はこの親父みたいな化け物じゃない(と思っている)が飲まずにいられない弱さには共感するのでつらい映画でした。彼の人生や呑む理由に一切の擁護できないし親子は別に縁を切ってもいいと思うけど、家族として愛されていたという気持ちを持つ意味はあるのではと。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『酔うと化け物になる父がつらい』菊池真理子の実体験に基づいたコミックエッセイを松本穂香と渋川清彦のW主演で映画化した本作を観ると、親子とか、家族とは何かを見詰め直したくなる。描かれた家族崩壊の先にある救いや優しさが心に沁みます。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『酔うと化け物になる父がつらい』 30年間父親のアルコール依存症に苦しんだ、家族の地獄の物語。毎回意識がなくなるまで飲み続けた父親は重度の依存症であり、それを放置し続けた話は決して美談でもなんでもない。むしろ社会の害悪でさえある。
    いいね

    残念
  • tomomori34
    『酔うと化け物になる父がつらい』家族の濃い物語。笑いと涙。主人公としたら化け物でも第三者からしたら潰れるまで飲む父の言えない辛さや宗教にはまる母の気持ちもわかる。でもその渦中にいたらわからない。わかる時は涙だね。 #酔う化け感想
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...