TOP >作品データベース >ゴールデン・リバー

ゴールデン・リバー

みんなの感想/評価
「ゴールデン・リバー」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    42
  • 普通
    6
  • 残念
    0
総ツイート数
291
ポジティブ指数94
公開日
2019/7/5
原題
THE SISTERS BROTHERS
配給
ギャガ
解説/あらすじ
時はゴールドラッシュ。普通を夢見る兄と、裏世界でのし上がりたい弟は、最強と呼ばれる殺し屋。政府の内密な依頼で偵察係と追うことになったのは、黄金を見分ける化学式をみつけた科学者。しかし、黄金に魅せられた4人は手を組むことになり…。
Ⓒ 2018 Annapurna Productions, LLC. and Why Not Productions. AllRights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • renn6161
    『ゴールデン・リバー』悲鳴も罵声もひとりでは響かない。自分に全て降って来るのをただ受け止めることを孤独と呼ぶのなら。差し出された腕を握って共に堕ちてくれる人がいるのなら。不器用で哀しい男たちが人生の輪を回す。ゆっくりと。ゆっくりと。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【ゴールデン・リバー】思えばこの監督はいつも暴力の連鎖は断ち切ることができるかというテーマに向き合い続けているように思います。血と金と権力の支配から逃れることが容易でないのは現代もそうですが、監督が示したその先の答えが胸を打ちます。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ゴールデン・リバー』2か月ぶりにおかわりにありつけた!「夢に目が眩む」ほんとそうね、と噛み締めて見ました。改めて、ハーマンがジョンを見つめるシーン、長すぎるのでは??と混乱しました。
    いいね

    良い
  • tsuccheee
    60本目『ゴールデン・リバー』(@tenpara_tw)。黄金に目の眩んだ者たちが互いを出し抜く話と思いきや、原題「THE SISTERS BROTHERS」どおり兄弟の物語。良い意味で裏切られた。J・C・ライリーがいい味出してる。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ゴールデン・リバー』ゴールドラッシュをイメージした邦題よりも、殺し屋のシスターズ兄弟の修羅の旅が中心になっている本作は原題の方がしっくりくる。フランスの名匠ジャック・オディアール監督は演技派キャスト達で捻りの効いた西部劇を描く。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『ゴールデン・リバー』腕っぷしの強さや、知力の応酬でのし上がる。要所にできた町には秩序があるが、その緊張感は緩まない。この世界観、堪らない。四人のオトコの損得や厚情やの錯綜。まるで蛍が飛び交ったかのような輝ける川は、夢だったのか。
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『ゴールデン・リバー』ゴルドラッシュに沸く時代の本格的な西部劇は、そんなに腕がいいようには見えない兄弟だが、結構強いんだけれど、金に目がくらんでかなりやばい薬品使ってひと儲けしようとたくらんだ代償はちょっと大きかったよな。
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『ゴールデン・リバー』★★★★☆ディテールが観たことのない新鮮さ。
    いいね

    良い
  • nm_ikabutamodan
    『ゴールデン・リバー』シャンテで鑑賞。格好いい西部劇ではないが人の繊細な部分も描かれているいい映画だった。でも、なんだかんだであの兄弟は強い。引鉄を引くタイミングがカッコいい。
    いいね

    良い
  • bamuse47
    『ゴールデン・リバー』西部劇の緊張感は、生死の境を拳銃の重さと引鉄の軽さが作り上げる。たがら怖い。ゴールドラッシュのアメリカを舞台にした欧州式西部劇。四人の芸達者な役者に引っ張られた、マッドマックス的な物語に感銘する。
    いいね

    良い
  • uwfcaptured
    『ゴールデン・リバー』TOHOシャンテ。西部劇を観に行ったつもりが違う作品を観た感覚に。なかなか西部劇に歯磨きシーンは出てこないのでちょっと新鮮。銃撃シーンもあるのに殆ど印象に残らないのが少し残念。
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ゴールデン・リバー』兄弟が抱えていた苦悩。今の生活を捨てることで、生きてきた。けれど、いつまでそうやって生きていけるのか。ふとした時に押し寄せる不安。兄弟が決意した瞬間、道は拓ける。兄弟の絆は強いんだなぁ。 #映画
    いいね

    良い
  • haripote40
    『ゴールデン・リバー』邦題からしてゴールド・ラッシュの話かと思ったが、スクリーンで最初に登場するヘンテコな原題を見て、意味不明になった。でも、お話の内容は原題のままだった。遠回りして、遠回りして、やっと落ち着くまでのお話。 #映画
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『ゴールデン・リバー』@シャンテ♪追う者と追われる者の緊張感ある関係が変化していくのが面白かった。そこまでの積み重ねとあっけなさのギャップがまた良いんだよ…(>_<)
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『ゴールデン・リバー』金採掘の争いかと思いきや、殺し屋兄弟の話だった。原題の方がいい気がする。家庭問題が流れ、考え方の違いに折り合いをつけながらも弟を支える兄J・C・ライリーが好演。そして、二人の帰る家、人があって本当に良かった。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ゴールデン・リバー』西部劇らしくない西部劇。暗闇から始まるのは目先の欲で回りが見えなくなっていることの比喩か。兄弟の家族問題が根底に流れる。主要4人の芝居に見惚れてしまう。特にJ・C・ライリーは圧巻!人生には金以上の宝がある。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『ゴールデン・リバー』予告編から、金を巡る攻防なのかと思っていたのだけど、雇われ殺し屋シスターズ兄弟の話だった!メインの4人は誰もが濃い役どころだけど、特にジョン・C・ライリーの存在感は抜群。地味に乙女よね(笑) #映画
    いいね

    良い
  • kryptonite_jpc
    『ゴールデン・リバー』仏人が撮った西部劇は、抑制を効かせつつも程よく見せ場もあって退屈することがなかった。雇われ殺し屋シスター兄弟、連絡係と科学者それぞれの関係性も見どころ。特にジョン・C・ライリーの好演が光る。歯磨きとショール…
    いいね

    良い
  • ezrakun0224
    『ゴールデン・リバー』邦題と予告、ポスターは記憶から消してみるべし。シスターズ兄弟は愛すべきキャラクター。続編希望。
    いいね

    良い
  • yumie5959
    『ゴールデン・リバー』音楽がよくって気になって調べる。アレクサンドル・デスプラ。素晴らしい! ジェイクの詩人っぽい朗読とか後半見せるホアキンのキレイな顔とかライリーさんのこちらをニヤニヤさせる演技とか。実家が小ぎれいなのもツボ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...