TOP >作品データベース >ワイルドライフ

ワイルドライフ

みんなの感想/評価
「ワイルドライフ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
95%
  • 良い
    20
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
30
ポジティブ指数100
公開日
2019/7/5
原題
WILDLIFE
配給
キノフィルムズ
上映時間
105分
解説/あらすじ
1960年代、カナダとの国境にほど近いモンタナ州の田舎町。14歳のジョーは、ゴルフ場で働く父ジェリーと家庭を守る母ジャネットの1人息子。新天地での生活がようやく軌道に乗り、睦まじい夫婦の姿を息子が安堵の面持ちで眺めていたのもつかの間、ジェリーが職場から解雇されてしまう。さらに、ジェリーは命の危険も顧みず、山火事を食い止める出稼ぎ仕事に旅立ってゆく。残されたジャネットとジョーは働くことを余儀なくされ、母はスイミングプール、息子は写真館での職を見つけるが、生活が安定するはずもない。やがてジョーは、優しかった母が不安と孤独にさいなまれ、生きるためにもがく姿を目の当たりにすることになる…。
©2018 WILDLIFE 2016,LLC.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • Limawano55
    『ワイルドライフ』これをみなくてはと決めてた理由を忘れてしまい最後になって思い出した。ポールダノ監督だからだ。最後の方は泣きそうになった。キャリーマリガン壊れたようなくしゃくしゃと不幸に歪んでゆく表情が見事。こういう絵があったようだ
    いいね

    良い
  • Limawano55
    『ワイルドライフ』モンタナの山懐に抱かれた町ってああいう風景なんだ。静かに飲み込まれるようだ。その向こうに山火事の煙。雪が降るまではおさまらない。辛い家の中をみせてゆく。14歳の目線はきちんと人をみていふ。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『ワイルドライフ』@新宿武蔵野館|ポンコツ夫婦に振り回される少年だけど、かつては幸福な家庭で愛情いっぱい育てられたんだろうな〜くもりのない心を持って、両親に向き合っていた。ポール・ダノ&ゾーイ・カザン、キャストも優秀。繊細。
    いいね

    良い
  • garancear
    『ワイルドライフ』本作が初監督とはポール・ダノは驚きの才能の持ち主だった。両親役の名演技をじっくり捉えるが、キャリー・マリガンが良い表情をしている。美しいのだが疲れ痛々しい。ジェイク・ギレンホールはFFHもいいけどやはりシリアス映画の人だよね。 #映画
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『ワイルドライフ』主役はジェイク・ギレンホールと思ってたら、実はキャリー・マリガンだった!少年の成長ストーリーでもあるけど、ダメな夫から自立しようともがく女性の話でもある。切ない。14歳ジョーが、若くしたポール・ダノっぽい! #映画
    いいね

    良い
  • nodatetu
    『ワイルドライフ』(続き)ラストの家族写真撮影はやはり感情を揺さぶられる。34歳の母親役のキャリー・マリガンの老け過ぎた表情が多少気になる。繊細な息子役エド・クセンボールドって「ヴィジット」のラップ少年じゃないか!
    いいね

    良い
  • nodatetu
    「ワイルドライフ」恵比寿で鑑賞。ポール・ダノ初監督作。J.ギレンホール、C.マリガン主演。60年代モンタナの片田舎を舞台に14歳の息子ジョーの視点で壊れゆく家族を静かに描く。父の失業と母の浮気等、ダメ親の弱き部分を目の当たりにし困惑しながらも真っ直ぐな眼差しの息子の姿は好感。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『ワイルドライフ』キャリーマリガンが新境地?家族仲良く暮らしたい気持ちはあっても互いに譲れないものを妥協出来ない夫婦。間に入る息子の表情の変化が語る。家族って?互いにわかっているようでわからない。劇中アメリカらしい風景も素敵でした。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    『ワイルドライフ』両親の人生の転機に遭遇、その弱さや欠点に戸惑いながらも二人を何処か暖かく見つめる少年の成長譚。ポール・ダノ初監督作は早くも大物の風格を感じさせる。60年代モンタナの描写も素晴らしかった。
    いいね

    良い
  • fleur_eau
    『ワイルドライフ』いいものを食ってきたんだろうなとセンスの良さを感じさせるP・ダノの初監督作品。初めてメガホンを取ったとは思えない老練さを感じる。逆に不満と言えばそこかも。もっと若さがあっても良かったか。スタートとしては上々だろう。
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『ワイルドライフ』父、母、息子それぞれの立ち位置と思いが演出の端々から理解できるように描写されてるから、本当に胸がヒリヒリと痛い。なんと言ってもジョーが一番辛いのに、だからこその姿を見せてくれる筆致に感じ入る。過ぎた時間は戻らず人生は苦さを受け入れ続いていく。ポール・ダノ快作。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『ワイルドライフ』モンタナの自然に囲まれた生活、ままならない生活。思春期の息子ジョーは、父の失業をきっかけに歯車の噛み合わなくなった両親の姿を見て、言いたい言葉を飲み込んで大人になっていく。人生はままならない、ワイルドライフ。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『ワイルドライフ』家族という森に訪れた火種や燻りを、観客を息子ジョーの目線に合わせて、14歳という多感な時期に抱える想いを味あわせてくれた。彼の目に映る大人たち像は、自分で咀嚼して飲み込むには大きな塊過ぎると感じただけにラストに涙。
    いいね

    良い
  • spau_39
    『ワイルドライフ』20190706@新宿武蔵野館
    いいね

    普通
  • frodopyon
    #ワイルドライフ  ♡自由奔放な生活を意味するタイトルが切なく響く…。主人公の少年ジョーがなんとなくポール・ダノっぽい。ゾーイ・カザンとの共同脚本かぁ。内容よりキャストの表情や映像の美しさに酔う作品。P.ダノ、これが初監督作!?
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『ワイルドライフ』 P・ダノの監督作。地味に良かった。有名俳優2人揃えた所も凄いよね。きちんと作った丁寧な雰囲気でした。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『ワイルドライフ』 ミステリオことジェイク・ギレンホールがお父さん。うだつの上がらない父親が、一念発起して火のエレメントを退治しに家を空けてる最中に、母親が金持ちの男と出来てしまう様を、見つめる少年の表情が切ない。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『ワイルドライフ』リチャード・フォードの同名小説を原作にした俳優ポール・ダノの初監督作品では、健気で家族思いの14歳の息子ジョーの目を通して、幸せな家庭が両親の行き違いから崩壊していく様子がエモーショナルに描かれていて切なくなる。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『ワイルドライフ』14歳の少年とまだ30代の未成熟な両親の綻び崩壊していく日常。モンタナ州の煙る風景宛らの映像は古いアルバムをめくるような哀愁と、そこに滲む悔恨や不安を炙り出す。そしてささやかな希望を覗かすラスト。P.ダノは芸術家だ
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「ワイルドライフ」人間が根底に持つ曲げられない感情が細かく深く描かれていました。』https://twitter.com/yukigame/status/1145783125437374464
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...