TOP >作品データベース >嘘八百 京町ロワイヤル

嘘八百 京町ロワイヤル

みんなのつぶやき
「嘘八百 京町ロワイヤル」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    19
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
25
ポジティブ指数100
公開日
2020/1/31
配給
ギャガ
上映時間
106分
解説/あらすじ
かつて、大阪・堺で幻の利休の茶器で大勝負を仕掛けた古物商の則夫と陶芸家の佐輔。2人はそれぞれの人生を送っていたが、ひょんなことからお宝眠る古都・京都で再会を果たす。そこで出会ったのは、着物美人の志野。彼女のけなげな想いにほだされて、2人は利休の茶の湯を継承し「天下一」と称された武将茶人“古田織部”の幻の茶器にまつわる人助けに乗り出すが…。それは、有名古美術店や大御所鑑定家、陶芸王子、テレビ番組をも巻き込む大騒動に――。
©2020「嘘八百 京町ロワイヤル」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • trustpine
    嘘八百 京町ロワイヤル、観ました。京都を舞台に骨董コンビが、父の形見である古田織部の幻の茶器を騙し取られた着物美人に揃って恋心を燃やし、彼女を助けるために、大物相手にコンゲーム繰り広げるコメディの続編。前作のドタバタ感が好きだったので、少し期待と違いましたが、シリーズ化に期待!
    いいね

    普通
  • st_yokohama
    『嘘八百 京町ロワイヤル』悪党がもっと悪党を騙して懲らしめる。日本人が好きなアレの第二弾です。1作目は観てなくても大丈夫。ただ前作もそうだけどややトリックが雑なのが玉に傷。キャストが良いだけに勿体ない。一見の価値はあり。
    いいね

    普通
  • KJ_LINE
    『嘘八百 京町ロワイヤル』茶碗も人間も歪みがあるから味が出る。肝心なのは歪みをどう活かすかだ。悪事を働く輩を知恵でやり込める構図自体は魅力的だ。お宝の世界は目利きが命。騙された者が悪い。だからこそ騙し合いの駆け引きが面白いのだろう。
    いいね

    普通