TOP >作品データベース >プロジェクト・グーテンベルク 贋札王

プロジェクト・グーテンベルク 贋札王

みんなの感想/評価
「プロジェクト・グーテンベルク 贋札王」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    4
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
5
ポジティブ指数100
公開日
2020/2/7
配給
東映ビデオ
上映時間
130分
解説/あらすじ
偽造画家のレイがタイで逮捕され香港に護送されるが、高名な美術家ロアンによって保釈されるところから物語は始まる――。舞台は1990年代のカナダへ。貧しい画家であったレイは恋人と将来に希望を託すが、なかなか認められず、いっこうに暮らしは楽にならない。こっそりと絵画の偽造に手を染めだすレイは「画家」と名乗る男に腕を認められ、彼が運営する偽札組織で働くことになる。やがて米ドル紙幣の偽札発見テクノロジーの進化をあざ笑うように、彼の偽札造りは世界を席巻していくが…。
© 2018 Bona Entertainment Company Limited
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • shiron56158431
    『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』“ラスト15分、衝撃の真実”で新たに浮かび上がる人物像がやるせない。 エンドロールを眺めつつ、フルスピードで物語を再構築していく興奮!! チョウ・ユンファ様の魅力全開で痺れます。
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    贋札作りがテーマの映画なのにドッカンドッカン爆発するのである。それもアフリカの武装勢力が一掃されるレベルの爆薬が惜しみ無く使われ、滅茶苦茶にマシンガンを乱射して人が死にまくる!この爆発への情熱は間違いなく本物です
    いいね

    良い
  • 28kawashima
    『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』本物と偽物をテーマに一貫しており、あらゆるアレ系映画の手法を混ぜ込んでいたのは逆にスマートではなくなった気がするがまあこれもテーマ考えると納得。しかし一番の見所は中国資本による爆発の連続である
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【プロジェクト・グーテンベルク(邦題未定)】 東京国際映画祭2018にて鑑賞。愛情、庇護と抑圧の人間関係を織り込みつつ、本物か偽物か…の対抗軸で見せ切ったサスペンス。ラストまで考えさせられ悩ましい。紙幣偽造の技術や豪快な戦闘アクションも見応え充分。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • marumekurando
    『プロジェクト グーテンベルク 贋札王』(無雙)  才能に限界を感じ、絵画の模写に活路を見いだした男を、"画家"と名乗る謎の男は悪の道へと引き入れていく。80〜90年代香港映画全盛時の熱気の再現を意図した力作。 2020年2月7日… https://t.co/H2ra0crbOx
    いいね