TOP >作品データベース >命みじかし、恋せよ乙女

命みじかし、恋せよ乙女

みんなの感想/評価
「命みじかし、恋せよ乙女」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
75%
  • 良い
    6
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
10
ポジティブ指数100
公開日
2019/8/16
原題
Kirschblüten & Dämonen
配給
ギャガ
解説/あらすじ
ドイツ・ミュンヘンで1人暮らしをする男性カール。酒に溺れた彼は、仕事を失い、妻は幼い娘を連れ家を出てしまった。孤独に苦しみ、泥酔の末に「モノノケ」を見るようになるカール。そんなある日、彼の元を日本人女性のユウが訪れる。ユウは10年前に東京を訪れていたカールの父親ルディと親交があり、いまは亡きルディの墓と生前の家を見に来たのだと言う。しぶしぶ彼女に付き合うカールは、次第にユウに惹かれていく。2人は人生を見つめなおすため、ユウの祖母に会いに日本へと向かうが――。
©Constantin Film Verleih GmbH/ Mathias Bothor
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「命みじかし、恋せよ乙女」樹木さんの出演作と言いながら出演は後半のほんの少しだけです。残念です。』 https://t.co/hPrZX9mj6r?amp=1
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『命みじかし、恋せよ乙女』アル中でポコチン切って幻覚かそれとも幽霊かにうなされて、妻にあいそつかされて、もう人生に滅亡したような彼が、突然現れたユウに振り回されてという中で、これが遺作となった樹木希林が出てきてから話が締まったな
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『命みじかし、恋せよ乙女』酒に溺れ、全てを喪失した男と、死の香りを漂わせる日独の妖たちが織り成す過去から現在への転生。幽界を彷徨う朧げな前半と樹木希林の登場と共に血潮に染まる酔芙蓉の様な作品。怪談話宛らの鮮烈さと美しさの印象を残す。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『命みじかし、恋せよ乙女』これの前編にあたる作品があるそうで、それが日本未公開なのが悔やまれる。ちょっとアッバス・キアロスタミ監督のカラーを感じたのは自分だけだろうか?樹木希林さんの洋画デビュー作にして遺作でもある。印象に残る作品!
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『命みじかし、恋せよ乙女』主人公のドイツ人男性が日本で何を見出すのか知りたくて鑑賞。一言で言えばグローバルな現代版怪談!? 笑っていいのか、つっこむべきなのか戸惑う場面多し。ドイツ人がこの物語や作品の中の日本をどう思うか聞いてみたい
    いいね

    普通
  • Mock_Turtle99
    『命みじかし、恋せよ乙女』西洋では、デーモンを忌避しようとするのに対し、日本人ユウがデーモンをもてなそうとした姿がすべてを象徴する。ドイツから日本へ、それを繋ぐ樹木希林さんが、存在感を発揮する。希林さんの遺作が、この映画で良かった。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『命みじかし、恋せよ乙女』樹木希林さん世界デビューで遺作。映画の邦題は樹木希林さんが歌う曲。ドイツ人青年の彷徨が大部分ではあるけど樹木希林さんの存在感は際だってた。死と生は隣り合わせ、人間何が起こるかわからない。生を大事にと思えた。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #命みじかし、恋せよ乙女』繊細なドイツ人青年が現実の家族や霊的な者達との関わりを通じて辿る迷宮と数奇な運命。外国作品でも自然体の樹木希林と昭和の残影色濃い茅ヶ崎の老舗旅館が作品に品位と品格を与えている。日独舞台の今様怪奇譚。   
    いいね

    良い
  • kmrks
    『命みじかし、恋せよ乙女』鑑賞。158 "単館上映の欧州映画"として面白かった。樹木希林の存在感はさすが。 #eiga
    いいね
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • simone_lucky_ha
    映画『CherryBlossomsandDemons(英題)』の邦題が『命みじかし、恋せよ乙女』に決定。あわせてポスタービジュアルと予告編が公開された。【動画と画像(3枚)を見る】8月16日から公開さ...… https://t.co/nYts3uanMU
    いいね