TOP >作品データベース >星屑の町

星屑の町

みんなの感想/評価
「星屑の町」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
65%
  • 良い
    12
  • 普通
    5
  • 残念
    1
総ツイート数
1,087
ポジティブ指数90
公開日
2020/3/6
配給
東映ビデオ
解説/あらすじ
「山田修とハローナイツ」。大手レコード会社の社員だった山田修をリーダーに、歌好きの飲み仲間、市村敏樹と込山晃、青木五郎をコーラスに、大阪ミナミでくすぶっていた歌手の天野真吾をボーカルに迎えてスタート。途中から参加した西一夫は、ハローナイツの借金を肩代わりするのを条件に、博多の焼き鳥屋を女房にまかせてメンバーになった。そんなメンバーで十数年やって来たのだが、これといったヒット曲もなく、ベテラン女性歌手・キティ岩城等と地方を回りながら、何とか細々と活動を続けている。そんなある日、山田修の生まれ故郷・東北の田舎町に青年団の誘いに乗って、山田修とハローナイツがやって来る。そこには修と遺恨を残す弟の英二が待っていた。英二の息子の幼馴染の愛は、スナックを経営する母を手伝いながら、歌手になることを夢見る田舎娘。「ハローナイツに入れて欲しい」と直訴してきた愛に酔っ払った市村が適当な返事をしたことから、その気になった愛が駆けつけてきて、小学校の体育館に作られたステージ会場は大騒動に発展する…。地方回りの売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描き、25年間愛されている舞台「星屑の町」の映画化。
© 2020映画『星屑の町』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • damegane_dameo
    『星屑の町』正直、岩手県の町おこしと、のんを女優として起用したという意義以外はこの映画に魅力を見いだせなかった。役者陣は全員好演しており、むしろそれだけで映画を持たせてる印象。話運びがとにかく散漫で、終始フワフワしたまま映画が進んでいって起承転結を放棄した結末に唖然とした。
    いいね

    残念
  • tomomori34
    『星屑の町』昭和歌謡が凄く新鮮だった。のんちゃんプラスおじ様達の歌も様になってたし。戸田さんも綺麗で歌も上手く映画に彩りを。年配グループが売れなくて地方を回る切なさとその地方の人達の人情が絡み合っていい味わい。レトロな味もいいね!
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #星屑の町』全る可能性と才気溢れる女優のんちゃんがまさに故郷に帰ったかの様な新作映画は人生のペーソス溢れる人情歌謡劇。愉快だが陰影あるハローナイツの面々が魅力的で特にサブローの歌唱が素晴しい。昭和ムード歌謡の世界にどっぷり浸れる。
    いいね

    良い
  • reptilicus1
    いい話なんだけど、舞台劇から映画へのアダプトに失敗して冗長になってるのは残念。 のん、『あまちゃん』のイメージそのままの芝居してるのは、 嬉しさと悲しさが半々というか…
    いいね

    普通
  • 1sanCat
    『星屑の町』前半はゆるい。個々のキャラがいいからまあまあ、中盤からいい感じ‼️でも、後半からラストが粗いと思う。愛ちゃんの父親探しもっと掘り下げて欲しかった。70点。好きな映画。惜しい
    いいね

    良い
  • hiroshiyan1
    『星屑の町』@テアトル梅田 本日、3本目。ムード歌謡やっぱいいよなぁ。 劇中でキティ岩城こと戸田恵子さんの歌が上手いのなんのって…のんちゃんの「しゃぼん玉」も良い!
    いいね

    良い
  • yabu7
    『星屑の町』昭和レトロ感が心地よかった(笑)ボーカルの太平サブローさんの歌唱力、凄いですね。Wikipediaでは芸人となっているけど、歌手としても行けるくらいの歌声に驚きました。昭和の歌謡曲がとても懐かしく思える作品でした。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『星屑の町』のんちゃん、バッチとお化粧すると綺麗。劇中流れるムード歌謡が古き良きって感じで、ほっこりした気分で観てられた。
    いいね

    普通
  • sa9237a
    『星屑の町』この世界の片隅の広島弁の声が岩手弁に変わって不思議な感覚だが、昭和のムード歌謡って、こういうグループいっぱいいたよな。カラオケで素人が普通に歌う時代では、なかなかドサまわりの売れない歌手って難しいな #星屑の町みたよ
    いいね

    良い
  • 624ken
    テアトル新宿で『星屑の町』を鑑賞。故郷にやってきたムード歌謡グループに若い娘がメンバーへ。曲がゆったりしてて歌謡曲のグループもいいもんですね。若い女の子とおじさんのグループが本当にあったらおもしろそう。のんちゃんが魅力的で楽しめた。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    #星屑の町』あまちゃんの並行世界か?と思ったのは私だけ? 久しぶりに聞いた能年ちゃんの方言いい!「〜けろ」いい!だけど、舞台をまんま起こした感じのシナリオが酷すぎて…、能年ちゃん観るためだったらオススメです。
    いいね

    普通
  • trustpine
    星屑の町、観ました。岩手久慈市を舞台に地方巡業にやってきた売れないムード歌謡コーラスグループと歌手を夢見る女性との出会いを描いた、ラサール石井らによるユニット星屑の会の舞台を映画化した作品。懐かしい匂いのする舞台のファンとのんのファンにはたまらない作品です。新人小日向星一に期待。
    いいね

    普通
  • tamagawajyousui
    『星屑の町』のんの6年振り出演の劇場映画は昭和歌謡に彩られ、舞台も同じ岩手県久慈市なので、「あまちゃん」の目指せ歌手版のように感じられる。衣装といい、ドラマといい、懐かしい昭和の香り一杯で嬉しくなってしまう。 #星屑の町みたよ
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『星屑の町』展開の唐突さはいかにも舞台劇なんだろうけど積み重ねないから戸惑う。のんはスクリーン映えするし細かいギャグもそれなりに面白いんだけど、いかんせん吞み込み辛い脚本と全体的なゆるゆるテンポは今一つに感じて。歌唱はのんもサブローもイマイチだが演技は小宮さん菅原さん良かった。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『星屑の町』長年愛される舞台劇の映画化。売れないコーラスグループの哀愁と人間模様を描いた人情喜劇。懐かしい昭和のムード歌謡にのせて、田舎娘が良く似合う帰ってきたのんの魅力を堪能すると共に、おじさん達のコントは慣れたもんだな。と感心。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『星屑の町』 オジさん達の息の合ったワチャワチャが楽しい人気舞台の劇場版。昭和歌謡と女優“のん”がたっぷり堪能できる。前半の岩手編がシチュエーションコントとしても出来がよく楽しいが、後半の展開が駆け足でやや消化不良なのは惜しい。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『星屑の町』同名の人気舞台劇を映画化した本作で、のんが女優としてパワーアップしてスクリーンに帰って来た。「あまちゃん」と同じ舞台で繰り広げられるのは、我々世代には懐かしい数々の昭和歌謡に彩られた、涙あり、笑いありの人情音楽喜劇。
    いいね

    良い
  • toshiyoshimi3
    『星屑の町』なんだか、なつかしい? のんの唄と、サブローさんのデュエット凄くいいよ!
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『星屑の町』試写。人気舞台を映画化した人情コメディ。地方回りの売れない歌謡コーラスグループが主人公。その哀愁と人生模様が重なり、涙と笑いのドラマを作っている。昭和歌謡の数々と、様々な歌い方ができるのんの表現力が新鮮。「あまちゃん」を思わせる方言&ストーリーも◎。
    いいね

    良い
  • nounen_natunatu
    星屑の町は脚本がよかったら名作映画になっていたと思うのよね
    いいね
    もっと見る Loading...