TOP >作品データベース >アニエスによるヴァルダ

アニエスによるヴァルダ

みんなの感想/評価
「アニエスによるヴァルダ」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    3
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
13
ポジティブ指数100
公開日
2019/12/21
原題
Varda par Agnès
配給
ザジフィルムズ
上映時間
119分
監督
キャスト
 
解説/あらすじ
本作は、彼女の半世紀以上に渡る創作活動を、彼女自身が情熱とユーモア溢れる口調で語りつくしながら、貴重な映像とともに綴る集大成的セルフ・ポートレイト。ヴァルダのフィルモグラフィーに触れたことのない観客をも魅了する、愛すべき1人の女性の人生の物語。
© 2019 Cine Tamaris
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • eri1_10bit
    『アニエスによるヴァルダ』単調なので途中ウトウトしてしまったけど、印象的だったのは、ヴァルダ監督の映画の中では、映像全てに意味があるわけではないということ。「自分も分からず撮っているものがある」フォトグラファー出身らしいなと思った。
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『アニエスによるヴァルダ』恥ずかしながらアニエス・ヴァルダの作品は「顔たち、ところどころ」で初めて見たので、そのうち過去作見たいなあと思っていたところの追悼特集。監督が自分の作品を振り返り解説してくれる。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『アニエスによるヴァルダ』彼女の創作への情熱とユーモアを語り尽くすポートレートにして遺作。貴重な映像と挿話は振り返りとして、または入門編として必見。半世紀以上の不変の研鑽が生む唯一無二。人生を浜辺に例える彼女がそれこそ海そのものだ。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『アニエスによるヴァルダ』試写。アニエス・ヴァルダの遺作。これまでの作品を自身で語る構成で、彼女らしいキュートでユーモラスな解説、貴重な映像が盛り沢山。ハート型のジャガイモなど美術センス溢れるデジタル・アートがお洒落。アニエス入門にもお勧めしたい作品。絶対彼女が好きになる!
    いいね

    良い
  • mme_yang
    今年最後に観た映画はアニエス・ヴァルダ『アニエスによるヴァルダ』になりそう。彼女について語るときにはいつも同じ表現になるのだけれど、彼女(の作品)はなんと瑞々しくチャーミングなのか! 好奇心とユーモア、他者への温かな眼差し、溢れる色彩、イメージの奔流。大好き。
    いいね
  • Mi_ver2
    「アニエスによるヴァルダ」、ヴァルダ監督の映画の撮り方とその構図が大好きだったりするので、それを改めて観れたのがとても良かったな。 小気味良く、奥床しい人柄がとても滲み出ていたし、ああいう歳の取り方してるのって素敵だよなと。
    いいね
  • yukkicom
    『アニエスによるヴァルダ』期待通りJRが(というか『顔たち、ところどころ』の抜粋が)出てきたのに加え予想外のボルタンスキーが出てきて嬉しかったです。2010年のモニュメンタのを撮ってたみたい。 ヴァルダの映画を色々観たくなりました。
    いいね
  • hamaike
    『アニエスによるヴァルダ』シアター・イメージフォーラム アニエス・ヴァルダの遺作。初期のスチルから映画、00年以後のデジタル化、インスタレーションについて、その製作思想を10年代最後に観る https://t.co/ref0Zn7IDV
    いいね
  • Mi_ver2
    「アニエスによるヴァルダ」、映画監督以外の作品を知れたのはとても嬉しく思ったし、実際にこの眼で作品に触れる事が出来たら良いなとも思った。 あと写真家時代の作品は、本で欲しいよね。
    いいね
  • Mi_ver2
    「アニエスによるヴァルダ」、アニエス・ヴァルダ監督の創作する姿勢と志をしっかりと感じられる映画だったし、語り部になる中でのああいう出方と撮り方には、観ていて思わずニヤニヤせずにはいられない物があったな。
    いいね
  • Mi_ver2
    さて今日の午前は渋谷イメージフォーラムで2019年最後に観る新作映画になります、「アニエスによるヴァルダ」を観て来ます。 https://t.co/7Ox4AtozK2
    いいね
  • im_yuta
    映画館は今年ラスト?な「アニエスによるヴァルダ」見てきた。今年亡くなったアニエスの遺作になった自伝ドキュメンタリー。とにかく自由で優しさに溢れていて、弱者に寄り添う気持ちをなくさない姿に涙そうそうだった。
    いいね
  • simone_lucky_ha
    映画『ヴァルダ・バイ・アニエス(原題)』が、12月に東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で順次公開される。【もっと画像を見る(3枚)】1928年にベルギー・ブリュッセルで生まれ、今年の3月...… https://t.co/KmzHPm4eh9
    いいね