TOP >作品データベース >スウィング・キッズ(2019)

スウィング・キッズ(2019)

みんなの感想/評価
「スウィング・キッズ(2019)」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
91%
  • 良い
    41
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
53
ポジティブ指数100
公開日
2020/2/21
原題
스윙키즈
配給
クロックワークス
上映時間
133分
解説/あらすじ
1951年朝鮮戦争中、最大規模の巨済島捕虜収容所。新しく赴任してきた所長は収容所の対外的イメージアップのため、戦争捕虜でダンスチームを結成するプロジェクトを計画する。紆余曲折の末に集まった彼らの名は“スウィング・キッズ”!それぞれの事情でダンスをすることになった彼らに公演の話が舞い込むが、国籍や身分の異なる寄せ集めダンスチームの前途はいかに――。
© 2018 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & ANNAPURNA FILMS. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tsuccheee
    『スウィング・キッズ』(@Mitte_10)。2回目は劇場で鑑賞できて嬉しい!結末を知った上で一番高揚したのは、ロ・ギスとヤン・パンネのダンスへの渇望が爆発するD・ボウイ「モダン・ラヴ」のシーン。やはり今年を代表する1本になりそう。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『スウィング・キッズ(2019)』@ tohoシネマズ錦糸町♪カメラーワークや音楽含めてタップダンスが圧倒的な格好良さ! ただそれだけじゃ終わらないところが韓国映画のすごさで、エンタメと戦争という現実との融合が見事で完全にやられた。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『スウィング・キッズ』感心したのはダンスシーンを中心としたカメラワークと音楽が素晴らしいこと。自分もあと30〜35歳若ければ、タップダンスを習おうと意気込んでたと思う(笑)
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『スウィング・キッズ』ダンスシーン(ダンスバトル)の素晴らしさとは別に、この時代の物語となれば朝鮮半島で起きた近代史を無視するのは不可避で、資本主義と共産主義の対立に翻弄される人々の運命と哀しみを描きながら物語がすすむ。
    いいね

    良い
  • tetsukichi
    『スウィング・キッズ』観てきた。ネタバレになるから詳しくは云えないけど、予告編でしか前情報が無かった自分は「青春ダンス映画」くらいの気持ちで観たのだが、良い意味で裏切られる結果に。勘違いしないで欲しいけどダンスシーンは素晴らしい。
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『スウィング・キッズ』鑑賞。 “おかえり、ジャクソン”のタップダンス・シーンが好き。もっと観ていたかった。
    いいね

    良い
  • A2hyro
    『スウィング・キッズ』鑑賞。 踊らずにはいられない、踊るのでなく踊らされる根っからのダンサーやその仲間を観ていて楽しくシューズの音も心地良かった。最後には報われるけどそれまでが辛いという展開の映画が続いていたので幸せ一杯だったのに。
    いいね

    良い
  • ultra_k_zero
    #スウィング・キッズ(2019)』想像以上に悲しかったのは私だけ…? サニーの監督が作ったダンス映画、っていう軽い気持ちで観たらダメ。戦争の陰部。ただ、入り口は何にせよ、朝鮮戦争について知ることができたのは良かったことかも。
    いいね

    普通
  • Kubric2001
    『スウィング・キッズ(2019)』捕虜収容所で、国籍も人種もイデオロギーも越えてタップを踏む姿は、とても上手とは言えなくても、躍動感溢れるポスターも含め、エンタメの強さを感じ、暫し平和を感じる。だからこそ現実に直面するラストは涙。
    いいね

    良い
  • shi_i18
    『スウィング・キッズ(2019)』朝鮮戦争時、韓国捕虜収容所のタップダンスチームを巡る話。ダンスシーンでは、踊る楽しさが本当にはじけてて素晴らしく、それとは対照的に収容所生活の描写はまったく容赦がなくて。その容赦のなさがとても良い。
    いいね

    良い
  • akiyoshi752
    『スウィング・キッズ(2019)』エピソードが飛び飛びになってしまっている様な気がしましたが、青春映画としても、戦争映画としても、ダンス映画としも面白く観られました。「フラッシュダンス」「汚れた血」のオマージュも楽しい。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『スウィング★キッズ』@ シネマート心斎橋観!もぅね観賞中の高揚感と観了時に思った感情は「悔しい!」だった!何で?同じ東洋で亜細亜でこのエンタメ作品がどぅして邦画で創れない?!いやっ邦画にも良い作品沢山在るよ!負けてない部分も在る!でも…この圧倒的感…リズム?ほんっと悔しい!
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『スウィング・キッズ』タップダンスを通じた人種や国籍、イデオロギーを超える心の結びつきがD・ボウイらの名曲に乗せてスウィング!悲劇の歴史を背景にしているだけに、甘いだけではなく苦味も濃厚。絶対にハリウッドでは作れない音楽映画。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『スウィング・キッズ』劇場で鑑賞。朝鮮戦争時の捕虜収容所で結成される凸凹タップダンスチーム。床を軽快に打ち鳴らし踊り狂う爽快感。戦争と思想により民族分断の縮図と化した収容所内で、それでも自由を謳歌した鮮烈な瞬間が心に焼き付く。大傑作
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『スウィング・キッズ』 朝鮮戦争時の連合軍捕虜収容所を舞台に、エンタメの力が人種や思想の壁を乗り越える話かと思いきや、むしろその壁に叩き潰される話で、ダンスシーンの躍動感が素晴らしいだけにその落差に打ちのめされた。
    いいね

    普通
  • riedon508
    『スウィング・キッズ(2019)』ダンスのスポ根ものかと勝手に思い込んでいたので最後は不意打ちくらって呆然、理不尽過ぎる(泣)
    いいね

    良い
  • eliminator250v
    『スウィング・キッズ(2019)』タップダンスの映画やけどPG12。1951年朝鮮戦争真っ只中の捕虜収容所が舞台やのに3分の1以上はタップダンス踊ってる。デヴィッドボウイのモダン・ラブで踊るシーンが最高。正にファッキンイデオロギー!
    いいね

    良い
  • uoa3
    【スウィング・キッズ(2019)】 朝鮮戦争中、巨済島捕虜収容所の新所長はイメージアップのため元タップダンサーに捕虜のダンスチーム結成を命令… 音楽とダンスが素晴らしい!Dボウイの曲のシーンさぶいぼ。最高潮からの展開に放心状態
    いいね

    良い
  • 7glue_bover8
    『スウィング・キッズ(2019)』朝鮮人民軍英雄の弟、誤収監された民間人、中国人捕虜、4ヶ国語が話せる通訳、黒人米軍下士官。人種もイデオロギーも違う5人がタップダンスに夢中になっていく過程は微笑ましく、その分後半の展開にヤられた。
    いいね

    良い
  • 7glue_bover8
    『スウィング・キッズ(2019)』予想してたけど大傑作だった!タップダンスを通して人種を越えた友情映画かと思いきや、そのダンスや音楽の力・楽しさと、戦争の残酷さと虚しさ・やるせなさで両方からぶん殴られる作品!
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...