TOP >作品データベース >存在のない子供たち

存在のない子供たち

みんなの感想/評価
「存在のない子供たち」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    37
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
173
ポジティブ指数98
公開日
2019/7/20
原題
CAPHARNAÜM
配給
キノフィルムズ
上映時間
125分
解説/あらすじ
わずか12歳で裁判を起こしたゼイン。訴えた相手は、自分の両親だ。裁判長から、「何の罪で?」と聞かれたゼインは、まっすぐ前を見つめて「僕を産んだ罪」と答えた。中東の貧民窟に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、自分の誕生日も知らないし、法的には社会に存在すらしていない。学校へ通うこともなく、兄妹たちと路上で物を売るなど、朝から晩まで両親に働かされている。唯一の支えだった大切な妹が11歳で強制結婚させられ、怒りと悲しみから家を飛び出したゼインを待っていたのは、さらに過酷な“現実”だった。果たしてゼインの未来とは――。
©2018MoozFilms
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tomomori34
    『存在のない子供たち』ドキュメンタリーでないのが救い。でも演じているのはストリートに生きる子供達。リアル感が半端ない。出来事にも実話も含んでいるかも。子供達の貧困姿や難民達、ストリートの姿に衝撃。少子化で困る国の逆、世界は混沌。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #存在のない子供たち』レバノンで必死に生きる戸籍の無い子供達。国際的人道支援のあるシリア難民より過酷な状況にある彼らの実態を実際に戸籍も出生証明も無い少年を主役にして描く。何ともやるせない展開だが一縷の希望があるラストに救われる。
    いいね

    良い
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「存在のない子供たち」こんな現実があるのなら親なんて必要無い。子供だけの生活を送らせて欲しい。』#存在のない子供たち #洋画 #児童虐待 #ヒューマンドラマ https://t.co/2N1q6GKnHU
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『存在のない子供たち』大人が作り上げた地獄の機械の小さな歯車たるゼイン。困窮者が直面する社会問題の底流に澱む怒りを糧に進む姿の逞しさ。でも、その螺旋を登らないで。諦観した表情を緩め、より弱い者への笑顔に変えて。その先の希望を見据え。
    いいね

    良い
  • kiyokiyo1222
    『存在のない子供たち』@新宿武蔵野館|難民として生活困窮者となりながら、12歳のゼインには小さい妹たちがいっぱいいるってどういうことだよと。身分もお金もないなら、愛だけでも注いでやってくれと思うけど、そこが一番の問題。深刻。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『存在のない子供たち』大人には逃げ道があるが子供たちには「逃げ道」がない。自分一人で生きていけないから、大人が作ったレールの上で逃げ道がなくてもがく子供たち。主人公の難民を演じたゼインは本当のレバノンの難民の子。心が痛い。
    いいね

    良い
  • pipox2
    『存在のない子供たち』推定12才の出生届も無い少年が両親を訴えるまでのレバノン貧困層の物語が凄い!!過酷な状況下でも、妹だけでなく世話になった人の子供の面倒も必死にみる健気さ!是枝作品『誰もしらない』的!ゼインがまた可愛いくて、やるせない!
    いいね

    良い
  • yabu7
    『存在のない子供たち』本編が始まってすぐ裁判所のシーン。ここでゼインは両親を「僕を生んだ罪」で訴えるシーンだ。中東の貧民層に生まれたゼインは、両親が出生届を出さなかったために、法的には社会に存在すらしていない。少年の過酷な路上生活の実態には目を逸らしたくなった。
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『存在のない子供たち』「貧すれば鈍する」と言うが、レバノンのナディーン・ラバキー監督の最新作は、貧しさ故に親が出生届未提出でIDが無く、学校にも行けずに働く12歳の少年の視点から中東の貧困や移民問題を描いていて胸が締め付けられる。
    いいね

    良い
  • tomin_twi
    『存在のない子供たち』両親が出生届を出さなかったために、社会的には存在すらしていない少年ゼインのお話。役者さんのほとんどが劇中の登場人物と似たような過酷な境遇にいる人達と知り驚く。心揺さぶられた作品。
    いいね

    良い
  • ezrakun0224
    ゼイン(=ゼイン・アル・ラフィーア)彼自身も難民。移民、貧困問題に焦点を当てながらも、生に対する逞しく揺るぎない心、自分の事さえままならなくても人に対する思いやりの心を忘れてはならない事を教えてくれる。是非映画館で!
    いいね

    良い
  • A22_24
    『存在のない子供たち』前半に何も不満はないけど、後半部分は少しあざとさを感じる。主演の少年の演技はパワフルで素晴らしい。
    いいね

    良い
  • PUJ920219
    降りかかる過酷な状況にひたすら抗う少年ゼインの逞しさ。本物の難民少年を主役に抜擢しただけあって、真に迫った演技に圧倒。貧困で人身売買や強制結婚を強いられる難民が安全に生きられる場が刑務所の中という皮肉。「愛もなしに、なぜ産んだ」と訴えるゼインに待つラストが救い。
    いいね

    良い
  • 624ken
    神楽座で『存在のない子供たち』試写会鑑賞。両親を訴えた戸籍のない12歳の少年の話。この少年は、12歳ながら大人顔負けの体験してるね。過酷だけど、他の子の面倒もちゃんとみるし、気持ちが強いなあ。この映画は、心揺さぶられます。すごい。
    いいね

    良い
  • Yu_Luck
    #存在のない子供たち』。アカデミー賞で外国語映画賞にノミネート、カンヌ映画祭でも高い評価を得たレバノン作品。主人公は“恐らく”12歳の少年。切り口こそ両親に対する裁判だが、テーマは是枝作品に通じている。 @fansvoicejp
    いいね

    良い
  • penguinwhipper
    試写会にて鑑賞。打ちのめされてしまった。自分達が生きてる日常とは違う日常を生きてる人達は必ずいて「世話出来ないなら産むな」っていう12歳のザハルの台詞が全てを物語っていると感じた。鑑賞後に世界の色が変わってしまう作品だった。号泣した
    いいね

    良い
  • nodatetu
    『存在のない子供たち』六本木での試写。レバノン映画、アカデミー外国語映画賞ノミネート作品。125分のベイルート地獄巡り。12歳のゼイン少年がなぜ両親を訴えることになったのか?貧困、不法就労、虐待、小児性愛、監禁、人身売買の連鎖という過酷な現実。ラストの作り笑いが胸に刺さった。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • ville0096
    「存在のない子供たち」観賞。身につまされる様な痛切な映画だった。移民や不法就労を絡めたリアルなドラマティシズムと、如何なる逆境でも不屈の姿勢を貫く少年ゼインに心揺さぶられる。「自分は地獄の中で生きている」と吐き捨てる魂の糾弾、混沌… https://t.co/3Fna5JhJm2
    いいね

    良い
  • rkakinuma
    新宿武蔵野館で『存在のない子供たち』(原題:Capharnaum)を観ました。出演者たちの経歴を知って、さらに凄いなと思いました。
    いいね

    良い
  • asapu918
    『存在のない子供たち』試写。信じ難い光景の連続。この国では、悪い意味で子供を子供扱いしない。慈悲にも労りにも恵まれず、子供たちは生きるため社会の不条理に身を投じていく。自分が生まれてきたことを呪うなんてあってはならない。中東の貧困や移民問題に胸を抉られる衝撃作。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...