TOP >作品データベース >マーウェン

マーウェン

みんなの感想/評価
「マーウェン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
82%
  • 良い
    23
  • 普通
    5
  • 残念
    0
総ツイート数
223
ポジティブ指数97
公開日
2019/7/19
原題
Welcome to Marwen
配給
パルコ
解説/あらすじ
5人の男に暴行されたマーク・ホーガンキャンプは、瀕死の重傷を負い、9日間の昏睡状態に陥る。目が覚めたときには自分の名前も覚えておらず、歩くことさえままならなかった。脳に障害を抱え、襲撃の後遺症(PTSD)に苦しむ彼はまともなセラピーも受けられず、治療代わりにフィギュアの撮影を始める。自宅に作った空想の世界“マーウェン”では、G.Iジョーのホーギー大佐と5人のバービー人形が迫り来るナチス親衛隊と日々戦いを繰り広げていた。次第にマーウェンの写真は評価され、やがてマークの個展が開かれることになる。“マーウェン”で戦う勇気を与えられたマークは、避けていた暴行事件の裁判で証言しようと決意するが…。
©2018 UNIVERSAL STUDIOS
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tamagawajyousui
    『マーウェン』マーク・ホーガンキャンプは男達から暴行を受けて瀕死の重症を負い、脳障害で成人後の記憶を失い、手の震えとPTSDで仕事が出来なくなった彼は、自分や友人に似たアクションフィギュアを買い集めて空想の世界「マーウェン」を作る。
    いいね

    良い
  • renn6161
    『マーウェン』模型写真家マーク・ホーガンキャンプの実話がベース。マイノリティを理由に酷い暴行を受け、PTSDに苦しめられるマーク。フィギュアの世界が彼の生きる場所。絶妙な組み合わせと彼の努力と周囲の優しさに涙する。呪いは解けたよ。
    いいね

    良い
  • maru_a_gogo
    『マーウェン』PTSDに苦しむ主人公の空想世界をフィギュアアニメで描くことで、空想と現実が影響し合って、事件と向き合えるようになる過程を重過ぎず見ることができた。そして現実はキビシイ。スティーブカレル流石!
    いいね

    良い
  • yukitsui
    『マーウェン』フィギュア演じる空想世界と現実世界をシームレスに繋げる演出がお見事。どことなく「エンジェル・ウォーズ」っぽい繋ぎ方。タイムマシンが出てくるんだけど、音までしっかりデロリアンだったのは嬉しいwありがとう、ゼメキスさん。
    いいね

    良い
  • mokomoko37
    『マーウェン』ゼメキス監督の趣味全開な空想と現実が入り乱れる面白さの根底にあるマークの苦悩と向き合うシリアスな展開・・・彼を支える周りの人々の程よい距離感は心地良く、内容以上にデロリアンネタのインパクトが(笑)
    いいね

    良い
  • croaton0
    様々な作品を手掛けてきたゼメキス監督の繊細さと手腕が主人公が逃避する現実と空想の狭間である内面世界に機微をもたらす。苦悩と葛藤の果ての穏やかさはどこか「監督の集大成」のようであると共になにか「映画本来の妙味」を見ているよう
    いいね

    普通
  • garancear
    『マーウェン』アマゾンプライムで。フィギュアのアニメ映像との融合が楽しい。ハイヒール好きのクィアな部分まで要素が盛りだくさんだがちょうどいい場所に着地するラストが気持ちいい。何よりスティーブ・カレルの配役に説得力がある。 #映画
    いいね

    良い
  • trans_american
    『マーウェン』主人公の実話部分の描写が軽く扱われてる印象。本当は、重たい内容なんだろうけど、並行して展開するオタク風な人形劇によって、焦点がぼやけてしまってる
    いいね

    普通
  • ichiwheat
    【マーウェン】動き出すフィギュアのリアルな世界…ゼメキス監督拘りの映像マジック。モーションキャプチャ&CGに目元と口元だけキャストの実映像をマージするアイデアが見事。ホーギー大佐と共にマークが暴行のPTSDから再生していく過程は苦々しくも温かい。BTTFパロディにも湧く。 #映画
    いいね

    良い
  • nishiko92046578
    『マーウェン』ゼメキス監督ありがとう、あなたの魅力満載です!と言いたい。辛い実話ではあるけれど、主役のあたたかみのある表情に救われる。こだわりがなぜ靴なのかは今ひとつわからなかったけれど、そんなことは気にしないでよいのだ。
    いいね

    良い
  • dendenbium
    『マーウェン』鑑賞完了です ほとんど情報を入れずに観に行ったので、そういうストーリーだったのか...と驚愕した 人形の世界を通じて自分と向き合い、事件のトラウマを乗り越える...というのが大きなテーマかな
    いいね

    普通
  • eri1_10bit
    『マーウェン』よかった!大人のトイ・ストーリーとでも言おうか… しかし元のドキュメンタリーは見ていないので、とんだ#KuToo映画やん!って思いました。みんなが自分の好きな靴履いていいんやで…ヒール好きなんてむしろうらやましい
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『マーウェン』彼が患っている部分は、なんとも複雑なんだけれど、そのフィギュアの世界と現実との狭間が埋められるか。フィギュアのように見える彼女達は、実際の人なんだろうけれど、その映像技術はCGなのか特殊メイクなのか
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『マーウェン』★★★☆☆なんだか「エンジェル・ウォーズ」を思い出してしまった。
    いいね

    良い
  • nm_ikabutamodan
    『マーウェン』中年男性の空想の世界と現実が行き来する。だけどこの人は一芸に秀でるせいなのか幸い孤独ではない。主人公の内面には背景がいろいろとありそうで。フィギュアの映像は凄くて美術が素晴らしいし、BTTFを持ってくるところもいい。
    いいね

    普通
  • 4410_Kupa
    『マーウェン』 ヘイトクライムの被害でPTSDを負った男が、独自の世界観に沿ったストーリーをG.Iジョー人形の写真で表現していく中で、自信と社会性を取り戻していく話。人形のドラマと主人公の人生がシームレスに交錯する構成が光る。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    『マーウェン』多様性に非寛容な半グレ集団に暴行され精神障害になった画家がミニチュア世界に心の安寧を見出し再生する迄。脳内風景であるフィギュアの画像がとても良く出来ていて楽しい。彼を支える周囲の人々の優しさにアメリカの可能性を感じる。
    いいね

    良い
  • olddog_tt
    『マーウェン』まるで遺作かと見紛うほどの、ゼメキス全キャリアの総決算/集大成。それも物凄く即物的な。本国では全然売れなかったらしいが、こんな小さく扱って良い作品ではない。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『マーウェン』なんと実話。暴行事件で引きこもり。腕のあるイラストレーターが字も書けず殴られる前の記憶も欠如。フィギュアで自分の世界を作る彼、この世界に引き込まれる人とダメな人に割れそうな映画。暴行は言葉はもちろん殴るのは絶対駄目!
    いいね

    良い
  • halm2f
    『マーウェン』ゼメキス映画の真骨頂という感じ。人形劇とリアルドラマがうまく組み合わさっているファンタジー。レスリー・マンと人形がそっくり!さらにゼメキスといえば、あの映画のデロリアンもどきが出てきたのはサービスカット?
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    coco 映画レビュアー
    ichiwheat
    5381movies / tweets

    follow us