TOP >作品データベース >マーウェン

マーウェン

みんなの感想/評価
「マーウェン」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
83%
  • 良い
    15
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
212
ポジティブ指数97
公開日
2019/7/19
原題
Welcome to Marwen
配給
パルコ
解説/あらすじ
5人の男に暴行されたマーク・ホーガンキャンプは、瀕死の重傷を負い、9日間の昏睡状態に陥る。目が覚めたときには自分の名前も覚えておらず、歩くことさえままならなかった。脳に障害を抱え、襲撃の後遺症(PTSD)に苦しむ彼はまともなセラピーも受けられず、治療代わりにフィギュアの撮影を始める。自宅に作った空想の世界“マーウェン”では、G.Iジョーのホーギー大佐と5人のバービー人形が迫り来るナチス親衛隊と日々戦いを繰り広げていた。次第にマーウェンの写真は評価され、やがてマークの個展が開かれることになる。“マーウェン”で戦う勇気を与えられたマークは、避けていた暴行事件の裁判で証言しようと決意するが…。
©2018 UNIVERSAL STUDIOS
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • dendenbium
    『マーウェン』鑑賞完了です ほとんど情報を入れずに観に行ったので、そういうストーリーだったのか...と驚愕した 人形の世界を通じて自分と向き合い、事件のトラウマを乗り越える...というのが大きなテーマかな
    いいね

    普通
  • eri1_10bit
    『マーウェン』よかった!大人のトイ・ストーリーとでも言おうか… しかし元のドキュメンタリーは見ていないので、とんだ#KuToo映画やん!って思いました。みんなが自分の好きな靴履いていいんやで…ヒール好きなんてむしろうらやましい
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『マーウェン』彼が患っている部分は、なんとも複雑なんだけれど、そのフィギュアの世界と現実との狭間が埋められるか。フィギュアのように見える彼女達は、実際の人なんだろうけれど、その映像技術はCGなのか特殊メイクなのか
    いいね

    良い
  • faaaaraway
    『マーウェン』★★★☆☆なんだか「エンジェル・ウォーズ」を思い出してしまった。
    いいね

    良い
  • nm_ikabutamodan
    『マーウェン』中年男性の空想の世界と現実が行き来する。だけどこの人は一芸に秀でるせいなのか幸い孤独ではない。主人公の内面には背景がいろいろとありそうで。フィギュアの映像は凄くて美術が素晴らしいし、BTTFを持ってくるところもいい。
    いいね

    普通
  • 4410_Kupa
    『マーウェン』 ヘイトクライムの被害でPTSDを負った男が、独自の世界観に沿ったストーリーをG.Iジョー人形の写真で表現していく中で、自信と社会性を取り戻していく話。人形のドラマと主人公の人生がシームレスに交錯する構成が光る。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    『マーウェン』多様性に非寛容な半グレ集団に暴行され精神障害になった画家がミニチュア世界に心の安寧を見出し再生する迄。脳内風景であるフィギュアの画像がとても良く出来ていて楽しい。彼を支える周囲の人々の優しさにアメリカの可能性を感じる。
    いいね

    良い
  • olddog_tt
    『マーウェン』まるで遺作かと見紛うほどの、ゼメキス全キャリアの総決算/集大成。それも物凄く即物的な。本国では全然売れなかったらしいが、こんな小さく扱って良い作品ではない。
    いいね

    良い
  • tomomori34
    『マーウェン』なんと実話。暴行事件で引きこもり。腕のあるイラストレーターが字も書けず殴られる前の記憶も欠如。フィギュアで自分の世界を作る彼、この世界に引き込まれる人とダメな人に割れそうな映画。暴行は言葉はもちろん殴るのは絶対駄目!
    いいね

    良い
  • halm2f
    『マーウェン』ゼメキス映画の真骨頂という感じ。人形劇とリアルドラマがうまく組み合わさっているファンタジー。レスリー・マンと人形がそっくり!さらにゼメキスといえば、あの映画のデロリアンもどきが出てきたのはサービスカット?
    いいね

    良い
  • Mock_Turtle99
    『マーウェン』実話をもとにしたというだけでも興味深いのに、現実と人形の世界が渾然一体となっていく様は、ファンタジーとして、とても良くできている。人形たちが最高。この人形アニメのテイストで、是非、サンダーバードのリメイクを観てみたい。
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『マーウェン』現実と空想世界を行ったり来たりで、ものすごいファンタジーの中にいる印象。だけど現実は重いよね。暴行被害での脳障害から、空想世界の中で、自分自身でセラピーをして立ち直っていく姿。強い。 #映画
    いいね

    良い
  • ara_shinya
    『マーウェン』鑑賞。ゼメキスって一時期。もう実写は撮らないって言ってCGアニメ撮ってたけど、これはある意味その辺の延長なのかなぁ? 『ロジャー・ラビット』でのアニメと実写の融合を突き進めた結果の産物なのかなぁ? 変な映画だよね。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『マーウェン』理不尽な憎しみに傷ついた男が、現実の箱庭に広げる虚構の自己セラピー。ナイーブな題材を映像表現の名手R.ゼメキスが技巧の限りを尽くしファンタジックに魅せる。遊び心やセルフオマージュへの興奮とハートフルな脚色の融合に唸る。
    いいね

    良い
  • st_yokohama
    『マーウェン』なんと言っても脚色が見事!すばらしくロバート・ゼメキスらしい作品!これって実話なんだよね。実在の人物の心の葛藤が見事に映像に昇華されていてビックリする。重くて切なくて希望があふれた作品。これはゼメキスにしか撮れない!
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『マーウェン』理不尽な暴力で死にかけ記憶を失くしたマークが構築したフィギュア世界を脳内映像として表現し、次第に事件のあらましと心的外傷が見えてくる作りの上手さ、芝居するフィギュアの映像技術への挑戦は流石のゼメキス。自己オマージュも含めその映像的快楽度の高さにも魅力された。好き。
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『マーウェン』提供はマテル?と頭ぐるぐる。監督ならではのセルフオマージュ!あのシーンはどうしても入れたかったのかもな。実写での映像遊びがとても凝っていて、そして内容もたくさんの感情を導き出すとても大切にしたい作品でした!
    いいね

    良い
  • TaulNcCar
    『マーウェン』鑑賞。名匠ゼメキスが何度も描いてきた取り憑かれた男の狂気とマジック。映像表現に取り憑かれた監督の想いが重なるかのようだ。CGやカメラワーク、虚実のジャンプが凝っててもう凄いのかどうか分からなくなる程。ハートフルな物語を拒むかのような映像世界の表現力、又も魅せられた。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • yfurui
    「マーウェン」中洲大洋。評判があまり良くないようで心配していたが案外(失礼)面白かった。人形たちが動くときの映像に感心しきり。主人公が立ち直る過程の描写にイマイチ説得力を感じず人形劇でごまかされた感もなくはない。ダイアン・クルーガーが人形としてしか出ないのに驚き。
    いいね

    良い
  • Tkhsh65
    『マーウェン』観た。人形達が架空の戦記を演じている部分は楽しい。ただそっちに具体的なストーリーが無いのが惜しい。現実世界の話と架空のマーウェンでの話とが同時進行してお互いに影響し合うとか、もうちょっと工夫が欲しかった所。ドールズそれぞれの役割とマーウェンでの役割との対比とかもね。
    いいね

    普通
    もっと見る Loading...