TOP >作品データベース >ヒョンジェ〜釜山港の兄弟〜

ヒョンジェ〜釜山港の兄弟〜

みんなの感想/評価
「ヒョンジェ〜釜山港の兄弟〜」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
100%
  • 良い
    1
  • 普通
    0
  • 残念
    0
総ツイート数
1
ポジティブ指数100
公開日
2019/7/26
原題
Brothers in heaven
配給
ブロードウェイ
上映時間
114分
解説/あらすじ
事故で両親を亡くした二卵性双生児の兄弟、テジュとテソンは施設で育つ。不良となったテソンは施設の園長の娘・チャンミニ心を寄せるが、ある日、チャンミが不幸な事件に襲われ、3人はそれぞれの道へ。それから20年後、兄のテジュは刑事、弟のテソンは釜山 最大のマフィア組織「マリカーン」の後継者として人生を歩んでいた。そんな中、テジュとテソンが再会。組織の後継者争いと施設の移転問題で組織と衝突したテソンは、ライバルのサンドゥにチャンミを人質に取られてしまう。
©️2018 CION Pictures All rights reserved
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • GD_momoco
    『ヒョンジェ〜釜山港の兄弟〜』好き好き!双子(二卵性)の兄弟の運命的映画!兄弟が見ていたのはお互いとチャンミだったのだな。子供時代のエピからして切なすぎて全て持っていかれた。良きライバルでもあり邪魔者でもあり。釜山港に帰れが沁みる
    いいね

    良い