TOP >作品データベース >鉄道運転士の花束

鉄道運転士の花束

みんなの感想/評価
「鉄道運転士の花束」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    10
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
57
ポジティブ指数93
公開日
2019/8/17
配給
オンリー・ハーツ
上映時間
85分
解説/あらすじ
60歳のイリヤは定年間近の鉄道運転士。現役中に28人を殺してしまったという不名誉な記録を持っている。イリヤが養子として迎えた19歳になる息子シーマは、家業である義父の仕事の後を継ぐ準備をしている。そんな息子にイリヤは、事故は避けて通れないものだと折に触れて話す。シーマは人殺しになりたくないという恐怖を抱きながらも、初乗務から初殺人に至るまでどれくらいの時間がかかるのか気になって仕方がない。イリヤは「一週間のうちに一瞬で終わる」と励ます。 運転士の業務についたシーマは、不安を抱き、汗をかき、夜も眠れなくなる。
©ZILLION FILM©INTERFILM
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • ichiwheat
    【鉄道運転士の花束】シーマを一人前にしようと懸命になる父親役イリヤたち。彼らの間に培われてきた連帯感や、機関車運転士にとって人身事故はつきもの、通過儀礼の一つ…というブラックな捉え方が面白い。だが悲惨な事故が単なる自慢ネタだけでもない処をイリヤに窺わせる奥行きが良い味。 #映画
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『鉄道運転士の花束』あの、運転士の控え室(というか住まいというか)が、かわゆい。丹精込めて育ててる花の行く先を知ると複雑な気持ち。何か大きな力が、そこで生きてる人たちを幸せにも不幸にもしてしまう。シュールだけど、現実味もあり。
    いいね

    良い
  • d_hinata
    『鉄道運転士の花束』@シネマカリテ♪親子の出会いを思うと修了証書抱えて笑顔で手をふる姿に序盤なのに涙腺崩壊…。人を轢いて一人前というある意味ブラックな物語なんだけど、思わず"よっしゃ!"とガッツポーズしちゃう素敵なラストだったよw
    いいね

    良い
  • eri1_10bit
    『鉄道運転士の花束』なんかほんわかハートフル風な邦題とポスターですが、中身は不謹慎なブラックジョークです。なんだけど確かに見終わったあとはほんわかハートフルなきもちに…
    いいね

    良い
  • 624ken
    新宿シネマカリテで『鉄道運転士の花束』を鑑賞。この国の鉄道は安全面が緩いですね。運転士が人を轢いて一人前みたいな感じにびっくり。なんともいえない呑気な雰囲気があっておもしろかったです。味わい深い映画ですね。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『鉄道運転士の花束』 列車の老運転士がロマの楽団を乗せた自動車と人身事故を起こす場面から始まるこの作品、鉄道運転士たるもの人身事故を起こして一人前という、呑気なのかブラックなのか分からなくなる独特のユーモアに包まれた珍作。
    いいね

    普通
  • st_yokohama
    『鉄道運転士の花束』なんて不謹慎で背徳的なゆるコメ作品だろう!テイストはクストリッツァですが不思議とパクリだとは思いません。なんとも形容し難い作品ですが、これを嫌いじゃない自分ははたして「大丈夫なの?」って思わされます(^_^;)
    いいね

    良い
  • frenchbluee
    『鉄道運転士の花束』 全然ノーチェックだったんだけど、TLで見かけて気になり見てきました。 ちょっと不思議なテイストのセルビア映画。 鉄道運転士と轢死事故って、やはり切っても切れないんですね。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『鉄道運転士の花束』人を轢き殺して、初めて一人前の鉄道運転士。という不謹慎さを載せて、死と愛に満ちた一本道を行く人情ブラックコメディ。果てない悲哀と稀に訪れる慎ましい幸せ。寓意とリアリティのグラデーションが可笑しくも哀愁漂う心地良さ
    いいね

    良い
  • kmrks
    『鉄道運転士の花束』(Train Driver's Diary)鑑賞。144 日本のポスターや煽りと裏腹に海外ではコメディ分類の本作。シュールな喜悲劇でかなり面白かった。広報担当が説明できない、または伝わりづらいw #eiga
    いいね

    良い
  • kmrks
    『鉄道運転士の花束』(Train Driver's Diary)鑑賞。144 ←これが原題なのに公式サイトに邦題を英訳した謎のタイトルが書かれている。Bouquetとか勝手過ぎ。 #eiga
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • asapu918
    『鉄道運転士の花束』試写。セルビア/クロアチア合作映画。「人を弾いて初めて、一人前の運転士になる」というブラックなテーマ。一見不謹慎で現実味のない設定に思えるが、純粋無垢な孤児の少年の成長を比喩的に描いている。シニカルなジョークとユーモアが刺激的な、お伽話のような作品。
    いいね

    良い
  • bafkm
    「鉄道運転士の花束」東欧では列車が老朽化し事故も多いらしい。ブラックコメディなのだろうが、運転士は人を何人も轢き殺して一人前という不条理を笑えるどうか、でこの映画の面白さは変わって来る。ちなみに私は微妙だった。関西では列車の大事故の後、不便でも安全運転に異様に気を使ってるからだ。
    いいね
  • sgt_keruru
    アンダーグラウンドの人が主役というので観た「鉄道運転士の花束」が予想外の面白さだった。人が意味無くばんばん死ぬのにほのぼの笑える。ついこないだまで死がすぐそこにあった国だから作れた映画か。PTSDについての案外真面目な考察なのかも。
    いいね
  • hatena_MWAVE
    映画『鉄道運転士の花束』を新宿シネマカリテで見た。良かった。想像以上に本当にブラックユーモアで驚き。轢死者の数を示しあうのは、不謹慎ではあるけど、互いに慰め合う行為なんだろうな。#鉄道運転士の花束 / https://t.co/pBSn1EFAom
    いいね
  • jumarmalade
    スキヤキの余韻にまだ頭まで浸ってる状態だけど、観ておきたかった映画『鉄道運転士の花束』。ブラックユーモアが軸になってるんだけど後味悪いどころか、魅力的で味わい深い人間模様が描かれたセルビア映画でした。
    いいね
  • wakitayoji
    今日はセルビア映画『鉄道運転士の花束』へ。鉄道運転士の職業に不可避の事故(に起因する罪悪感)に焦点をあて、人の生をいきいきと描き出す。セルビア人の気質や文化の一端も見えて面白かった。『アンダーグラウンド』にも出た名優2人の深みのあ… https://t.co/dSIToRSTnp
    いいね
  • RASENJIN
    今日が最終だったので、あわてて観てきました『鉄道運転士の花束』。セルビア映画です。今年のマイベストには入らないだろけど、強烈なメルヒェン。こんな漫画が描きたい。https://t.co/lpndsXfKdd
    いいね
  • HjPfLGraRNkNJYM
    バルカン諸国映画、この三十年ほど日本で公開されているものはたぶんほとんど見ているはず。 このあいだ見た『鉄道運転士の花束』以外の映画は、どれも内戦を背景にしていたり、その後のままならない状況を描くものばかりで知るべき現実を描いてくれてありがたいけれど、辛すぎるとも思っていて。
    いいね
  • zomerofpicca
    昨夜は『鉄道運転士の花束』というセルビアの映画を観た。こういう寓話をきっちり映画として作りこむには、かえって細部のリアリティーが大切になってくるんだよな、というような話を、連れ合いと帰路話していた。上等な羊羹と良いお茶を飲んだ後のようなみっしりした満足感、だった。
    いいね