TOP >作品データベース >エンテベ空港の7日間

エンテベ空港の7日間

みんなの感想/評価
「エンテベ空港の7日間」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
85%
  • 良い
    17
  • 普通
    3
  • 残念
    0
総ツイート数
63
ポジティブ指数100
公開日
2019/10/4
原題
Entebbe(UK)/7 Days In Entebbe(U.S.)
配給
キノフィルムズ/木下グループ
上映時間
107分
解説/あらすじ
1976年、イスラエル・テルアビブ発パリ行きのエールフランス機が乗っ取られ、ハイジャック犯は500万ドルと50人以上の親パレスチナ過激派の解放を要求。多数の自国民を人質にとられたイスラエル首相は、交渉の道を探りつつも態度を保留。交渉に反対する国防大臣は、士官らと秘密裏に人質奪還計画を練っていく…。
© 2017 STORYTELLER DISTRIBUTION CO.,LLC. All Rights Reserved.
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • tomomori34
    『エンテベ空港の7日間』実話の重みを感じた。イスラエルとパレスチナ、パレスチナに味方する方が犯行を犯した様子を描いた。その頃と現在の置かれてる立場がほとんど変化ないのに考えさせられる。この当時のがまだ融和の動きがあったとは。
    いいね

    良い
  • eichan2014
    #エンテベ空港の7日間』70年代の重大事件。ユダヤ人乗客に負い目を吐露するドイツ人革命家。イスラエル首脳の虚々実々の駆引き、犯人達の志や思惑の違いと絶望。エンタメとしても成立させつつデリケートな事案をリアルに描いた素晴らしい映画。
    いいね

    良い
  • usako_usagiclub
    『エンテベ空港の7日間』何度も流れるのは過越で歌われるEchad Mi Yodea。奴隷→自由の身を象徴する歌で人質救出を表現した? 情報がほとんどない状況で救出作戦に挑む人々を見ながら、今の日本はここまでしてくれないかも…と考えた
    いいね

    良い
  • sitaoka
    『エンテベ空港の7日間』パイクとブリュールの存在感。76年発生の事件なのに、その後何十年経ってもペレスだとかラビンだとかが一線でいたことにも驚く。映画としてはやや平坦で盛り上がりにかける感じ
    いいね

    普通
  • ara_shinya
    『エンテベ空港の7日間』鑑賞。タイトル通りにエンテベ空港を中心に話は進むんだけど、ドイツ人革命家の経緯やイスラエルのお家事情やイスラエル兵士の心情みたいなものも盛り込んでいるので、全体的に視点が定まらず薄味になってしまった印象。
    いいね

    普通
  • lonegothdog
    『エンテベ空港の7日間』劇場で鑑賞。多様な視点から描かれる「エンテベ空港奇襲作戦」の端末。事件を取り巻く人々の葛藤を軸に、物語は硬質の緊張感を漂わせ進行していく。コンテンポラリー・ダンスを要所に挿入する、異彩を放つ演出が強烈。良作
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『エンテベ空港の7日間』大阪空港でナイフを機内持ち込みさせてしまうとう不祥事が最近あったが、あのころ世界的にもハイジャックのオンパレードやったよな。その緊張感とどこか緩んでいるところもあったりして、なんでもできるパイクやねえ。
    いいね

    良い
  • 4410_Kupa
    『エンテベ空港の7日間』 1976年に実際に起きたハイジャック事件の映画化。現在の感覚でみるとテロリスト側のロジックが実に粗雑に感じた。イスラエルの状況を表現していると思しきコンテンポラリーダンスが、やたらとインサートされてて謎。
    いいね

    普通
  • frodopyon
    #エンテベ空港の7日間  ♦1976年のハイジャック事件を犯人側から描いた作品。ダニエル・ブリュールとロザムンド・パイクが犯人側。ダニエルはレミゼのマリウスのような印象。現在なら無人偵察機とドローンで犯人を攻撃できるのだろうな…
    いいね

    良い
  • besi_sake
    『エンテベ空港の7日間』ストックホルム症候群話かと思ってたら現在と地続きなイスラエル・パレスチナ問題の事実基ものなのにエンタメ度が高すぎ。そこにもう一つエンタメ要素ぶっ込んできてる成否はちょっと判断つかなかったが、そのパフォーマンス自体は良かった。人質死者を調べるとまた深く。
    いいね

    良い
  • 624ken
    TOHOシネマズシャンテで『エンテベ空港の7日間』を鑑賞。ハイジャックされた飛行機の人質を救う作戦。犯罪者側の視点が多いので、どちらにも肩入れできていいです。首相の決断はすごいことだよね。突入シーンは、なかなかの演出でした。
    いいね

    良い
  • halm2f
    『エンテベ空港の7日間』ここでもロザムンドの演技が光っていた。犯人側からの視点を入れたのは新鮮で良かったが突入のシーンはもう少し丁寧に描いて欲しかった。しかし、意味のわからぬダンスはこの映画に必要か?
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『エンテベ空港の7日間』テロリストからの視点のハイジャック。こうなるしかないラスト。元々は民族の争いが発端だから、むなしい結末。ダニエル・ブリュールって、犯罪者だけどいい人ってが多い気がするね。 #映画
    いいね

    良い
  • nagasumi_hasi20
    『エンテベ空港の7日間』民族の歴史や決断することの重大さ。軍への恨みから一般人を殺して良いのか!今の香港情勢と重なった。
    いいね

    良い
  • kmrks
    『エンテベ空港の7日間』(Entebbe)鑑賞。184 革命細胞とかバーダー・マインホフとかおさえておきたい周辺情報。後味の悪さは題材ゆえやむなし。 #eiga
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『エンテベ空港の7日間』奇跡の救出劇と呼ばれたサンダーボルト作戦は過去3度映画化されているが、ジョゼ・パジーリャ監督による本作は、ハイジャック犯からの視点でその顛末を描き、善悪、思想、民族、言語、国籍のボーダーラインを超越する。
    いいね

    良い
  • Pooh_kuru_san
    『エンテベ空港の7日間』誰かが始めた紛争が互いの正義を哀しく交差させる。テロリスト側からの描写は臨場感と焦燥感たっぷりで、ドラマは徐々に虚しさを加速させ終幕へ突き進む。要所で登場する前衛的な舞踏に込められた意味が両陣営を激しく皮肉る
    いいね

    良い
  • dejidj2016
    『エンテベ空港の7日間』プライベートウォーを観たので違うタイプの女性を演じるロザムンドパイクの演技が光りました。まとまって分かりやすく話の展開も良かったです。冒頭や所々に出てくるバットシェバ舞踏団のパフォーマンス&音楽が素敵でした!
    いいね

    良い
  • yousan330
    『エンテベ空港の7日間』 ロザムンド・パイクは色気をすてて迫真の演技であった。見応えある作品だった。少し知識を入れてから見たほうが良いかな。 #エンテベ #eiga
    いいね

    良い
  • PUJ920219
    冷徹さと脆さが同居した主犯格の女性役ロザムンド・パイクの、終盤での電話シーンに唸る。いまだ和平交渉が行われていないイスラエルとパレスチナへの皮肉を込めた舞踊団のダンスシーンが異様さを醸し出す。リメイク版『ロボコップ』でもアメリカを皮肉ったパジーリャは、クセモノ中のクセモノ監督だ。
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...