TOP >作品データベース >永遠に僕のもの

永遠に僕のもの

みんなの感想/評価
「永遠に僕のもの」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
81%
  • 良い
    30
  • 普通
    6
  • 残念
    0
総ツイート数
218
ポジティブ指数97
公開日
2019/8/16
原題
EL ANGEL
配給
ギャガ
上映時間
115分
解説/あらすじ
1971年、ブエノスアイレス。幼いころから他人の持っている物を無性に欲しがったカルリートスは思春期に入って、窃盗が天職だと気づく。カルリートスは新しく入った学校でラモンという青年に出会い、一瞬にして魅了される。そしてラモンの気を惹こうとこれ見よがしな態度をとる。やがて2人はいとも簡単に殺人をするまでに発展し、連続殺人へとエスカレートしていく…。
©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • shignak
    映画】永遠に僕のものみてた。☆。ノアール×耽美×美少年×静かな狂気×殺戮×音楽。凄い素材を美味く物語に仕立て上げて、美と闇と狂気を違和感なく見せている。音楽はあまり切れ目がなく、BABY DRIVERを思い出していた。
    いいね

    良い
  • nishiko92046578
    『永遠に僕のもの』意外なことに?音楽が良かったです。歌詞にも切なさを感じました。次回は音楽に集中します。
    いいね

    良い
  • tatshead7
    【永遠に僕のもの】このエゴと暴力に満ちた作品に心奪われるは、こうした幼く衝動的で欲望のまま突き進む危険な思考に懐かしさを感じるから。若さは裏を返せば狂気。永遠に踊り続けられると思う無知は、自分の胸の奥をキュッと締め付けました。
    いいね

    良い
  • brindledcat
    『永遠に僕のもの』カルリートスとラモンの溢れちゃってるくらいのフェロモンに当てられた。カルリートスの欲しがりは困ったものだ。
    いいね

    良い
  • haripote40
    『永遠に僕のもの』評判が良かったので、やっと観に行けた。結局、何が永遠に僕のものなのか、私にはよく分からなかった。女の子のように可愛らしい少年がいとも簡単に盗みを働き、人を殺める。これが実話だと言うのだから、恐ろしい。 #映画
    いいね

    普通
  • Hanashi_Sagashi
    『永遠に僕のもの』堕天使、という形容がぴったりな主人公カルリートス/ロレンソ・フェロの魅力が、やはり一番の売りか。 対して話の方は…同級生一家が最初から犯罪に手を染めてた、という点が、面白みにあまり繋がってくれなかった…かな?
    いいね

    普通
  • Mock_Turtle99
    『永遠に僕のもの』まるで女性のようなベビーフェイスで、凶悪犯罪を繰り返したカルリートスが実在の人物であることも驚きだが、この主役のカルリートスを見事に演じた新星、ロレンソ・フェロが出色。現在20歳、これからどんな俳優になるのだろう。
    いいね

    良い
  • misoco00
    『永遠に僕のもの』これは古のBLの文脈で語られるべき作品。「君のことバカにしたやつ殺しておいた」って…もう、ねえ…。無邪気で無謀で何も考えてないのに、唯一ラモンに対してだけ執着と意思をみせるとこがよかった。
    いいね

    良い
  • lonegothdog
    『永遠に僕のもの』劇場で鑑賞。美少年による無軌道な凶行を描く、アルゼンチン発の青春犯罪映画。手を血に染まる毎に奈落へ堕ちる主人公の姿に、演じるL・フェロの儚くも瑞々しい美貌と飄々とした佇まいも相俟って猛烈に惹きつけられた。良作です
    いいね

    良い
  • ma_MJ
    『永遠に僕のもの』個人的には映画の内容としてはイマイチ。でも主人公二人が美少年とイケメンで将来伝説の映画になるかもしれない。そして何より音楽が素晴らしい。アルゼンチンロックってはじめて聴いたけど、めちゃくちゃ格好良いな。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『永遠に僕のもの』ストーリーはめちゃくちゃだけどこれは実話みたい。まあ悪の天才がやることはちょっとわからないよ。やたらと拳銃を撃つし。反射神経的に。
    いいね

    良い
  • aoyadokari
    『永遠に僕のもの』こっちはアルゼンチンの不良少年の映画。もう犯罪者の才能をみにつけていて、高校の友だちのギャング一家の仲間になるけどなにもかも破天荒すぎるからそこの父親が愛想をつかすみたいな。ハミ金オヤジは強烈な個性なんだけど。この映画も音楽がいいい。それとダンスだな。
    いいね

    良い
  • marco_22nd
    勝手に、連続殺人鬼の話だと思って見に行ったらまるで違ってた。タイトル通りの映画だった。『永遠に僕のもの』
    いいね

    普通
  • d_hinata
    『永遠に僕のもの』@ HTC有楽町♪カルリートスには怖いという感情がないのかな…と思った。だからこそ周りはその大胆な行動に惹かれるし、やがてそこが怖くなってくんだろうなと。容姿からはそんなことしてるように見えないギャップがまた良い。
    いいね

    良い
  • SARUCO1013
    『永遠に僕のもの』これは、系譜だ。堕天使の。『朝日のあたる家』が強烈に響く。赤い衣服を身に纏い、赤いドアの部屋に住む。どうしても開けたかった赤い金庫。でもカルリートスには欲しいものなんてないのよ。だって世界は〝僕のもの〟だから。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #永遠に僕のもの(2) ♡あえてフィクションだと思って観てみる。音楽も映像もお洒落で、危険な雰囲気物として楽しめる。あの事故は自殺でも良かったのかな? それとも数ある殺人のひとつ? どちらにしろ、邦題はココからつけられたのかな?
    いいね

    良い
  • Kubric2001
    『永遠に僕のもの』①モデルとなったカルロス・プッチも写真を見ると本当に美少年。髪型や服装等もかなり似せています。そしてロレンソも美しい。天使の顔のサイコパス。悪いという感情は無いのがサイコパスだから自由に楽しんだ結果の犯罪の数々。
    いいね

    良い
  • nogik_desu
    『永遠に僕のもの』何と言っても主演少年の美貌が見もの。実話ながら漫画っぽい甘味に。話はもっとアナーキーでもよかったかな。踊る姿と愛するが為の行動にはグッときたが、妖艶で謎めいた魅力は感じず。17歳の殺人鬼の美しさに期待し過ぎた。
    いいね

    普通
  • uwfcaptured
    『永遠に僕のもの』HTC有楽町。完全にサイコキラーなんだけど、切ない感じもあり嫌悪感は生まれにくい。相棒のラモンの性的嗜好は最初から?どこから変容したのか分からなかった。カルリートスのロレンソフェロはもう少し締まった体に出来なかったのか。バキバキの腹筋では天使性が出ないからか。
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『永遠に僕のもの』黒い天使ブロンドの殺人鬼 #映画 #eiga 大量強盗殺人の実話ベース作品。天使のような悪魔の笑顔ーーである。でもちょっと切ない。 https://www.cinemarev.net/entry/eiennibokuno.html @kukucoo
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...