TOP >作品データベース >永遠に僕のもの

永遠に僕のもの

みんなの感想/評価
「永遠に僕のもの」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
86%
  • 良い
    13
  • 普通
    2
  • 残念
    0
総ツイート数
91
ポジティブ指数100
公開日
2019/8/16
原題
EL ANGEL
配給
ギャガ
上映時間
115分
解説/あらすじ
1971年、ブエノスアイレス。幼いころから他人の持っている物を無性に欲しがったカルリートスは思春期に入って、窃盗が天職だと気づく。カルリートスは新しく入った学校でラモンという青年に出会い、一瞬にして魅了される。そしてラモンの気を惹こうとこれ見よがしな態度をとる。やがて2人はいとも簡単に殺人をするまでに発展し、連続殺人へとエスカレートしていく…。
©2018 CAPITAL INTELECTUAL S.A / UNDERGROUND PRODUCCIONES / EL DESEO
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • yukigame
    アメブロを更新しました。 『「永遠に僕のもの」欲しいモノは欲しいと言った方が勝ちだけどいつまでも人のモノを欲しがってもねぇ。でも、美しい男の子は許しちゃう。』 https://t.co/MzmtgDifHe?amp=1
    いいね

    良い
  • youpon0gou
    『永遠に僕のもの』カルリートスの周りには、境界がない。恋愛での男女の境界。善悪の境界。所有する事と奪う事の境界。天使と悪魔の境界。ほんとに天使のような容姿。映画館が女性でいっぱいだったのは、彼見たさよね。 #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    →凶悪犯…というよりも、「悪いこと?なにそれ美味しいの?」みたいな犯罪の数々。誰も教えてあげられなかったからこうなったのか、それとも神の悪戯サイコパスなのか。最後までそれは分からないけれども、なぜか孤独でいっぱいの気持ちは伝わる。ちょっと泣けてしまう。『永遠に僕のもの』 #映画
    いいね

    良い
  • kukucoo
    『永遠に僕のもの』1971年、アルゼンチンで17件の強盗、11人の殺人事件を起こしたカルロス・プッチをモデルに描いた実話ベースの犯罪映画。よく人間は顔じゃないYO…というけれど、天使のような容姿のせいでだいぶ許されてる感はあるよね。君の物は僕のもの僕のものも僕のもの… #映画
    いいね

    良い
  • GD_momoco
    『永遠に僕のもの』見た目は天使だけど、実は悪魔だったから地獄に落とそうとしたら、運良く中間の地上に落ちた子では?カルリートスの赤くてぽってりした唇、金色の巻き毛は天使なのに、想像を超える悪戯と呼ぶには甘い行動なのに目が離せない。
    いいね

    良い
  • frodopyon
    #永遠に僕のもの  ♠『善悪や所有の概念を自分はいつ身に着けたのだろう?』と、あらゆる概念から自由な美青年カルリートスを眺めつつ思う。他人の物は自分の物で、条件反射で他人の命を奪う悪魔のような天使。澄んだ大きな瞳、肉感的な唇。
    いいね

    良い
  • tb_polkadots
    『永遠に僕のもの』‪鑑賞。窃盗や殺人に全く罪悪感を持たない主人公の感覚が、どこから生まれたのか最後まで理解出来なかった。天使の様な顔を持つ美少年の吸引力に圧倒される。彼が愛する人に送る視線は切なかった。#eiga
    いいね

    良い
  • pipox2
    『永遠に僕のもの』1971年にブエノスアイレスに実在した強盗殺人鬼をモデルに、罪の意識がない天使の様な姿の天才窃盗少年。両親にも屈託ない笑顔を向けるのに、他人のものと自分の物の区別無しの衝撃!ロレンソ•フェロが巻き毛ブロンドブルーアイ、陶器の様な白肌でとにかく艶めかしい☆
    いいね

    普通
  • kmrks
    『永遠に僕のもの』(EL ANGEL)鑑賞。145 印象的に使われる赤がどの場面も絵画のような美しさに描く。ペドロ・アルモドバル制作ゆえの強いコントラスト。邦題は「(君は)永遠に僕のもの」なのだと確信。 #eiga
    いいね

    良い
  • ichiwheat
    【永遠に僕のもの】窃盗も殺人も行動の殆どが信じられないくらい衝動的で幼稚な精神構造…そんな少年カルリートスの人物像が、演じたロレンソ・フェロの愛らしいマスクと相まって強烈にアピール。言ってみれば彼を愛でる作品かと。ただ、ラモンに惹かれる理由が一寸描写不足なのが惜しい。 #映画
    いいね

    良い
  • sa9237a
    『永遠に僕のもの』普通の少年であり、そんなことするようには見えないんだけれど、何でもありの極悪少年やね。人を殺しても悪ぶれたところもなく、ただの日常が通り過ぎたかの如く進んでゆく。これが、外国とはいえ、実在の事件であることに衝撃
    いいね

    良い
  • tamagawajyousui
    『永遠に僕のもの』1971年のアルゼンチンで起きた凶悪事件の犯人の少年を題材に、名匠ペドロ・アルモドバルの製作による本作では、原題が表すように天使のような少年が思うがまま自由に犯罪を重ねていく様が耽美的なタッチで描かれる。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『永遠に僕のもの』@ シネ・リーブル梅田観。「神様の"スパイ"」と悪気は無く当たり前に「人の物は俺の物、俺の物は俺の物」と宣う美しいジャイアン。手に入れる為には盗むか「天城越え」!地上に堕りた天使は人事が裁く!その容貌で悪事も「あぁやっちゃった」感になる特異さが怖い。
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『永遠に僕のもの』無垢なまま地上に降りた堕天使の心模様は在るがままに欲すれど、決して報われない憂鬱で溢れる。血生臭さの欠片もない凶行、寧ろ美麗にして悪戯な佇まいが残酷。音楽の使い方やビビッドな色彩にアルモドバル味を感じるハイセンスさ
    いいね

    良い
  • A22_24
    『永遠に僕のもの』★★★★★ 清々しいほどのサイコパス。所々コメディチックでスタイリッシュ。全体的にセンスしか感じない。
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • animogli
    登場人物はインテルジェンス低めなんだけど出てくる台詞も印象的 エビータとペロンの例えのところとか震えた 逃げて家に戻ってきたあたりのBGMがSax四重奏であまりにも最高だった 繰り返し観て理解が深まるとかではないと思うけどもう一回観たい というかあれか、サントラ案件か
    いいね

    良い
  • animogli
    永遠に僕のもの 観てきた! エンディング最高 オープニングも大好き 原題のel angelの方が明らかにしっくりくる 主演のビジュアルよりも光の使い方と画面の色調と音楽がとにかく好きな系統で嬉しい驚きだった サックスとかパイプオル… https://t.co/5EcPiG3cWX
    いいね

    良い
  • asapu918
    『永遠に僕のもの』試写。サスペンスとしての緊張感より、主人公の美少年ぶり(昔のブレンダン・フレイザー系、ややポッチャリ男子)と彼の残酷性を強調した演出。ファッションや音楽がお洒落で70年代の雰囲気満載。同じようなシーンが続く展開で… https://t.co/pbroJekAwb
    いいね

    良い
  • zec_zec
    「永遠に僕のもの」観てきたよ~!○○が○○したら最高だよね!って話してた女子大生くらいのお嬢さんたちと同じ意見…!それにしても主人公役の子美しい…まだ幼さを残しつつも妖艶。入場特典は無くなってました😭それだけ人気なんだね…よく噛み砕きたい素敵な映画でした!
    いいね
  • pliez_la_maison
    『永遠に僕のもの』見ました。めっっっちゃ好きな映画だった!! なんというのがベストかな、とりあえず折家をフォローしてくださってる方は絶対見るべき映画です笑
    いいね
    もっと見る Loading...