みんなの感想/評価
「糸」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
61%
  • 良い
    23
  • 普通
    12
  • 残念
    0
総ツイート数
432
ポジティブ指数93
公開日
2020/8/21
配給
東宝
解説/あらすじ
北海道で育った高橋漣と園田葵は、13歳のときに出会い、初めての恋をする。しかしある日、養父からの虐待に耐えかねて葵が突然姿を消した。漣は必死の思いで葵を探し出し、駆け落ちを決行するも、幼い2人の逃避行は行く当てもなく、すぐに警察に保護されてしまう。その後、葵は母親に連れられて北海道から移ることになり、2人は遠く引き離されてしまう。 それから8年後、地元のチーズ工房で働いていた漣は、東京で葵と再会。しかし、北海道で生きていくことを決意した漣と、世界中を飛び回って自分を試したい葵。もうすでに2人はそれぞれ別の人生を歩み始めていた。そして10年後、運命はもう一度だけ、2人をめぐり逢わせようとしていた…。中島みゆきの名曲「糸」に着想を得た映画化作品。
©2020映画『糸』製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • frodopyon
    #糸 💗予想通り。大した内容じゃないのに、しっかり真剣に観てしまうのはキャストの力量かなぁ。まだ令和になってから2年しか経ってないのに驚きながら、平成の遠さも感じたり。漣の親友役誰だっけ?・・・って前日にも観てた成田凌かー。
    いいね

    良い
  • Mochina1984
    『糸』かの名曲、中島みゆき糸のカラオケロングバージョンを菅田小松のコンビで描くだけのこれ以上ない贅沢で無駄遣いな映画。この二人の前二作が突き抜け過ぎたせいもあるが、いかにも東宝が国内向けに手堅く作った作品感しかない。長いのもねぇ。
    いいね

    普通
  • rarirureromm
    『糸』 時間かかってしまったけど仕合せだったんなんだと思う作品でした。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『糸』『弥生、三月』『64ロクヨン』と混ぜて時系列を順に並べ直して観たらわけわからなくなると思う。『脆くて痛くて青い』のマジメ吉沢亮が観たら苦しむんだろうな。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『糸』何処かで見た切ない要素のてんこ盛りで白けそうな予感があるのに最後まで集中力を保ったまま大号泣した。ちょっと間違えば危うい『ファイト!』の歌い方が泣かせる。 エンドロールまで最高。ラストが駐輪場なら更に100点だったのに。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『糸』最近はわかり易い映画とインスタントに刺激を与えられる映画ばかりヒットするけど、この語らず伝える映画もヒットしてほしいです。子役がみんなかわいい。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『糸』2人の物語であり群像劇でもある。歌詞をまま使っているところもあるけど、禍福は糾えるを豪華キャストでまま立体的に編んだような3次元の上の映画。全てを肯定する人生賛歌。 あの馬鹿馬鹿しいイベントで感動させてくれてありがとう監督。
    いいね

    良い
  • Ishigakorogaru
    『糸』この主演のお2人は役者としてもタレントとしても大好きなのでもう結婚しろよ。次に共演した時には結婚してください。お願いします。許すから。
    いいね

    良い
  • reptilicus1
    『時雨の記』が昭和史なら、こちらは平成史に絡めた堂々たるメロドラマ。 ドングリは宮沢賢治から、空や水辺にかざされる手はゴダール(もしくはブレッソン)からの引用か。
    いいね

    良い
  • hrhtito
    『糸』キャストは豪華で演技面では申し分ないが、この手の大河ドラマ的作品によくある不安が的中。ありがちなエピソードを切った貼ったで繋げただけで、個々のエピソードの掘り下げが浅く、ポンポンと話が進んでいくので、感情が盛り上がる暇がない。
    いいね

    普通
  • trustpine
    糸、観ました。平成元年に生まれた13歳の二人が平成という時代の変遷とともに、それぞれの人生を歩んで、奇跡の糸を手繰り寄せていく姿を描いたラブストーリー。主演の二人に、榮倉奈々、成田凌、倍賞美津子がいいですね。子役の稲垣来泉も最高でした。残念なのは役者の力量だけの作品ということ。
    いいね

    普通
  • _tsu_baki
    『糸』話はこれといって特筆すべきものもないんだけど、北海道の景色がとても綺麗だし、メインキャスト達の演技がとてもよかったので、やっぱり泣いてしまった。おばあちゃんのところでご飯を食べるシーンで心が温まった。
    いいね

    良い
  • akafundosi
    『糸』@ 大阪ステーションシティシネマ観。"糸"で例えれば細いか細い糸を重ね合わせたが縮れほつれ絡まって仕方なしに他の糸と結び合わせて延ばそうとしたがそれらの糸は直ぐ切れてしまい…な感じかな?小松菜奈の喰う画の「まづい…w」の台詞と榮倉奈々の"Wナナ"に救われたよく観る在る作品。
    いいね

    普通
  • eiji12121
    『糸』 目がウルウルしました。 スゴく素敵でした。
    いいね

    普通
  • tachiaoi_08
    『糸』先行上映で観ました。 糸の世界観と平成史…うまく織り成してました!?←
    いいね

    良い
  • maccha6madame
    『糸』平成を振り返りながら その時代 もがきながら 初恋を胸に 生きている そんな二人の生き様
    いいね

    普通
  • ultra_k_zero
    『糸』予定調和をぶっ壊す榮倉奈々すごいと思ったのは私だけ? 安定感しかない脚本で結構辛かったけど、榮倉奈々の熱演に助けられた。懸命に愛情を伝える姿、凄い。菅田くんしかり、小松菜奈の入学式スーツ姿しかり演技力に助けられた映画です
    いいね

    普通
  • 4410_Kupa
    『糸』(20/日) 小松菜奈が飯食って泣く映画。 ミサンガって単語を20年ぶりぐらいに聞いた気がする。 美瑛〜函館間が異様に近いのが気になった。 観終わったらカツ丼が食べたくなった。
    いいね

    普通
  • 624ken
    新宿ピカデリーで『糸』を鑑賞。13歳で出会った二人のその後の物語。女性の方は、激動の人生ですね。運命の不思議な糸ってありそうですよね。平成という時代の変遷とともに感慨深く見入ってしまいました。おもしろかったですよ。
    いいね

    良い
  • rnakaji
    『糸』4月公開予定がコロナ影響で延期に。やっと公開。主役2人の運命が糸が繋がったり、ほつれたり、絡まったりする様に描いた作品。ラストはちょっと唐突感あったけど、糸が繋がって良かったんじゃ無いでしょうか!たぶんもう手は離さないでしょう
    いいね

    良い
    もっと見る Loading...
    関連動画
    この映画のレビューワード
    more info
    coco 映画レビュアー
    eri1_10bit
    1719movies / tweets

    試写会&プレゼント

    follow us