TOP >作品データベース >八日目の蝉

八日目の蝉

みんなのつぶやき
coco映画レビュアー満足度
90%
  • 良い
    167
  • 普通
    4
  • 残念
    12
総ツイート数
28,815
ポジティブ指数94
公開日
2011/4/29
配給
松竹
上映時間
147分
解説/あらすじ
 
(C)2011映画「八日目の蝉」製作委員会
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • kiku_21
    『八日目の蝉』そこそこ感動はしたけどあんまり好みの話じゃなかった。
    いいね
  • caya0922
    『八日目の蝉』母性愛とかスバラシイと思うんだけど不倫とかなんで避妊しないのかとかもやもやがずっと振りきれない。問題提起よりも映画の味付け的に感じる。
    いいね
  • edisorez
    『八日目の蝉』での永作の演技はまさに神。スゴいのひと言。実の親より育ての親… 考えさせられる作品だったなぁ…(。-_-。) #eiga
    いいね
  • campanello9720
    『八日目の蝉』小説を読んでからの鑑賞。映像化するとやはりカットされてこうなってしまうんだぁというカンジ。
    いいね
  • rumia1126
    『八日目の蝉』ん~どうなんだろう、いい作品なのはたしか。そして、教祖様にわらちゃったな
    いいね
  • mu_4o
    『八日目の蝉』ドラマ版のが切実感があって好きだったなぁ
    いいね
  • mokomokobakudan
    『八日目の蝉』見た。タイトルが意味深なんで、どんなんなんやろって思ってたけど、なるほどこういう話だったのね。うーん、素直に共感しといたほうが無難なんだけど、いろいろ考えちゃうのはなんでだろう?とりあえず永作博美は安定してんなあ。
    いいね
  • edmoonco
    『八日目の蝉』久しぶりの邦画。テーマが重いのに役者の演技で余計に重い。出だしから作られ過ぎた演出に共感できず、劇団と小池の違和感がMAXに達した頃に、小豆島での親子の姿に心動かされました。女は強し!元凶の男どもめ!怒
    いいね
  • amnesiac1981
    『八日目の蝉』DVD鑑賞。女優陣をしっかり選んだこその完成度の高さ。だがしかし、活字レベルで半端ない迫力を放った原作の初期衝動を越えることはならず。
    いいね
  • moopee
    憂鬱映画祭『八日目の蝉』鑑賞。幸せはほんとうに夢に似て儚い。日野OL事件を思い出した。
    いいね
  • iwashi2525
    『八日目の蝉』原作角田光代さんだったのか、と今更知る。小池栄子の演技好きかもしれない。あの頼りない感じ、存在感半端ないです。人はやっぱり愛された記憶はいつまでも残るんだろうな。そして愛は受け継がれて。最後会わないところが私はすき。
    いいね
  • q6g6p
    『八日目の蝉』…ドラマ版の方が好きかなぁ。
    いいね
  • gadenninsui
    『八日目の蝉』★★☆☆☆ 全然泣けなかったのは私が育児経験のない男だから?犯人に感情移入出来るかどうかがキモだと思うけど、冷静に考えて無理。永作の表情が素晴らしいのは知ってたし。小池栄子の怪し過ぎる演技もなんだかなあみたいな。
    いいね
  • usamaro
    『八日目の蝉』真央ちゃんも永作さんも好演。不倫相手の夫婦の仕打ちは酷だけど、希和子に共感は出来ないなぁ。なので何とも複雑な気持ちでした。
    いいね
  • escher_
    『八日目の蝉』を観た。死んだ魚の目の井上真央、いい!泣き過ぎだけど永作博美、いい!だが、ラスト周辺が厳しい。なんか変というか、独特の撮影・編集だったな。あと、手持ちカメラがな…。うーん、期待していただけに残念。
    いいね
  • YusukeShimiz
    女性だけの大家族、血のつながらない母親、“ふつう”の外側で育った人間の結婚観や恋愛観などが描かれていく中にまともな男性がいない気がする。少し男性不信というか潔癖症ぎみな印象を感じてしまった。 [八日目の蝉]
    いいね
  • wada_taka
    『八日目の蝉』画面に映る全員の演技が素晴らしい。特に永作博美、圧巻。「酔いが冷めたら〜」を見られなかったのが悔しい。が、演者のド迫力の熱演に圧倒されるも、結局何の話しだったかボンヤリしてしまう脚本は残念。なので真ん中くらいの評価。
    いいね
  • nitarinitari
    『八日目の蝉』誰かを愛する時、そこには“母性”が必ず存在するのだと思った。血を分けてない親子でも、特殊な環境下での友情でも、不倫相手のダメな所をわかりつつ許してしまうのも、大きな意味での母性なのかも。女は逞しすぎて男は狡すぎる。そんな映画。
    いいね
  • Skeltia_vergber
    『八日目の蝉』38)おそらく誰もどうでもいいことを突っ込んでおくけれど、薫が小豆島でテレビアニメで観ていたのは『みなしごハッチ』でいいですか?『母を訪ねて三千里』という暗喩もあるな。
    いいね
  • Skeltia_vergber
    『八日目の蝉』31)恵理菜=薫が、友だちとの関係を構築できなかったことを語る件に、誕生日パーティーに「これまでの成長ビデオ」を見せられたというのも、同じ構図。そして薫が恵理菜と見なされる過程のなかでのプロセスでもある。
    いいね
    もっと見る Loading...