TOP >作品データベース >ダーティ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線

ダーティ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線

みんなの感想/評価
「ダーティ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線」のポスター/チラシ/フライヤー
観たに追加
観たいに追加
coco映画レビュアー満足度
50%
  • 良い
    1
  • 普通
    1
  • 残念
    0
総ツイート数
4
ポジティブ指数100
公開日
2019/7/14
原題
L'amour est une fête
配給
アット エンタテインメント
上映時間
119分
解説/あらすじ
ポルノ業界の脱税を一掃するため、潜入捜査を命じられた刑事ふたり。ある日ふたりが経営するポルノクラブが何者かの襲撃を受ける。そんな時、手を差し伸べたのがモーリスだった。セックスとドラッグにまみれたイカれた世界ではあるが、モーリスとともに映画製作に乗り出すふたり。監督や撮影クルーたちと毎日お祭り騒ぎのような日々を送り、どっぷりとポルノ業界の魅力にハマっていくが、そんなふたりに、衝撃の命令が下される!!
© 2018 SUNRISE FILMS - CURIOSA FILMS - MARS FILMS – UMEDIA
この映画について投稿する
鑑賞ステータス
鑑賞済み
未鑑賞
シェア
coco映画レビュアーの感想 Twitter上の反応
  • d_hinata
    『ダーティ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線』カリコレ@シネマカリテ♪これもポスタービジュアルとはイメージ違って落ち着いてたから拍子抜け…。終わりかたがズルいw
    いいね

    普通
  • Pooh_kuru_san
    『ダーティ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線』ポルノ業界へ潜入捜査するバディもの。ヒリヒリとしたスパイ感は皆無で、80年代と業界の雰囲気全開で享楽に耽る男女の意外に誠実な絵空事。物事を構築していくってやはり破壊より楽しい。G.カネいいね
    いいね

    良い
  • この映画に関するTwitter上の反応

  • nisihabato
    『ダーティ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線』、モーリスの父親を埋葬した後の展開が「そう来たかー」って感じで、なかなかに情緒的でした。そこはかとなく哀愁漂う主人公の二人も良いのですが、ポルノ映画に携わる人々の創作に対する姿勢が好意的に描写されているところが、個人的にとても好きです。
    いいね
  • simanoAshuei
    『ダーティ・ガイズ パリ風俗街潜入捜査線』 出てる女の子が可愛いし景気良くおっぱいも出るので見て損ってことはないけど、潜入捜査モノの勘所を外しすぎててかなり微妙... 時系列をシャッフルする脚本もこの映画に関して無駄にしか感じなか… https://t.co/bSYgMKBgz0
    いいね